春 隣 1      200句

春隣  春近し  春近*  春信

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
わが臓器CTで截る春隣 中沢三省 風土 199901  
墨に秘む色さそひだす春隣 柿沼盟子 風土 199904  
春隣子の大腿の肥えにけり 池水雅子 199904  
塵芥を三四郎池の春隣り 保坂加津夫 いろり 199904  
廻し焼く麸の香ただよふ春隣 阿部月山子 春耕 199904  
青汁にとろり蜂蜜春隣 長谷川千枝子 199904  
春隣伊豆の岬の測候所 山口たけし 俳句通信 199904  
行きつけの花屋をのぞく春隣 鈴木卓 風土 199905  
下校の子声弾みをり春隣 相蘇こいと 春耕 199905  
風鎮の房のくれなゐ春隣 中西和 199905  
航跡の十字路なせり春隣 密田真理子 199906  
春隣窓をさがして鳥になる わたなべじゅんこ 船団 199906  
恍惚と首剃られをり春隣 大倉郁子 ヒッポ千番地 199906  
おもちゃ屋の楽しき色に春隣り 甲田夏湖 船団 199908  
新しきジーンズを買ふ春隣 皆吉司 船団 199909  
繕ひの済みし干し網春隣 鈴木夢亭 塩屋崎 199910  
みずうみに指を浸して春隣 小枝恵美子 ポケット 199911  
姉となる仕草にも慣れ春隣 稲畑廣太郎 「廣太郎句集」 199912  
おばQの口よく伸びる春隣 津田このみ 月ひとしずく 199912  
今日出来ることは仕上げて春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
エメラルドグリーンの渚春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
模糊と海模糊と青空春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
森抜けて展け来し海春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
又同じ時間めぐりぬ春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
点呼する返事の声も春隣 稲畑廣太郎 ホトトギス 200001  
鉄路行く肥後はいよいよ春隣 稲畑廣太郎 ホトトギス 200001  
春隣十四階のレストラン 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
どの梢にも日のかけら春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
雨上りゆく明るさも春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
これよりの逢瀬は易し春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
計画に変更はなし春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
春隣誌齢祝ぐ目の耀きて 稲畑廣太郎 ホトトギス 200001  
五日ほど日本離るる春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
春隣吉野の旅の予定組み 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
ブルネイの王のお通り春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
み吉野の風禍を問ふも春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
小人めくガスの炎や春隣 鷹羽狩行 200002  
春隣お宮詣りの衣裳縫ふ 甲田雅子 200003  
丈六の如来の笑みや春隣 岩崎皓子 雲の峰 200003  
巫女の売る小鈴の響く春隣 辻のぶ子 雲の峰 200003  
喝采は宮の樹々より春隣 鈴鹿仁 京鹿子 200003  
電話よくかかる日であり春隣 福井鳳水 円虹 200004  
犬ふぐりちらほらと咲き春隣 野口年江 酸漿 200004  
沼縁に一樹の高し春隣 小澤克己 遠嶺 200004  
籠いっぱい日本語ください春隣 三宅やよい 玩具帳 200004  
大橋をくぐる巨船や春隣 小池とみを 俳句通信 200004  
祝福の花束抱けば春隣 山田弘子 円虹 200004  
春隣見覚えのなき鍵拾ふ 川井政子 風土 200004  
春隣雲の屏風を沖に立て 関根洋子 風土 200005  
行きあって呼びかけあって春隣 富田美和 200005  
毛氈の一枝の影や春隣 野口光江 遠嶺 200005  
伊勢湾に白き帆のあり春隣 大橋淳一 雨月 200005  
櫓の音の変つて来たり春隣 甲州千草 200005  
歩行器のピアス少年春隣 三上冨佐子 ぐろっけ 200006  
少女等の指切りげんまん春隣 山本怜子 ぐろっけ 200006  
