1     100句

凩の吹きゆくうしろすがたかな    嵐雪

木枯 こがらし  

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
凩や時計の国の鼓笛隊 山田禮子 きらら 199810  
明日の庭楽しみ夜半の凩に 稲畑汀子 ホトトギス 199811  
水面にも凩の道ありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 199812  
凩や暗渠のしぼる水奏で 神蔵器 風土 199902  
凩や棺の中のまくれなゐ 川井政子 風土 199903  
凩や木は風の子と申します 渡辺純 京鹿子 199903  
凩は船の一族神戸港 塩見恵介 船団 199903  
凩を海へ掃き出す子らの声 新開一哉 円虹 199904  
遠き凩目薬に目を濡らしをり 岡本眸 199904  
木偶の眼のなか凩の吹きゐたる ほんだゆき 馬醉木 199905  
凩の一歩に放り出されたる 稲畑汀子 ホトトギス 199911  
被災地に凩抜けてゆきにけり 稲畑汀子 ホトトギス 199911  
六甲の風凩に加はりぬ 稲畑汀子 ホトトギス 199911  
凩や口にふふみて甘きもの 稲畑汀子 ホトトギス 199911  
凩に星現はるる夜明かな 稲畑汀子 ホトトギス 199911  
凩は赤くて四角わたしのラジオ 小枝恵美子 ポケット 199911  
凩と水音と合ふところかな 稲畑汀子 ホトトギス 199912  
車降り凩十歩宿に入る 稲畑汀子 ホトトギス 199912  
凩が回転ドアー回しけり 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
凩やショパンエチュード聞こえ初む 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
明くるまで凩止まぬ兄の通夜 朝妻力 俳句通信 200001  
凩に刻なく小屋の鶏鳴けり 乾フヂ子 俳句通信 200001  
フラミンゴの一本脚の間の凩 浜口高子 火星 200002  
抱擁の遠き記憶へ凩す 柳生千枝子 火星 200002  
凩の別るるところ線路光る 山西みち子 火星 200002  
凩が白き背骨となつてゐる 栗栖恵通子 200003  
凩一号めがねのお僧高笑ひ 塩貝朱千 京鹿子 200003  
疲れし身知りて凩吹きつくや 大橋晄 雨月 200003  
凩の夜はなつかしき子守唄 今井千鶴子 ホトトギス 200004  
凩にさからふ木の葉二三枚 川崎不坐 火星 200004  
雑巾を絞りきる手に凩す 島津亮 海程 200006  
刺す様な凩口を尖らしぬ 道悠喜 海程 200006  
凩や予報先立て来りけり 稲畑汀子 ホトトギス 200011  
凩や森の深さを証しつつ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200011  
凩に東京タワー撓みたる 稲畑廣太郎 ホトトギス 200011  
凩の残せし雲の浮ぶ玻璃 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
ひと吹きの凩に星輝けり 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
凩や小路の多き城下町 館容子 200101  
回転遊具も児も凩にくるくると 林翔 200101  
篤志家の實の名に吹く凩よ 中原道夫 銀化 200101  
凩や座高計にも背を丸め 松本康司 銀化 200101  
凩や同窓会に出席し 篠田三七子 いろり 200101  
凩や一途に坂を登りゆく 生田作 風土 200102  
凩のけふは贅沢フルコース 大場佳子 銀化 200102  
なりはひに海山大事凩吹く 加藤哲也 銀化 200102  
海へ出づ凩濤の音となる 藤村美津子 春耕 200102  
凩やむかさり絵馬の堂暗し 小野誠一 春耕 200102  
