葡  萄 1    100句

手榴彈つめたし葡萄てのひらに   高島茂   鯨座

葡萄  山葡萄  野葡萄

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
ババリアの太陽なだれ葡萄園 山田弘子 春節 199503 ロマンチック街道
葡萄食ぶ詩を啄むがごとくなり 鷹羽狩行 199809  
星がまたとんでぶだうのえぐみかな 岡井省二 199809  
沈みたる黒き葡萄のきららなり 山田禮子 きらら 199810  
夜更しをたのしんでゐる葡萄皿 丸山佳子 京鹿子 199810  
葡萄の木に亡母の使ひし竹箒 野沢しの武 風土 199811  
眠る子を起こさぬやうに葡萄捥ぐ 能城檀 船団 199812  
葡萄食ぶ妹より小さく口すぼめ 鷹羽狩行 199901  
つまみたる葡萄に雨の匂ひせり 鹿野佳子 199901  
長房を籠に曲げては葡萄摘み 鷹羽狩行 199910  
ぶだう食ぶ恋の実りし友とゐて 岡田万壽美 俳句通信 199910  
山並のさだかや葡萄街に出て 山岸治子 馬醉木 199911  
盆地への傾斜完熟のぶどう棚 阿部晶子 199911  
母の忌に月の雫の甲斐路ぶどう 荒井叔子 199911  
一房を摘み残しおく葡萄かな 山田六甲 六花 199911  
梨きのふ葡萄けふ西東より 大橋宵火 雨月 199911  
ダリの髭ぴくぴく動くぶどう日和 小枝恵美子 ポケット 199911  
天地やのたり葡萄酒醸さるる 延広禎一 199912  
皿替へて葡萄の房を落着かす 金國久子 遠嶺 199912  
葡萄食ぶひと粒づつに団欒す 小田道知 円虹 199912  
頭角のぬきさしならぬ黒葡萄 梅田津 銀化 199912  
ぶだう棚風まつたいらまつたいら 矢野千佳子 京鹿子 199912  
ほほばりて幸広がりしぶだうかな 上村福恵 六花 199912  
ひとしきり声のくぐもる葡萄狩 長谷川千枝子 200001  
葡萄熟れぎりっと櫂の音がする 加川憲一 海程 200001  
もてなしはバッハの楽と黒葡萄 水野あき子 遠嶺 200001  
夜々紡ぐ句やときをりは葡萄食べ 田中藤穂 水瓶座 200002  
夜のひかりあつめつくせる黒葡萄 本橋怜加 冬牡丹 200003  
ぶだう食み尽せば嘴生えさうな 三神あすか ヒッポ千番地 200005  
葡萄食むカエル解剖せし指で 塩見恵介 虹の種 200005  
船倉の葡萄は熟睡して運河 塩見恵介 虹の種 200005  
南面の茅ぶき一挙に葡萄畑 福場朋子 200006  
独りあるいてゐる冬の葡萄山 早乙女健 200006  
英字紙の袋の掛かるぶだう棚 中御門あや 俳句通信 200007  
残されし葡萄をつまみつゝ語る 稲畑汀子 ホトトギス 200009  
すつぱいと思ふ口許して葡萄 稲畑汀子 ホトトギス 200009  
急ぐとき葡萄食べてはをられずに 稲畑汀子 ホトトギス 200009  
まづ置いておけば必ず減る葡萄 稲畑汀子 ホトトギス 200009  
夕霞ぶだうの丘に古城あり 大塚洋子 酸漿 200009  
杖をひく父がさし出す葡萄かな 松沢久子 いろり 200010  
葡萄籠車中に増えて甲斐を過ぐ 阿部寒林 200010  
葡萄の種吐きつつ憩ふ古戦場 阿部寒林 200010  
庭ぶどう各種の俳誌袋かけ 品川鈴子 ぐろっけ 200010  
葡萄売る草に机を一つ置き 生田恵美子 風土 200011  
月と語る葡萄一と房を侍らせ 金子兜太 海程 200011  
あめつちの恵み静かに葡萄垂れ 村越化石 200011  
いろいろにつかふくちいまぶだうすふ 亀丸公俊 銀化 200011  
皮むいて大きな翡翠ぶだう食ぶ 中野辰子 いろり 200011  
ぶどう狩り園の昼餉の笑ひ声 熊谷みどり いろり 200011  
