春の雷 1     200句

春の雷ガラスばかりに囲まれて   和田耕三郎

春雷  春の雷  虫出し  初雷

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
勝敗を分かつ一蹴春の雷 山田禮子 きらら 199000  
磐座に転げ込んだる春の雷 山田弘子 春節 199503  
水軍の洞を打てり春の雷 水原春郎 馬醉木 199806  
爪弾きの一音狂ふ春の雷 矢島艶子 かびれ 199807  
ヴェネチアングラスの真紅春の雷 川井政子 風土 199901  
草原を少し揺らして春の雷 稲畑廣太郎 ホトトギス 199903  
三笙の指立てにける春の雷 栗栖恵通子 199905 新作能「空海」
良寛の里に曰癖の春の雷 深津鱶 火星 199906  
カプセルの薬のみこむ春の雷 中谷葉留 風土 199907  
春の雷画面のバンビ疾走す 橋場千舟 船団 199909  
夢多き神の独語か春の雷 林翔 200004  
はらからと語る一夜や春の雷 平しげる 酸漿 200004  
みづからを諭すごとくに春の雷 鷹羽狩行 200005  
ミサイルの尖る垂直春の雷 塩見恵介 虹の種 200005  
命名やお七夜駆くる春の雷 安田晃子 馬醉木 200006  
パイプ椅子を並べておれば春の雷 小倉喜郎 船団 200006  
祖父よりの思ひはるかに春の雷 能村研三 200006  
プラトンと愛を語りき春の雷 小西昭夫 船団 200010  
茶碗洗う耳にいきなり春の雷 中原幸子 遠くの山 200010  
トンネルを抜けてトンネル春の雷 七種年男 200101  
春の雷胎児はまるでパンダの児 森理和 あを 200104  
春の雷受話器に片手かけし時 藤原紅 いろり 200104  
春の雷ひいふうみいで出奔す 葉月ひさ子 船団 200106  
眠られぬ異国の夜の春の雷 夏目満子 酸漿 200107  
玄白の使ひし鍼に春の雷 牧悦子 200107  
切株の記憶を覚ます春の雷 松田曼莉 京鹿子 200109  
春の雷敵七人と肩並ベ 児玉硝子 船団 200111  
山襞の深きが見えし春の雷 能村研三 200204  
春の雷さりげなく子が母に寄る 大串章 百鳥 200204  
割箸のいびつに割れて春の雷 堺紀美子 雲の峰 200204  
猫は背で勝負するなり春の雷 中村房枝 六花 200204  
春の雷壱岐の鬼凧買ひをれば 石鍋みさ代 春耕 200204  
幻想のおどろ楽章春の雷 高沢昌江 ぐろっけ 200205  
春の雷大仏殿を震はする 金森教子 雨月 200205  
鳴り物に紛れてゐたる春の雷 土井田晩聖 銀化 200205  
ゆつくりと猫欠伸せる春の雷 池崎るり子 六花 200205  
ポリープを狙ふファイバー春の雷 藏本博美 ぐろっけ 200205  
春の雷詩吟教室直撃す 醍醐季世子 200205  
怖いものまだある六十路春の雷 吉田政江 200206  
アトリエの大きな脚立春の雷 望月周 百鳥 200206  
旅の朝プリンぷりりん春の雷 角田信子 六花 200206  
鍬胼胝を忘れたる手や春の雷 湯田坂一花 200206  
栗色の小さき如意棒春の雷 近藤きくえ 200206  
肩骨折気懈く臥せば春の雷 門屋大樹 春耕 200206  
天界の穴出て駆ける春の雷 三嶋隆英 馬醉木 200206  
春の雷瞑想の龜石にあり 永岡セツ 酸漿 200207  
涙出ぬかなしみもあり春の雷 かたべすみこ 200207  
大画室洞然とくらし春の雷 岡田貞峰 馬醉木 200207  
