葡 萄 2   100句

ぶだう吸ふ男の顔をととのへて   亀田虎童子   百里

葡萄  山葡萄  野葡萄

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
黒葡萄幼児の手を拭きにけり 青池亘 百鳥 200211  
葡萄狩言ふほど食べること出来ず 塩川雄三 築港 200211  
葡萄棚身をかがめては歩を進め 塩川雄三 築港 200211  
抱いて子に一房剪らす葡萄狩 高橋あさの 200211  
バッカスの誘惑に堕つ黒葡萄 武田菜美 銀化 200211  
牧丘町戸毎掲げる葡萄棚 清水和子 酸漿 200211  
絵ごころの少し残りし葡萄かな 堀内一郎 あを 200211  
ぶだう狩の徒にもときどき威銃 堀内一郎 あを 200211  
葡萄食み少女の頃の夢をみし 山荘慶子 あを 200211  
原子力空母入港黒ぶだう 川井政子 風土 200212  
兄と呼ぶ人の欲しかり黒葡萄 祐森禰香 遠嶺 200212  
旅は別れか別れは旅か葡萄摘む 堀内一郎 あを 200212  
黒葡萄そりやあいろいろ人は言ふ 大場佳子 銀化 200212  
葡萄の名聞いて忘れて食しをり 石川元子 酸漿 200212  
一房を剪る音勁し黒葡萄 村本真由美 遠嶺 200212  
日に透ける葡萄を切るや房のまま 平田紀美子 風土 200301  
葡萄棚外人墓地に続きけり 影山わこ 百鳥 200301  
木洩れ日を増やす葡萄の房摘みて 小西瑞穂 ぐろっけ 200302  
自家製のぶどう酒醸す闇の中 須佐薫子 帆船 200307  
葡萄棚頭が潜り抜けて来る 中村房枝 六花 200308  
土壇場にきてしんがりに鬼葡萄 瀬川公馨 200310  
十戒の第五真黒きぶだう食む 荒井千佐代 200310  
一粒づつ食べる他なし葡萄狩 塩川雄三 築港 200310 青蓮寺湖
人間に食べる限界葡萄狩 塩川雄三 築港 200310  
天よりの授かりものの黒葡萄 鷹羽狩行 200311  
ドイツ語会話習ふ端から葡萄食ふ 伊藤白潮 200311  
ありがとうと言はぬ国なり葡萄買ふ 河村高天 200311  
宅配の葡萄の箱の香りたつ 青木政江 酸漿 200311  
指先も舌も紫葡萄食ぶ 大森玲子 築港 200311  
葡萄園秤を置いて直売所 宮村操 築港 200311  
黒葡萄甘言ときに罪となり 宮内とし子 200311  
近づきし火星の微熱葡萄熟れ 岡本崇 200311  
箱よりも大き葡萄を引き出せり 浅田光蛙 対岸 200311  
幸せか不幸か葡萄食みてをり 斎藤節子 馬醉木 200312  
葡萄食み黙深め合ふ兄妹 斎藤節子 馬醉木 200312  
雀来てまたしばしをり葡萄棚 山田孝枝 酸漿 200312  
大房の葡萄頂く良き日なり 鈴木美枝 酸漿 200312  
むらさきの声もて散会ぶどう摘み 岡正実 200312  
葡萄の露ぶだうの色にこぼれけり 戸栗末廣 火星 200312  
皿白磁葡萄太古の彩こぼす 長屋璃子 火星 200312  
考へてゐるやうで唯葡萄喰む 大塚まや 京鹿子 200312  
一望の丘陵葡萄匂ひたる 鳴海清美 六花 200312  
黒葡萄日ざしの下に剥かれけり 鳴海清美 六花 200312  
父見舞ふ手に余りたる黒葡萄 松本真佐 200312  
母の掌に葡萄の房のどれも余る 柴田佐知子 200312  
一房の葡萄にしづむ夜の家 柴田佐知子 200312  
一房で充分の味葡萄狩り 安部美和子 ぐろっけ 200312  
その上に南アルプス葡萄棚 中村洋子 風土 200401  
尖んがつてみる黒葡萄つまみつつ 高田令子 200401  
抱きあげて児に摘みとらせ葡萄狩 鵜飼紫生 雨月 200401  