生きのびてたべ放題のぶだう狩 大平保子 いろり 200011  
合ふといふことのうれしき葡萄成る 藤原紅 いろり 200011  
種穎別好みで入る葡萄畑 城下明美 ぐろっけ 200011  
袋窓覗き葡萄の品定め 城下明美 ぐろっけ 200011  
一房の万葉色のぶだうかな 関根洋子 風土 200012  
指ふるる葡萄の皿の上でかな 林裕子 風土 200012  
黒ぶだう一房妻に洗ひけり 舘泰生 風土 200012  
笹子越え雨上りたる葡萄棚 守屋井蛙 酸漿 200012  
一房の葡萄一抹の海面 金子兜太 海程 200012  
葡萄狩空の紺へと手を入るる 田口傳右ヱ門 銀化 200012  
黒葡萄つまみて次の言葉待つ 神山ゆき子 200101  
ふるさとの星は葡萄のかおりする 斎藤白砂 海程 200101  
一房の詩の量感葡萄もぐ 小澤克己 遠嶺 200101  
大粒の葡萄手のひら富士かすむ 河合笑子 あを 200101  
夕映のはや移りゆく葡萄棚 光枝晴子 200101  
黒葡萄小さき野心のありにけり 七種年男 200101  
神像の多き乳房や葡萄熟れ 品川鈴子 船出 200104  
敵手と食ふ血の厚肉と黒葡萄 能村登四郎 200108  
黒葡萄ギリシャに神の多きこと 芳賀雅子 航跡 200108  
不備ありて葡萄の房のつながらず 中原道夫 銀化 200109  
夜の更けて謀議さながら葡萄食ふ 神蔵器 風土 200110  
奔放な蔓はくくられ葡萄棚 前田達江 200110  
実となりしばかりのぶだう風若し 幡江美智子 百鳥 200110  
前生や葡萄の房に夜が来る 小形さとる 200110  
葡萄一粒房をはなれて卓の上 能村登四郎 羽化 200110  
容あるものの影濃く葡萄食む 福永みち子 馬醉木 200111  
手庇に葡萄のみどり葉のみどり 飯塚ゑ子 火星 200111  
テロニュース聞きつつ走る葡萄狩 松本米子 あを 200111  
葡萄棚見下ろすや眼をすべらせて 山西雅子 200111  
濡るる葉に大粒の黒葡萄置く 山西雅子 200111  
姥捨山の風のひろがる葡萄畑 岩崎正子 春耕 200111  
葡萄醪ホイリゲを試し媼の胸熱く 品川鈴子 ぐろっけ 200111  
柿ぶだう病よき日のてのひらに 白岩三郎 馬醉木 200112  
蛇笏忌の甲州葡萄粒小さき 松崎鉄之介 200112  
葡萄園女人の声のよく透り 村越化石 200112  
葡萄棚の果たてに夕日膨らみぬ 杉浦典子 火星 200112  
今日一日を黙せり黒き葡萄むく 中西道子 百鳥 200112  
星空のひとつをもげば黒葡萄 小澤克己 遠嶺 200112  
梨ぶだう林檎画布をはみだせり 竹内弘子 あを 200112  
ぶだう吸ふ水掛論を傍らに 井尻妙子 京鹿子 200201  
木洩れ陽をくぐりつぎつぎ葡萄摘む 北畠明子 ぐろっけ 200201  
色づかぬ葡萄もあって雨の粒 松山律子 六花 200207  
葡萄甘し種があっても無くっても 宮原みさを 花月亭 200208  
葡萄もぐ手にボルドーの日差かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200209  
悪霊がきてざわめきぬ黒葡萄 小澤克己 遠嶺 200209  
ふるさとの葡萄大房宅急便 芝宮須磨子 あを 200209  
黒葡萄いのちの雫太初より 野口香葉 天女櫻 200209  
信玄の鉄砲玉か黒葡萄 小林呼溪 200210  
ふるさとの葡萄の味や兄元気 福田蔦恵 帆船 200210  
梅雨明の甲斐の空なる葡萄棚 水田清子 200210  
日の匂ひ強きをふふみ黒葡萄 毛利慶子 200211 葡萄 →2

 

2019年9月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。