気に入らぬ時のだんまり春の雷 石岡祐子 200208  
ひとつてふもののはじめの春の雷 平子公一 馬醉木 200304  
我が一書柩に納め春の雷 小菅暢子 200305  
処々落ち込んでゐる春の雷 加藤哲也 銀化 200305  
大空を転がつてくる春の雷 塩川雄三 築港 200305  
春の雷銀座に黒きけもの道 篠田純子 あを 200306  
海底の光フアイバー春の雷 斎藤和江 帆船 200306  
磨墨の天翔けをらん春の雷 野中亮介 馬醉木 200307  
我が生の予告と聞きし春の雷 稲岡長 ホトトギス 200307  
眼底の闇に届けり春の雷 滝本香世 百鳥 200307  
春の雷鬼に変わりし木偶の面 陶山泰子 ぐろっけ 200307  
屋久杉の威風堂々春の雷 福島ゆき子 ぐろっけ 200308  
君が好きの寝言に疑問春の雷 中野英歩 八千草 200309  
うたた寝の背を叩くなり春の雷 香釈好以 八千草 200310  
春の雷奮い立たせる怠けぐせ 田中時子 八千草 200311  
大塔の両界曼陀羅春の雷 池田光子 風土 200311  
松風を先立てて来し春の雷 稲畑汀子 ホトトギス 200403  
身中の虫のゐどころ春の雷 成井侃 対岸 200404  
地雷無き国に目覚の春の雷 吉村初代 築港 200405  
大音響やうやく春の雷去りぬ 加納花子 築港 200405  
海鳴のさらに遠くを春の雷 長沼三津夫 200405  
赦されぬこと再びや春の雷 有島夛美 河鹿 200406  
春の雷指一本で父倒る 坂本敏子 京鹿子 200406  
春の雷漬け物石にのる輩 吉弘恭子 あを 200406  
ものつまむ箸のかたむき春の雷 太田尭史 対岸 200406  
猫柳の大きく揺れし春の雷 植木戴子 200406  
告知さるなほ逆らひて春の雷 藤田宣子 ぐろっけ 200407  
時宗のこゑ防塁に春の雷 中村房子 馬醉木 200407  
源氏山二つで終る春の雷 川越昭子 万象 200408  
春の雷裸像の乳首に触れてみる 内藤ゑつ ゑつ 200411  
春の雷湖の漆黒解かざる 稲畑廣太郎 ホトトギス 200503  
春の雷引き揚げの手記ゆづり受く 筧節子 築港 200504  
春の雷人を訪ねる道すがら 芝尚子 あを 200504  
烏賊天の跳ねるを聞くや春の雷 斉藤裕子 あを 200505  
指先の白墨の粉春の雷 出来由子 200505  
耳聡き犬にとどきし春の雷 早崎泰江 あを 200505  
汁三たび温めをれば春の雷 斉藤裕子 あを 200505  
春の雷ふたぎ虫なぞたたきやれ 篠田純子 あを 200505  
春の雷窓辺に坐してたのしめり 鎌倉喜久恵 あを 200505  
寝ころがる人形赤し春の雷 渡邉友七 あを 200505  
春の雷うぶごゑあげて近づきぬ 鎌倉喜久恵 あを 200505  
青年に弱みのひとつ春の雷 堀内一郎 あを 200505  
ながながと嫁入話春の雷 芝宮須磨子 あを 200505  
止まりゐる形見の時計春の雷 田中藤穂 あを 200505  
父恋へば春の雷鳴りにけり 落合由季女 雨月 200506  
仏前の香のほのかや春の雷 高木一 200506  
次の駅はあの人の駅春の雷 倉持梨恵 200506  
予報あれど戸惑うてをり春の雷 樋口美津子 築港 200506  
ああ久し洗心させる春の雷 丸山佳子 京鹿子 200506  
久々の歯科医の椅子や春の雷 赤座典子 あを 200506  
春の雷大きな文字の封書来し 杉浦典子 火星 200507  