手鋏の固き手ごたへ葡萄摘む 中島知恵子 雨月 200401  
葡萄捥ぐ秀吉の陣ありし丘 内藤三男 ぐろっけ 200401  
静物として光り合ふ葡萄かな 阪本哲弘 200402  
坊の膳出羽で醸せし葡萄酒 金升富美子 200402  
葡萄酒を醸す大黒千手観音めく 金升富美子 200402  
葡萄とはキャンベルのこと絶滅種 山田六甲 六花 200409  
葡萄作りはひとより泪もろしとよ 堀内一郎 あを 200409  
種ありてこその葡萄や日のしづく 神蔵器 風土 200410  
葡萄たわわウイグル帽の楽士たち 荒木英雄 対岸 200410  
小さき房残りてをりぬ葡萄棚 斉藤裕子 あを 200410  
一湾の風ボサノバと黒葡萄 水野あき子 遠嶺 200411  
冷凍の葡萄のさらふ眠気かな 林敬子 酸漿 200411  
仏蘭西行はあきらめ葡萄種を吐く 伊藤白潮 200411  
葡萄食み妻との黙を深めけり 武子都史郎 200411  
押入の中に葡萄酒醸しけり 須佐薫子 帆船 200411  
葡萄棚見たくて休暇取りにけり 高木武人 百鳥 200411  
葡萄食べ脳の空白つづきゐる 大橋敦子 雨月 200411  
深紫淺緑盛る葡萄かな 長崎桂子 あを 200411  
葡萄粒トルコマーチに走り出す 堀百合子 200412  
贖罪の歴史を秘めて黒葡萄 内山照久 200412  
ぶだう食ぶ記憶の糸を辿りつつ 与川やよい 遠嶺 200412  
きやうだいの絆は確と黒葡萄 亀ヶ谷照子 遠嶺 200412  
この雨の中をひと来る葡萄棚 酒井十八歩 草の花 200412  
嫁ぐ子に風のさゆらぎ葡萄熟れ 相沢有理子 風土 200412  
葡萄食ふ神経質に種を吐き 宮城白路 風土 200412  
割安の葡萄種持つ種も呑む 二瓶洋子 六花 200412  
覗かれてゐるごと葡萄棚の下 高倉和子 200412  
しばらくは葡萄の風をまとひをり 森佳子 遠嶺 200501  
干葡萄せつなき甘さありにけり 中根喜与子 200502  
正論はときにうとまし黒葡萄 伊藤敬子 遠嶺 200502  
葡萄棚ただよう暮色濃く甘く 松井和恵 八千草 200503  
葡萄棚涼を求める人のあり 今井久良子 酸漿 200504  
孫も子も甲斐路に遊び葡萄狩り 吉原すみ子 200505  
模造紙の上に種なし葡萄かな 高橋将夫 星の渦 200507  
月の夜も月の出ぬ夜も黒葡萄 今瀬剛一 対岸 200510  
種なしぶだうぬぐへぬ不信感 竹内弘子 あを 200510  
ここに幸ありと葡萄の垂れさがる 村越化石 200511  
葡萄園ここの木椅子に一詩人 村越化石 200511  
黒葡萄皮のままにて吸ひにけり 永田勇 六花 200511  
三房ほど生りし日除の葡萄棚 竹内弘子 あを 200511  
忘られし携帯鳴りぬぶだう棚 森山のりこ あを 200511  
ナイヤガラてふ葡萄の香故郷の香 三村武子 酸漿 200512  
葡萄狩君にゑくぼのあるを知り 高羽里見 四葩 200601  
弟妹のほとほと遠し黒ぶどう 高千夏子 200601  
ガレージの屋根の葡萄を誰も取らず 佐々木建成 百鳥 200601  
種のかげ葡萄受胎の透視めき 安藤しおん 200601  
葡萄ひとつぶ指先の記憶力 倉持梨恵 200601  
葡萄大房甲斐の夕日を蔵しけり 宮川みね子 風土 200601  
葡萄盛る久谷のいろに隠りけり 宮川みね子 風土 200601  
呟きのやうなシャンソン黒ぶだう 与川やよい 遠嶺 200606 葡萄→ 3

 

2019年9月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。