神の留守 5     57句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
神留守の神島いだく膨れ潮 三好千衣子 201612  
猫の爪切つても見たり神の留守 中川句寿夫 あを 201612  
通り抜け出来ぬ路地あり神の留守 中川句寿夫 あを 201612  
絵馬の鳴る音ばかりなり神の留守 前田美恵子 201701  
神留守の神棚に打つ釘一本 松本峰春 春燈 201701  
宰相の毒語が止まぬ神の留守 能村研三 201701  
高濤に夕日の濡るる神の留守 佐久間由子 201701  
飼猫の竈に眠る神の留守 岡田正義 雨月 201702  
それ以来時計の遅れ神の留守 定梶じょう あを 201701  
神の留守爪を切るため指ぬくめ 中川句寿夫 あを 201701  
前向ひて進む他なし神の留守 石橋みどり 201702  
操舵室に祀る神棚神の留守 落合絹代 風土 201702  
神留守の十指になじむ革鞄 高橋道子 201702  
地下鉄は闇に指呼する神の留守 原田達夫 201702  
粛然と昼を灯して神の留守 齋藤厚子 201702  
非常用短縮電話神の留守 山本無蓋 201702  
甚五郎の竜・虎にまみゆ神の留守 木多芙美子 春燈 201702  
ハロウィンの魔女繰り出だす神の留守 福田禎子 末黒野 201702  
逆転のトランプシヨツク神の留守 丹羽武正 京鹿子 201703  
毛筆の遺書と決めたり神の留守 石黒興平 末黒野 201703  
産土の火山灰降る田畑神の留守 斉藤マキ子 末黒野 201703  
深閑として禰宜の留守神の留守 西村しげ子 雨月 201703  
神の留守おれおれ詐欺に嵌りけり 呉秀文 春燈 201704  
借りて来し梯子とどかぬ神の留守 中川句寿夫 ここのもん 201705  
同じことけふもしてゐる神の留守 中川句寿夫 ここのもん 201705  
なささうなところも探し神の留守 中川句寿夫 ここのもん 201705  
神留守や梵字一文字石の杭 中川句寿夫 ここのもん 201705  
約束は半端な時間神の留守 中川句寿夫 ここのもん 201705  
妻なしの洗濯日和神の留守 中川句寿夫 ここのもん 201705  
かな文字のなまめかしくて神の留守 鶴濱節子 船団 201707  
死神の噺の高座神の留守 黒川俊郎 201707  
御神木鴉をさめて神の留守 稲畑廣太郎 ホトトギス 201711  
神の留守夢の最中も忙しき 能村研三 201712  
飛石の締まつて来たり神の留守 甲州千草 201712  
神の留守鵜匠が解く布烏帽子 能村研三 201801  
切り取り線切れば葉書や神の留守 下村たつゑ 201801  
神留守の下賜の神馬の気配はも 密門令子 雨月 201801  
ふくろふの首のぐるりと神の留守 コ田千鶴子 馬醉木 201801  
新しき物も捨つる世神の留守 貞吉直子 馬醉木 201801  
境内の木々ながめゐる神の留守 渡邉孝彦 やぶれ傘 201711  
鈴の緒を風もてあそぶ神の留守 藤岡紫水 京鹿子 201801  
おもむろに鈴の緒をひく神の留守 菊池洋子 やぶれ傘 201712  
境内は通学路なり神の留守 笹倉さえみ 雨月 201802  
枡目出る夫の代筆神の留守 落合絹代 雨月 201802  
大声の発声練習神の留守 鈴木石花 風土 201802  
竜宮を守る原潜神の留守 高橋将夫 201802  
今生のここが居場所よ神の留守 江島照美 201802  
時間外窓口一人神の留守 つじあきこ 201803  
伏せられしままの一舟神の留守 田代民子 201804  
神の留守喉まで見せて池の鯉 田代貞香 201804  
山間にソーラーパネル神の留守 大西乃子 201804  
願望にアイロンかける神の留守 林せり 船団 201806  
箒の目しかと立てをり神の留守 矢野百合子 201806  
縁ひとつ結びて暮るる神の留守 平野無石 201811  
蒼天に刺さる十字架神の留守 稲畑廣太郎 ホトトギス 201811  
又若き訃報のありて神の留守 稲畑廣太郎 ホトトギス 201811  
神の留守預かる狛犬の阿吽 稲畑廣太郎 ホトトギス 201811 神の留守 →1

 

2018年11月30日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。