4   106句

蛇逃げて我を見し眼の草に残る  高浜虚子

 蛇出づ 蛇穴に入る 秋の蛇 穴惑い 青大将

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
蛇の野のしげり恐れてゐたりけり 石脇みはる 200708  
瀧繁吹き大蛇を噛みし犬の墓 次井義泰 200709 身を賭し主人を救った犬鳴山伝説
蛇泳ぐ池のくびれてゐるところ 杉浦典子 火星 200709  
低く飛ぶ鳶が畦の蛇捉ふ 亀田やす子 万象 200709  
中空の鳶がぱつと蛇落す 亀田やす子 万象 200709  
よろづ屋に蛇捕り棒と囮鮎 内海良太 万象 200709  
しろがねに光ゲさしわたる沼の蛇 石脇みはる 200709  
吾憎み切れざる蛇の口中くちピンク 禰寝瓶史 京鹿子 200709  
するすると蛇は繁みへ走り梅雨 林翔 200709  
細心にして大胆に蛇出づる 河口仁志 200709  
離宮の蛇に絵筆、写真機、句帖など 品川鈴子 ぐろっけ 200709  
蛇死してなほてらてらと日を吸へり ことり 六花 200709  
半夏生生涯通す蛇嫌ひ 水原春郎 馬醉木 200709  
里の子のかはるがはるに蛇掴む 赤松郁代 万象 200710  
蛇捕りの杖傘立に挿し込まる 木場田秀俊 200710  
聞くたびに蛇の長さの食ひ違ひ 福場朋子 200710  
轢死せる蛇の臭気に鼻摘む 宝玉トシ子 200710  
人柄をむきだしにして蛇叩く 穐好樹菟男 馬醉木 200710  
蛇を見し昨日の田面雨叩く 工藤ミネ子 風土 200711  
巡礼に蛇を追ふなと言はれけり 浅田光代 風土 200711  
往還の蛇をさらひし大鴉 樋口みのぶ 200711  
下校児の喧し枝に蛇垂れて 今井忍 ぐろっけ 200711  
竜にならんと遠雷へ蛇泳ぎゆく 大島翠木 200711  
道よぎる蛇には蛇の都合あり 内藤呈念 ホトトギス 200712  
月に酌み酔へば大蛇に因幡酒 禰寝瓶史 京鹿子 200712  
蛇見しと団扇を宙にをどらして 竹下陶子 ホトトギス 200802  
巌より蛇の大八ぬつと出で 滝沢伊代次 万象 200804  
又蛇を見に戻り来し女かな 稲畑汀子 ホトトギス 200805  
繩文の蛇に圍まれ梅雨の壺 佐藤喜孝 あを 200805  
蛇舌を出す人間は顎を出す 稲畑廣太郎 ホトトギス 200806  
蛇出でて山やはらかくなりしかな 田口紅子 200806  
蛇捕りの南京袋干されあり 伊藤白潮 200806  
蛇といふ予感の走る草動く 綿谷美那 雨月 200806  
蛇の腹白きところが気の弱さ 浅田光喜 絵巻物 200806  
墓よぎる白蛇のひかり神寂びて 石田厚子 馬醉木 200807  
西行庵へ難渋の道蛇過る 石垣幸子 雨月 200807  
走り寄る蛇草むらに逃げ込みぬ 山田六甲 六花 200807  
蛇は首捩ぢり水田の方位知る 品川鈴子 ぐろっけ 200807  
明日植うる田水のゆらぎ蛇渡る 斎藤道子 馬醉木 200808  
音消して蛇の水光青空に 神蔵器 風土 200808  
蛇泳ぐおのれの水尾を消しながら 戸栗末廣 火星 200808  
沼渡る蛇の一途さ生めかし 北尾章郎 200809  
日本橋の石柱の下蛇消ゆる 折橋綾子 200809  
孫どもに見られたくない蛇嫌ひ 佐藤山人 200809  
蛇にまた会ふ不思議なる日なりけり 竹下昌子 200809  
蛇の飢ゑ水面に触れて渉りけり 石寒太 炎環 200809  
菖蒲田のどこかに蛇のゐる気配 長谷川智弥子 炎環 200809  
蛇逃げてゆくぞシロツメクサの中 山田庫夫 炎環 200809  
猫か否蛇に呑まるるの声か 関根誠子 炎環 200809  
蛇避けたつもりの道に青大将 菊間奈賀子 200810  
富士の水みたせし池や蛇渡る 峯高子 万象 200810  
しなやかに向う岸へと蛇泳ぐ 近藤幸三郎 風土 200810  