耳おとすサンドイツチや春の雷 稲葉ちよこ 風土 200507  
青丹錆ぶ平家納経春の雷 鈴木厚子 栴檀 200507  
文机に夕刊届く春の雷 竹生田勝次 風土 200507  
遥かより夢の後押し春の雷 森野俊子 遠嶺 200507  
一膳の箸ころがるや春の雷 大高芭瑠子 炎夏 200507  
何も無い茶店灯が点き春の雷 西村慧子 200508  
このうしろめたきは何ぞ春の雷 川上昌子 200512  
印鑑を逆さに押せば春の雷 丁野弘 200603  
下宿まだ馴れぬ子案ず春の雷 佐藤山人 200605  
春の雷きくともなくて稿つづる 窪田佳津子 雨月 200605  
山木みな小さき芽をもち春の雷 八木柊一郎 ぐろっけ 200605  
転勤の紙いちまいや春の雷 渡辺徳治 200606  
三層の鯱目を剥きて春の雷 荒川清司 遠嶺 200606  
春の雷受付は三階の奥 富沢敏子 200606  
晴れながら一つとどろく春の雷 神蔵器 風土 200606  
時の鐘ひびきに春の雷こもる 片野光子 ぐろっけ 200607  
夜の更けて乳房に響く春の雷 尾堂Y 河鹿 200607  
敵いつも身の内にあり春の雷 千坂千津恵 200608  
若き日の血の騒ぎ欲し春の雷 吉田裕志 200608  
春の雷仏の山をどよもせる 峯高子 万象 200608  
春の雷万葉講義のこゑ攫ふ 安永圭子 風土 200608  
あなどりてならぬ外出や春の雷 稲畑汀子 ホトトギス 200703  
届きたる旅の消息春の雷 稲畑汀子 ホトトギス 200703  
不意打ちの亡夫の書き込み春の雷 平居澪子 六花 200705  
受信してまなこ乾きぬ春の雷 田村園子 200705  
湯にをればとろろとろろと春の雷 村本真由美 遠嶺 200706  
旅鞄荷ほどき中の春の雷 数長藤代 200707  
春の雷枯山水の動きたる 荒川清司 遠嶺 200707  
妻見れば妻われを見る春の雷 川口襄 遠嶺 200707  
曽我堂の緩ききざはし春の雷 山本とく江 万象 200707  
携帯電話持たぬ不安や春の雷 高倉恵美子 200708  
春の雷水平線は消えざりし 宇都宮滴水 京鹿子 200802  
龍脈の潜む街並み春の雷 平野加代子 春燈 200803  
電磁波の波に溶け込む春の雷 中島玉五郎 200804  
カクテルに片恋沈む春の雷 岡敏恵 ぐろっけ 200805  
飽くるほど余生まだあり春の雷 西川五郎 馬醉木 200805  
春の雷海底火山噴き出すか 工藤義夫 馬醉木 200805  
雨上るも転げ遊びの春の雷 望月喜好 200806  
道普請の渋滞に喝春の雷 上原朝子 200806  
綿菓子にかくれてゐたり春の雷 堀江惠子 200806  
心中の余白にひびく春の雷 小國佐世子 遠嶺 200806  
目の覚めしよりの俯せ春の雷 小林奈穂 200807  
春の雷富士にはつかな雪こぼす 神田美穂子 万象 200807  
春の雷薬草風呂の濁りたる 櫻木道代 ぐろっけ 200807  
発着の混んでゐたりし春の雷 井上信子 200807  
決断の閃きありぬ春の雷 村田文一 遠嶺 200808  
春の雷終りのはうがだらけをる 前田貴美子 万象 200812  
轟きて家路の一打春の雷 稲畑汀子 ホトトギス 200903  
阿修羅展観しより遠き春の雷 森山のりこ あを 200905  
春の雷遠きに鳴るを常とせる 大橋晄 雨月 200905  
甘樫の丘をまろびし春の雷 笠置早苗 火星 200905  
食道にすとんと落つる春の雷 森岡正作 200905  