凩が波の起伏を駈けぬける 栢森敏子 あを 200102  
凩の山吹き倒し吹き起し 井上蘇柳 ホトトギス 200103  
凩に翔ぶものも鳴くものも無し 井上蘇柳 ホトトギス 200103  
凩の闇に石人石馬駆く 井上蘇柳 ホトトギス 200103  
凩や翼あるもの光り飛ぶ 伊藤玉枝 ホトトギス 200103  
凩の中毅然たる弓構 西村早史 ホトトギス 200103  
凩の合ひ間に放つ矢音あり 西村早史 ホトトギス 200103  
凩に挑みて的を射し二の矢 西村早史 ホトトギス 200103  
凩のまつただなかにゐて宇宙 佐藤恭子 ホトトギス 200103  
凩の夜をぬくぬくとまかなへり 佐藤恭子 ホトトギス 200103  
一号と呼ばれ凩吹いてをり 斉藤美奈子 ホトトギス 200103  
吾を軸に今凩の回転す 斉藤美奈子 ホトトギス 200103  
凩の焦点に目を置きかねて 斉藤美奈子 ホトトギス 200103  
茶を啜る凩の茶屋田原坂 山下圭亮 ホトトギス 200103  
肥後ことばにも凩の田原坂 山下圭亮 ホトトギス 200103  
凩は地鳴となりて田原坂 山下圭亮 ホトトギス 200103  
凩の断片旅の夜をたたく 塙告冬 ホトトギス 200103  
凩が夜の時間を削りゐる 塙告冬 ホトトギス 200103  
凩の音の中ゆく老の杖 山内年日子 ホトトギス 200103  
凩のエッフェル塔の空渡る 山内年日子 ホトトギス 200103  
凩や窓の明りに人は住み 岡田順子 ホトトギス 200103  
凩の町を夜汽車の灯が抜ける 岡田順子 ホトトギス 200103  
凩を来たる無口でありにけり 岡田順子 ホトトギス 200103  
凩の夜の靴音を待つてをり 白根純子 ホトトギス 200103  
凩の闇を翻弄してをりぬ 白根純子 ホトトギス 200103  
凩に闇は広大無辺なる 白根純子 ホトトギス 200103  
凩や見ゆる限りの波頭 五島沖三郎 ホトトギス 200103  
凩の遮るものゝなき砂丘 五島沖三郎 ホトトギス 200103  
凩に阿蘇の噴煙ちぎれ飛ぶ 五島沖三郎 ホトトギス 200103  
凩に抗する如く胸を張る 能村登四郎 200103  
凩へ出てゆく息を吸ひにけり 杉浦典子 火星 200103  
凩一号救急病棟灯を落す 鈴木とおる 風土 200104  
凩にあらがひ来たる薄涙 能村登四郎 羽化 200110  
凩に葬花を載せし自転車ゆく 能村登四郎 羽化 200110  
眼くらめり凩が射す鼻の奥 能村登四郎 羽化 200110  
凩や踏切ぎはの一廃家 能村登四郎 羽化 200110  
凩にあらがひつつも去りし鳥 能村登四郎 羽化 200110  
別れてより凩攻めの真向より 能村登四郎 羽化 200110  
凩に抗するごとく胸を張る 能村登四郎 羽化 200110  
凩に君の瞳の濡れてをり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200111  
凩や赤提灯の誘惑に 稲畑廣太郎 ホトトギス 200111  
凩や丸ビルいよよ天を突き 稲畑廣太郎 ホトトギス 200111  
凩や帽を目深に診察へ 皆川盤水 春耕 200112  
耳鳴りてふ単純音楽凩も 林翔 200201  
凩や獅子座は星を吐き続け 岡田万壽美 雲の峰 200201  
凩に土葬の鬼のよみがへる 泉田秋硯 200202  
転びたる母にも凩は吹ける 今瀬剛一 200202  
凩や飛騨の豆腐の堅づくり 岡本久也 200202  
凩に今日も休める観覧車 二村蘭秋 雨月 200202  
凩の浄めゆく空何処までも 早崎泰江 あを 200202  
凩や膝の小僧はいよよ爺 中原道夫 銀化 200202  
東京の凩逃亡者のごとく 鎮田紅絲 200203  
凩に盆地の底をさらはるる 長岡新一 200203 凩 2→

 

2020年12月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。