真昼なり蛇を打つ子を遠巻きに 柴田佐知子 200811  
まじまじと蛇の恋見て口渇く 守屋井蛙 酸漿 200811  
玉音放送忘れつつあり蛇泳ぐ 藤田守啓 船団 200901  
白蛇の棲む大杉や注連飾 豊谷青峰 春燈 200903  
怖いもの見たさに蛇の所在問ふ 稲畑汀子 ホトトギス 200907  
蛇が木に素頓狂なメールマン 宮崎左智子 200908  
藤蔓をなぞつてゐたる蛇身かな 栗栖恵通子 200908  
朝日さす蛇の鱗の真さらかな 笠置早苗 火星 200908  
ほうたるや草に蛇の目鼠の目 長戸路子 春燈 200908  
蛇と目が合うて蠢く野性の血 塩路隆子 200909  
蛇やなかなか抜けぬ蔵の鍵 雨村敏子 200909  
くちなはとして蛇の道を踏み外す 柳川晋 200909  
引力に逆らうてをり山棟蛇 前田美恵子 200909  
三尺の蛇走りゆく川灯台 天野明 200909  
対岸へ頭もたげて蛇泳ぐ 渡辺安酔 200909  
先着の蛇に声かく草清水 南うみを 風土 200909  
睡蓮を縫つてお堀を蛇渡る 丹生をだまき 京鹿子 200909  
縞蛇と行け遊び半分で行け 小形さとる 200910  
顎を引き蛇の行方をみてをりぬ 庄司久美子 200910  
朝戸繰るや蛇のおどろき吾の驚き 江木紀子 雨月 200910  
一身にひかり引き連れ蛇泳ぐ 齋藤厚子 200910  
何故逃げぬ絶つは避けたき蝮蛇かな 猿橋二三雄 ぐろっけ 200910  
高ノ蛇のたれゐる真昼かな 瀬戸悠 風土 200911  
真つ直ぐに蛇おりきたる峠みち 柿沼盟子 風土 200911  
蛇に道ゆづりてよりの暑さかな 柿沼盟子 風土 200911  
ほこらげに赤い舌みせ盆の蛇 山崎靖子 200911  
姥百合の直立不動蛇過り 西山美枝子 酸漿 200911  
神々のまぐはひ振りと蟒蛇と 延広禎一 201004  
蛇失せて矢鱈に眠き山上湖 伊藤白潮 201006  
蛇過ぎし岩がしばらく眼の中に 中田みなみ 201007  
解体のどさりと蛇の落ちてきし 秋千晴 201007  
蛇見しと事件のやうに言ひつのる 横井明子 201008  
両の手で蛇の丈言ふ垣根ごし 荒井千瑳子 201008  
木の股に長蛇寝そべり庭師跳ぶ 武司琴子 ぐろっけ 201008  
蛇を見し子の饒舌となりにけり 岡田房子 酸奬 201008  
蛇料理草食系は近寄れず 阪本哲弘 201009  
何くはぬ顔で蛇打つをんなかな 松岡和子 201009  
山楝蛇轢き救急車疾走す 池元道雄 馬醉木 201009  
退屈な胴をくねらせ蛇動く 丸井巴水 京鹿子 201009  
洞窟がまの奥遺骨守れる蛇の影 臼杵游児 春燈 201009  
主よ石で打たるるべきは蛇か我か 荒井千佐代 201009  
とぐろ巻く神の使ひといふ白蛇 久世孝雄 やぶれ傘 201009  
富士樹海入口あたり蛇に会ふ 靜寿美子 ぐろっけ 201009  
消えてより蛇の大きさふくらみぬ 佐藤いね子 馬醉木 201010  
からみつつ蛇吸はれゆく盤座に 堀江惠子 201010  
蛇渡りたちまち花藻覆ひけり 浜口高子 火星 201010  
本当の怖さは蛇の消えてより 芝尚子 あを 201010  
池渡る蛇のくねりの重さ消し 竹下陶子 ホトトギス 201011  
石仏の裏より生まれ変はる蛇 丸井巴水 京鹿子 201012  
黒蛇は親亡き家の留守居役 堤節子 ぐろっけ 201012  
逃ぐることまだ知らぬ蛇金網に 西山美枝子 酸奬 201105  
静かさを口にまとひて蛇昼餉 布川直幸 201106  
石垣の日向熟睡の蛇蜥蜴 坂根宏子 201107  
石垣に蛇遊ばせて城の黙 稲畑廣太郎 ホトトギス 201107 蛇→ 5

 

2019年7月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。