1             100句

人殺す我かも知らず飛ぶ蛍    前田普羅

  ほたる  ほうたる

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
蛍の火柱となる刹那あり 山田弘子 春節 199503  
螢の息ふくらめば草青し 山田弘子 春節 199503  
螢火を見舞ひたき人ありにけり 山田弘子 春節 199503  
螢の月に紛るることのあり 山田弘子 春節 199503  
火焔木の花の蕾に昼蛍 皆川盤水 春耕 199805  
蛍やつかず離れず水の音 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
掌に蛍の命近づけし 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
曾爾川の蛍と聞けば覗きたく 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
夜を待つ蛍の苞でありしかな 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
とらへたる一夜に蛍放ちけり 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
手に触れて蛍こぼれし光かな 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
宙に息づく蛍火があり ほざんな 小川双々子 地表 199806  
能ケ谷の闇をかへせり初蛍 神蔵器 風土 199808  
螢追ふ石磊磊とつづく道 井頭主水 黄鐘 199808  
喪の家の前を素通り螢狩 岩水節子 199809  
質きし鼻緒のゆるみ螢狩 岩水節子 199809  
白檀の数珠にふれたる螢かな 竹内悦子 199809  
ははの忌に次ぐちちの忌や蛍飛ぶ 橋添やよひ 風土 199809  
生家とは父ゐるところ蛍籠 土田栄 199809  
藪川の闇の濃かりし初蛍 水田清子 199809  
この渓に螢放してみたくなり 米須あや子 遠嶺 199810  
妹に泣かれ買ひ足す籠螢 飯塚ゑ子 火星 199810  
甲子男居の沢の蛍も悲しからむ 金子兜太 海程 199810 悼句
甲子男亡しといえば蛍の瞬きぬ 金子兜太 海程 199810  
いつの間に涙の眼昼蛍 金子兜太 海程 199810  
螢狩り知らぬ人影何故か怖し 金升富美子 199810  
本題に入りて螢を火点らす 竹村悦子 銀化 199810  
蛍籠看とりごころの霧吹いて 岡本眸 199810  
シャンプーの香とすれ違ひ螢狩 三浦美穂 199811  
蛍狩り歯ぶらし買いに行くように 宮崎斗士 海程 199811  
蛍見ているもう魂とは思わず 芹沢愛子 海程 199811  
嫁ぐ娘とことば少なに螢の夜 野口光枝 高籬 199812  
螢火立つ少年わけもなく怯え 桐木榮子 船団 199812  
透明になるまで螢交みゐし 鳥居真里子 船団 199812  
プレゼント差し出す手から蛍舞う 古家佳代子 ぐろっけ 199812  
吊橋を来る顔白く蛍の夜 萩原記代 199901  
蛍待つ目にまだ蒼き雨後の空 萩原記代 199901  
川波や墜ちゆく蛍火がふたつ 萩原記代 199901  
おおかみに蛍が一つ付いていた 金子兜太 海程 199902  
いつの間(ま)に涙のまなこ昼蛍 金子兜太 海程 199902  
螢狩うしろの闇へ寄りかかり 正木ゆう子 船団 199903  
少年のすでにさみしき蛍狩 深澤鱶 ヒッポ千番地 199905  
あとくされなく流されて螢かな 山仲英子 199906  
二つゐて火ともしくらべ螢籠 鷹羽狩行 199907  
先をゆく声の明るき蛍狩 橋本榮治 馬醉木 199907  
蛍火や夕星のまだ色あらず 橋本榮治 馬醉木 199907  
