こがらし     21句

こがらしの樫をとらへしひびきかな    大野林火

 木枯 こがらし

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
何処をどう歩いて海のこがらしか 林田紀音夫 海程 199810  
こがらしが生む金剛の星一顆 千代田葛彦 馬醉木 200002  
はつこがらしクルミケーキが焼けました 河原珠美 海程 200107  
こがらしや眠りの境覚えをり 能村研三 200112  
こがらしのホームに一つ子供靴 赤座典子 あを 200112  
こがらしが小さき湾につきささる 鎌倉喜久恵 あを 200201  
こがらしや上塗りまた上塗りの闇 豊田都峰 京鹿子 200303  
絵本より出てこがらしのいたづらさう 阿部正枝 絵具箱 200304  
こがらしの研く月輪ましろなり 佐藤国夫 馬醉木 200404  
こがらしや燗徳利の胴回り 風間史子 200502  
こがらしの二巡三巡丸坊主 泉田秋硯 200503  
こがらしの骨を拾ひしビルの街 岡本久一 200504  
こがらしや寢巻に紐を縫ひつける 佐藤喜孝 あを 200601  
八十の坂のこがらし癌連れて 泉田秋硯 200602  
木枯や下校の児らの頬赤き 横山迫子 六花 200706  
こがらしや孤りで歌ふ男唄 鈴鹿仁 京鹿子 200712  
クロサワの一膳飯屋こがらしす 竹内弘子 あを 201001  
こがらしや水の音する道の下 佐藤喜孝 あを 201101  
駐輪場こがらし一号席捲す 上家弘子 ろんど 201103  
こがらしに裏声のあり小節あり 宮内とし子 201203  
こがらしを零すネオンの裏通り 安藤久美子 やぶれ傘 201204  
こがらしの一番があり無辺光 林田紀子 京鹿子 201802  
こがらしに誘はれて入る赤提灯 前田美恵子 201802  
こがらしの笛吹き上手唄上手 梅村すみを 201803  
こがらしや見えなくならぬ後姿 池田澄子 201805  
こがらしに竹鳴るやうな音しきり 本多俊子 201903  

 

2019年12月11日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。