春隣術後の母と髪染めに 山本怜子 ぐろっけ 200006  
ローストビーフの切口の紅春隣 伊藤トキノ 200006  
春隣スキップしながら母待つ児 西塚成代 六花 200006  
春隣犬が小石に鼻を付け 中林明美 船団 200007  
通販で選ぶファッション春隣 塩路隆子 精鋭選集 200008  
窓に旗空には猫が春隣 三宅やよい 船団 200008  
青墨のあはあはとのび春隣 長谷川鉄夫 200101  
開館へ秒読みとなる春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200101  
春隣り雲の屏風を沖に立て 関根洋子 風土 200101  
開館へ向けて一気に春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200101  
山裾も明るさを見せ春隣 栢森定男 あを 200102  
甲斐犬の毛並かがやく春隣 小泉晴露 酸漿 200102  
一つ一つこけしを拭くや春隣 皆川盤水 春耕 200102  
オペ前のイカのリング煮春隣 須山つとむ 船団 200103  
てまり麩を椀に三つあて春隣 八染藍子 200103  
謝辞述べる役終へし父春隣 赤座典子 あを 200103  
簀囲ひの鯰浮上す春隣 皆川盤水 春耕 200103  
一箇所の褪せし背もたれ春隣 いしだゆか 遠嶺 200104  
波音の錨をのぼる春隣 村上瑪論 銀化 200104  
牛頭にして湖の畔の春隣 小形さとる 200104  
春隣紐を抜かれて靴干され 甲州千草 200104  
春隣り地獄耳とはちがふ耳 柳未央 いろり 200104  
木立いま紫あはし春隣 宇佐美祐喜子 酸漿 200104  
いさぎよく梅の枝を切り春隣 伊藤一枝 酸漿 200104  
箒目の流れもゆるく春隣 松本米子 あを 200104  
もろ鳥の声のさざなみ春隣 岩村節子 200104  
美容師のはさみにまかせ春隣 岩田登世 雨月 200104  
クッキーの付きし珈琲春隣 井上比呂夫 200104  
横に這ふ煙の太し春隣 鳴海清美 遊び蔓 200105  
角巻のこけし伏目に春隣 和田和子 馬醉木 200105  
近江より小魚売や春隣 辻芳子 馬醉木 200105  
履き古し靴捨てかねて春隣 馬越幸子 ぐろっけ 200105  
春隣粗飲粗食をつらぬきぬ 小澤克己 遠嶺 200105  
手話の子等電車待ちをり春隣 小泉晴露 酸漿 200105  
色といふものことごとく春隣 粟津松彩子 ホトトギス 200105  
沖に出で黄の満月や春隣 斉木永久 馬酔木 200106  
宿坊の賑はひすこし春隣 小林たけし 200106  
春隣象もアトムも空にあり 朝日彩湖 船団 200107  
六甲の雪の便りも春隣 稲畑廣太郎 ホトトギス 200107  
九州は眠たき国ぞ春隣 塩見恵介 船団 200108  
ブラウスもローランサン色春隣 辻享子 シャガールの女 200108  
枯色も少し華やぎ春隣 稲畑廣太郎 ホトトギス 200201  
偲ぶ会済めば身ほとり春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200201  
擦れ違ふ巫女の黒髪春隣 平田紀美子 風土 200201  
富土山は生きてゐる山春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200201  
波音の届かぬ高さ春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200201  
グルメ本ダイエツト本春隣る 井尻妙子 京鹿子 200201  
集ふことすなはち心春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200202  
はぐれては逢うてははぐれ春隣 朝妻力 雲の峰 200202  
川の字に寝相直せり春隣 篠田純子 あを 200202  
又次の旅のはじまる春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200202  
鳥籠に小さき扉春隣 伊藤洋子 200203  
春隣きよしのずんどこ節が好き 山田六甲 六花 200203  
眠たいとけふは思はず春隣 山田六甲 六花 200203  
世に問はん一つの史実春隣 山田弘子 円虹 200203  
ほほづゑの羅漢もゐたり春隣 伊藤月江 雲の峰 200204  
ゆつたりと母の髪梳く春隣 篠田純子 あを 200204  
ハート絵で終るメールや春隣 鈴木照子 200204  
死花花と遊びしわらべ春隣 朱間繭生 銀化 200204 葬具のひとつ
鳳凰の嘴の鋭し春隣り 吉岡久江 火星 200204  
屋根しづる音の重さや春隣 土肥屯蕪里 雲の峰 200204  
水墨の一気に馬を春隣 関口幹雄 遠嶺 200204  
試着する衣の軽さよ春隣 小黒加支 酸漿 200204  
春隣煌めく結納飾りたて 松田欽吾 雨月 200204  
多彩なる旅のチラシや春隣 小菅高雪 春耕 200204  
胸熱く抱く花束や春隣 山田弘子 円虹 200204