蛍火の群はなるるは褪せゆけり 橋本榮治 馬醉木 199907  
蛍火や言葉貧しきふたりなる 橋本榮治 馬醉木 199907  
妹に買ひし紬や蛍の友 橋本榮治 馬醉木 199907  
前向きの妻との月日蛍とぶ 渡辺よし生 風土 199907  
いや長き充電螢の死してをり 中原道夫 銀化 199907  
片思ひばかりをさせる草蛍 丸山佳子 京鹿子 199907  
草むらの蛍火一つ秘佛めく 丸山佳子 京鹿子 199907  
火のあつちゆきこつちゆき螢狩 鷹羽狩行 199908  
螢火を天なる星へ返しやる 鷹羽狩行 199908  
蛍見の夢の中にも川の音 田中佐知子 風土 199908  
螢狩闇のふかきに融けて待つ 藤村真理 199908  
耳元にこゑのにごれる螢沢 藤村真理 199908  
戸を出でて二三十歩の蛍見に 河野扶美 円虹 199908  
昨日見し蛇の草むらにも蛍 河野扶美 円虹 199908  
蛍火に夜毎包まれ檀那寺 河野扶美 円虹 199908  
俗の世に溢れ出できて飛ぶ蛍 河野扶美 円虹 199908  
結界を越え露地裏を飛ぶ蛍 河野扶美 円虹 199908  
蛍飛ぶまでは河鹿を聞かしむる 蔦三郎 円虹 199908  
一日の幕切れ飾り蛍舞ふ 蔦三郎 円虹 199908  
溪音に押しあげられて蛍舞ふ 蔦三郎 円虹 199908  
恋蛍舞へば川瀬が笛を吹く 蔦三郎 円虹 199908  
蛍の火あるとき星の火と並ぶ 蔦三郎 円虹 199908  
野火止の雨後の水嵩蛍の火 金子きくえ 春耕 199908  
手の蛍とぶ高とびのめでたけれ 大橋敦子 雨月 199908  
蛍追うて畦すたすたと女ゆく 大橋敦子 雨月 199908  
遠家郷慕ひて見えぬ目に螢 村越化石 199908  
身の上は螢の照らす箇所をのみ 中原道夫 銀化 199908  
竹ぼうきよくぞ取れたる螢かな 桑原敏枝 いろり 199908  
最上源流螢の夜を更けしめず 佐藤国夫 馬醉木 199909  
父祖の地の闇濃く螢さまよへり 佐藤国夫 馬醉木 199909  
螢火の一筆に闇にほひけり 佐藤国夫 馬醉木 199909  
刻ほろびゆく螢火の点るたび 佐藤国夫 馬醉木 199909  
見えぬ目の手触れてはかな螢籠 木村風師 馬醉木 199909  
草螢森の螢とひかりあふ 島田万紀子 馬醉木 199909  
螢狩ほたると人に順路かな 野澤あき 火星 199909  
螢にとぶ道筋のありにけり 加藤真起子 火星 199909  
蛍寵小児病棟消灯す 中沢三省 風土 199909  
蛍火の離れし手先闇戻る 池部久子 酸漿 199909  
せせらぎの音の触れゆく草蛍 三村武子 酸漿 199909  
母逝きて籠の螢のもう灯らず 福井久生 199909  
もぬけとなり術後を眠る蛍の夜 窪田佳津子 雨月 199909  
佐保やがて蛍呼ばんと川手入 奥村鷹尾 京鹿子 199909  
みほとりに螢見られぬ街住居 大平保子 いろり 199909  
もつれつつ闇に消えゆく恋蛍 水田清子 199909  
何もかも昔なつかし蛍の夜 水田清子 199909  
初蛍佇てばむかしの野ぞ見ゆる 金田きみ子 199909  
蛍狩まなじり濡れてもどりけり ほんだゆき 馬醉木 199910  
踏み込んで草の根固し初螢 鈴木まゆ 馬醉木 199910  
ひとりづつ闇に真向ふ螢狩 鈴木まゆ 馬醉木 199910  
田廻りの人にまた逢ふ蛍の夜 岩崎きゑ子 馬醉木 199910  
螢火や闇の濃くして米どころ 富士原友 199910  
蛍飛ぶ夜空の雨を溜めてをり 粟津松彩子 ホトトギス 199910  
螢火のひとつは土を照らしをり 小山森生 199910  
掌の蛍もうすぐ熱くなる 米澤光子 火星 199910 蛍2→

 

2020年6月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。