天井の龍の目きらり春の雷 伊藤憲子 200905  
雨雲のビルを押さへて春の雷 黒澤登美枝 200905  
めでたしで終る民話や春の雷 藤原はる美 200906  
百年のムンクの叫び春の雷 島玲子 風土 200906  
手を止めてはまた文を書く春の雷 菊地瑩子 春燈 200906  
春の雷隠し扉を開けて了ふ 篠田純子 あを 200906  
緞帳のしづしづ上がり春の雷 片岡啓子 遠嶺 200906  
西行の訪ねし御陵春の雷 山口耕堂 万象 200906  
いそいそと鴟尾に触れ来る春の雷 狹川青史 馬醉木 200907  
強がりのこころもとなき春の雷 橋本リエ 春燈 200907  
鳴る前の音したるのみ春の雷 鷹羽狩行 201003  
議事堂に黄色の怒声春の雷 竪山道助 風土 201005  
猿山のボスの気苦労春の雷 矢口笑子 春燈 201005  
繰り返し聞く留守番電話るすでんや春の雷 和田森早苗 201005  
何食べる何でもいいわ春の雷 伊藤さくら ろんど 201006  
春の雷近づくでなし去るでなし 根岸善行 風土 201006  
春の雷思考回路を断ち切りぬ 辻直美 201006  
癌を道連れの旅なり春の雷 堀川多恵子 風土 201006  
天声は人語にまさる春の雷 藤岡紫水 京鹿子 201006  
春の雷インクラインの底歩く 深澤鱶 火星 201007  
春の雷いまだ目覚めぬ白樺湖 鈴木一恵 末黒野 201009  
まつすぐに茶柱立てり春の雷 神蔵器 風土 201104  
ハイボールの氷崩るる春の雷 近藤幸三郎 風土 201105  
次郎覚め太郎を起こす春の雷 深澤鱶 火星 201105  
推敲を決めし二度目の春の雷 泉田秋硯 201105  
弟につづき友逝く春の雷 乗鞍三彦 春燈 201106  
「ベン・ハー」の車輪の空音春の雷 宮田香 201106  
絵付師の手許狂はず春の雷 塩見治郎 雨月 201106  
鏡面のしらじら匂ふ春の雷 水野恒彦 201106  
原発の事故収まらず春の雷 三原利枝 201106  
パン焼ける香にふい打ちの春の雷 植田雅代 ぐろっけ 201107  
髪結ひて写経三昧春の雷 角谷美恵子 ぐろっけ 201107  
耳がとってもくすくすとして春の雷 坪内稔典 船団 201107  
耳ふさぐ島の伝説春の雷 藤井久仁子 ぐろっけ 201107  
春の雷靴履き替へしばかりなり 渡辺数子 火星 201107  
生垣を繕うてをり春の雷 石脇みはる 201107  
原発の不安ふくらむ春の雷 加賀葉子 万象 201107  
深々と山あり西に春の雷 伊藤希眸 京鹿子 201109  
贈らるる長寿のしをり春の雷 鳥越輝 末黒野句集 201203  
レグルスの心臓明き春の雷 栗栖恵通子 201205  
春の雷嘘泣きの子を一喝す 福島茂 201205  
春の雷真夜の遺影の笑いしか 山本孝子 ろんど 201205  
春の雷身幅はみ出す欲諌む 川崎真樹子 春燈 201205  
神奈備の棚田に誘ふ春の雷 能村研三 201205 明日香
三・一一肝に一喝春の雷 青野安佐子 201206  
目覚むるに少し時あり春の雷 岩崎スミ子 末黒野 201206  
春の雷歯痛にやけど一時に 林哲夫 ぐろっけ 201206  
うづくまる我に一喝春の雷 川崎雅子 春燈 201206  
をさめたる一言のあり春の雷 藤生不二男 六花 201207 春の雷→ 2

 

2015年3月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。


 

15/03/26