ホトトギス2月号

巻頭を祝わる

木簡のへのへのもへじ春隣 山田六甲 六花 200204  
蔵元に酒の音聞く春隣 谷野由紀子 雲の峰 200204  
不断菜の青いよよ濃し春隣 岡山裕美 雲の峰 200204  
靴談義にはなさく午後や春隣 柿沼盟子 風土 200204  
芽を一つほぐすあぢさゐ春隣 永見博子 酸漿 200204  
遅々としてゐるかの景も春隣 福井鳳水 円虹 200204  
鳥籠に餌の散らばる春隣 宇利和代 雲の峰 200204  
ラインひきなほす校庭春隣 安西可絵 200205  
杣畑にもどる鍬音春隣 阿久津都子 春耕 200205  
あざらしもあしかもとども春隣 春川暖慕 銀化 200205  
石垣に干さるる回し春隣 山田禮子 遠嶺 200205  
千鳥足行きつもどりつ春隣 松下幸恵 六花 200205  
鉄塔の先々淡し春隣 松本鷹根 京鹿子 200205  
畳屋の藺草匂ふや春隣 岩永節子 春耕 200205  
山襞のうすくけむるや春隣 柳沢杏 酸漿 200205  
師へ贈る酒中花たのむ春隣 鈴木石花 風土 200205  
垣根より子の顔ふたつ春隣 荏原やえ子 200205  
樹々よりの風そよと過ぐ春隣 与川やよい 遠嶺 200205  
飴売の駒飴立てて春隣 清水明子 遠嶺 200205  
一日をミシンかけおり春隣 馬場美智子 六花 200205  
ボロロンとギター工房春隣 田下宮子 200205  
雨音に眠り落ちたり春隣 伊藤多恵子 火星 200205  
菓子筥の水色リボン春隣 古屋道子 200206  
浮雲や人の歩みも春隣 金田和子 200206  
春隣景気の先は見えずとも 浅利恵子 ホトトギス 200206  
春隣石に躓づくことさへも 鹿野佳子 200206  
波たたむ波に力や春隣 前田陶代子 200206  
湯屋開くをベンチに待てり春隣 初瀬啓子 200206  
春隣マンホールより人の声 三枝邦光 ぐろっけ 200206  
行啓の責重けれど春隣 三村純也 ホトトギス 200206  
妹の分まで生きて春隣 高橋笛美 ホトトギス 200207  
見つかりし仰臥漫録春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200301  
子規の縁虚子の縁や春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200301  
分銅ではかる薬や春隣 須佐薫子 帆船 200301  
寄せる波引く波音に春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200301  
風荒き日も諾ひて春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200301  
東京に富士見ゆる日よ春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200301  
牛飼へば村は富むべし春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200302  
計ごと密なるがよし春隣 稲畑汀子 ホトトギス 200302  
物書くは膝の上にて春隣 須佐薫子 帆船 200302  
野に遊ぶ夢をみました春隣 須賀敏子 あを 200303  
昨日より日射煌めく春隣 長崎桂子 あを 200303  
春隣孫に教はる英会話 小林絹子 帆船 200303  
電話の声の主を探す子春隣 江倉京子 あを 200303  
振売りに人の集へる春隣 伊藤月江 雲の峰 200304  
油絵に鋏さしいれ春隣 佐藤恭子 あを 200304  
小面の母となりゆく春隣 大橋敦子 雨月 200304  
春隣ゆつくり落ちる砂時計 天野れい子 雲の峰 200304  
髪切つてピアスを選ぶ春隣 宮坂恒子 雪底 200304  
襟元になじむ真珠も春隣 窪田佳津子 雨月 200304  
古池に飛び込むレッスン春隣 西村藻頭児 銀化 200304  
誕生日の歌聞え来て春隣 山田由利枝 雨月 200304  
春隣たのみおきたる本届く 岡山裕美 雲の峰 200304  
二人してパズル解きをり春隣 小峯雅子 酸漿 200304  
加湿器の蒸気途切るる春隣 篠崎荘市 酸漿 200304  
声張れる巻毛カナリア春隣 岡淑子 雨月 200304  
春隣屋上にあるペット店 中村葉子 帆船 200304  
屈伸の一二三四春隣 武田美雪 六花 200304  
回覧車逆回りして春隣 武田美雪 六花 200304  
絶景を眺め点滴春隣り 河内童楽 六花 200305  
亡き夫の友よりメール春隣 川島和 帆船 200305  
のびやかな一茶の句碑や春隣 曷川克 遠嶺 200305  
古時計の金の天秤春隣 土岐明子 遠嶺 200305  
仰ぎ見る白衣観音春隣 石田邦子 遠嶺 200305  
あやとりの子供となりぬ春隣 天野きく江 200305  
編みかけの籠の目粗し春隣 藤森万里子 百鳥 200305  
寺町に暮らしの音す春隣 永井由利子 百鳥 200305  
春隣一歩退くこともよし 山田弘子 草の蝉 200305  
春隣国栖の翁の眉動く 中島陽華 200305  
見えてゐる島へ曳く水尾春隣 海輪久子 円虹 200305  
おもちや箱突と鳴りだす春隣 曷川克 遠嶺 200305  
天空を風の造反春隣 白髭美佐子 200305  
背負ふ子のすこやかな息春隣 川瀬信子 築港 200305  
不器用にかがる針金春隣 中村碧泉 ぐろっけ 200305  
弁慶の絵皿をみがく春隣 黒住昌子 200306  
思惟仏のほほ笑みに逢ふ春隣 中島知恵子 雨月 200306  
移し植ゑられたる土も春隣 山田弘子 ホトトギス 200306  
人工弁に預けしいのち春隣 芦澤一醒 百鳥 200306  
お手玉の小豆の音も春隣 矢島久栄 200306 春隣→2

 

2020年2月11日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。