返り花 3     100句

薄日とは美しきもの帰り花   後藤夜半   底紅

帰り花  二度咲

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
帰り花泣かれて嬰をもどしけり あさなが捷 200902  
ひとり夜の煎茶に開く返り花 浜口高子 火星 200902  
薄き日の空の余白を返り花 大東由美子 火星 200902  
中空の余白うつくし返り花 大東由美子 火星 200902  
帰り花身籠りし子といちご植う 高尾豊子 火星 200902  
いまさらに敦はとほし帰り花 安立公彦 春燈 200902  
話相手欲しくて仰ぐ返り花 北岸邸子 春燈 200902  
薄命の淡く鮮やか帰り花 松本鷹根 京鹿子 200902  
日まみれや視線上げよと返り花 山崎靖子 200902  
揺り椅子の揺れほどの幸帰り花 小林千草 馬醉木 200903  
葉を一つ添へて一輪返り花 布川直幸 200903  
帰り花一風堂てふらーめん店 佐藤良重 炎環 200903  
トラクターの音遠くあり帰り花 新井青葉 炎環 200903  
惜しまるる命こそ知れ返り花 大泉美千代 雨月 200903  
返り花明日は佳きことありさうな 田原陽子 200903  
植樹者の名札のゆるる帰り花 川合まさお ぐろっけ 200904  
帰り花青き地球に戦の火 山崎彩 炎環 200904  
返り花光源氏の館跡 梶井和呼 酸漿 200910  
閨秀にまみゆるおもひ返り花 鷹羽狩行 200911  
タンポポの足もとかざる返り花 池田光子 200912  
果てのなき鉄路見てゐる帰り花 鈴鹿仁 京鹿子 200912  
桜枝の埃の如く帰り花 ことり 六花 200912  
返り花百歳まではと願ひしに 水原春郎 馬醉木 201001  
行きずりの人と仰げる返り花 若江千萱 雨月 201001  
返り花もう一花の有りや無しや 山岸治子 馬醉木 201001  
山道をはづれすぎたる帰り花 豊田都峰 京鹿子 201001  
帰り花五十年経し家に住む 大西八洲雄 万象 201001  
これ何と度たび母や返り花 鈴木礼子 末黒野 201002  
鏑矢の的はけふの日返り花 山崎靖子 201002  
文上村もの言ひたげな返り花 相良牧人 201002  
返り花想ひの丈を吐ききれず 川上久美 ろんど 201002  
人知れず句碑に寄り添ふ返り花 泉田秋硯 201002  
病院に送迎バス着く返り花 中谷葉留 風土 201002  
青空の包みをこぼれ返り花 大山里 201002  
久々に未央柳の返り花 阿部悦子 酸奬 201002  
うかと咲きついばまれゐる返り花 鎌倉喜久恵 あを 201002  
戦とは殺すことなり返り花 須賀敏子 あを 201002  
ためらひを隠せぬ人や帰り花 中野さき江 春燈 201002  
独り居の刻ゆつたりと帰り花 北岸邸子 春燈 201002  
帰り花仏の花にほらと言ふ 川崎真樹子 春燈 201002  
舟の着く大川べりの帰り花 藤澤陽子 201002  
晩学の子に一ひらの帰り花 上岡理恵 201002  
茜空ついーと暮れて帰り花 酒井湧甫 201002  
帰り花転生の世を思ひつつ 高橋照子 雨月 201002  
京へ向く落人塚や返り花 薮脇晴美 馬醉木 201003  
筋書きになきわが余生返り花 千坂美津恵 201003  
昔語りの花嫁水路返り花 山口順子 201003  
校庭の隅や桜の返り花 山口天木 雨月 201003  
日に紛れ空に紛るる返り花 小倉正穂 末黒野 201003  
返り花お手玉四つ舞ひ上がる 本木下清美 ぐろっけ 201003  
国宝の秘仏厳めし返り花 加藤長山 201003  
月光に返り花透きビイドロに 芝尚子 あを 201003  
後ろから赤んぼのこゑ返り花 竹内弘子 あを 201003  
やはらかき影を支へに帰り花 竹村清繁 末黒野 201003  
新入会員話せば親し帰り花 小野寺節子 風土 201003  
励ますが励まされたり帰り花 横内かよこ ぐろっけ 201003  
帰り花卑弥呼の鏡見付かりぬ 森山のりこ あを 201003  
建仁寺刈り込みし茶の返り花 山本耀子 火星 201004  
神輿庫の旧町名や返り花 森田節子 風土 201004  
返り花きらりと夕日とどめたり 佐久間由子 201010  
人の世の嘆きのごとく返り花 布川直幸 201011  
返り花私にだけ見える場所 佐々木なつ ろんど 201011  
好奇心とおしゃれ感覚返り花 伊藤憲子 201101  
京町家に志士の名とどめ返り花 伊東和子 201101  
返り花昔ここらに村役場 高橋盛男 春燈 201101  
むらさきの光を放ち返り花 冨松寛子 201101  
裕子逝き紅まんさくの帰り花 蓮尾みどり ぐろっけ 201101  
かへり花つうーんと乳張る記憶かな 篠田純子 あを 201101  
返り花一つ覚えのノーと云ふ 新実貞子 201102  
信じたき風の噂や帰り花 佐藤信子 春燈 201102  
石段の二人指組む返り花 鈴木石花 風土 201102  
野に跼む膝より低く返り花 小林和子 風土 201102  
きらりまばゆき母在りし日の返り花 池田光子 201102  
また一人友に逝かれて帰り花 塩千恵子 201102  
返り花米寿の恋のうふふふふ 安井和恵 201102  
禰宜に聞く社の裏の帰り花 片岡良子 雨月 201102  
返り花肩の力を抜けといふ 岡和絵 火星 201102  
返り花仰ぎて急ぐ道ならず 清海信子 末黒野 201102  
箱根園石段上れば返り花 中尾廣美 ぐろっけ 201102  
聞き返すこと多くなり帰り花 福島松子 ぐろっけ 201102  
帰り花旅はひとりと覚悟せり 遠藤実 あを 201102  
一計の頓挫となりし帰り花 吉弘恭子 あを 201102  
鉈彫の秘仏をろがむ返り花 木山白洋 馬醉木 201103  
門川を流るる出湯返り花 村上絢子 馬醉木 201103  
山いくつ越えし余生や返り花 宮野照子 馬醉木 201103  
楽焼の窯出しを待ち返り花 黒滝志麻子 末黒野 201103  
大寺の深き静寂や返り花 小倉正穂 末黒野 201103  
観音の仮の姿の返り花 高橋将夫 201103  
面影を重ねて咲けり返り花 池田光子 201103  
休みては行けりつつじの帰り花 吉村光子 万象 201103  
彼岸より此岸へとんで帰り花 梶浦玲良子 六花 201103  
行きずりの人と仰げり返り花 小林れい 酸漿 201103  
たまさかの夫との外出帰り花 井上春子 春燈 201104  
綿屑のやうな一片かへり花 宮井知英 201104  
散り際も人目に触れず帰り花 戸栗末廣 火星 201104  
信ずれど嘘は嘘なり返り花 コ田千鶴子 花の翼 201111  
それからの日の淡あはと返り花 コ田千鶴子 花の翼 201111  
返り花一途に生きて独りなる コ田千鶴子 花の翼 201111  
帰り花日溜り移りをりにけり 稲畑汀子 ホトトギス 201111  
かへり花引っ越す街の植込みに 篠田純子 あを 201112 帰り花→ 4

 

2019年11月14日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。