山葡萄   43句
作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
山葡萄鳩のおもさに垂れにけり 大山文子 火星 199912  
童謡を少し忘れて山葡萄 岡清秀 船団 200009  
信濃吹く風が磨きし山葡萄 大森井栖女 馬醉木 200012  
山葡萄少女の手首しなやかに 能城檀 船団 200106  
山葡萄火床で鍛冶屋のむさぼれる 皆川盤水 春耕 200110  
光秀の落ち行く道の山葡萄 西田もとつぐ 雲の峰 200211  
残る葉を風の煽ちて山葡萄 宮平静子 雨月 200302  
山葡萄そびらに秘仏うるはしき 岸のふ 馬醉木 200401  
山葡萄ダム放水の音近き 青砥真貴子 200401  
父の代の明治の味か山葡萄 林翔 200410  
雨三日晴天四日山葡萄 伊藤トキノ 200412  
望郷や日に透き通る山葡萄 佐々木薫 帆船 200501  
日矢走りきて黒燿の山葡萄 岡田貞峰 馬醉木 200601  
鐘の音に色深めたる山葡萄 戸栗末廣 火星 200601  
山葡萄のアントシアンを舌の上 加藤みき 200601  
山葡萄京都はすぐに暗くなる 堀木基之 百鳥 200601  
山葡萄下にころがる熊の糞 滝沢伊代次 万象 200610  
山葡萄酸つぱし甘しとひとしきり 松原智津子 万象 200612  
猿の影去つて落ちけり山葡萄 須賀敏子 あを 200612  
大鐘のかたへに熟るる山葡萄 戸栗末廣 火星 200712  
曲り来て色の変りし山葡萄 平島利男 酸漿 200801  
夕雲の下りて重たき山葡萄 福永みち子 馬醉木 200902  
山葡萄濃きむらさきに垂れてをり 竹内悦子 200912  
ハンサムな仏に在わす山葡萄 高根照子 201001  
太陽を浴びても山葡萄の黙 稲畑廣太郎 ホトトギス 201010  
山葡萄雨の重さを滴らせ 岡野里子 末黒野 201104  
諏訪口を霧の吹き入る山葡萄 橋本榮治 馬醉木 201112  
山葡萄石積み造り農具小屋 古川千鶴 かさね 201212  
乾杯の山葡萄酒や虹の彩 園部早智子 ろんど 201303  
明るきへ水音いそぐ山葡萄 松井志津子 201312  
せせらぎの音に育ちて山葡萄 笹倉さえみ 雨月 201402  
縄文の海の色あり山葡萄 古川夏子 201402  
群青も藍も実りや山ぶだう 大川ゆかり 201411  
山葡萄包む瀬音の激ちけり 岡野里子 末黒野 201412  
山葡萄のんびり戻る牧の牛 遠山のり子 201504  
秋もはや落つるにまかす山葡萄 小林愛子 万象 201512  
渓川へ鎖伝ひや山葡萄 森清信子 末黒野 201612  
錆にほふ柵に絡まる山葡萄 田村園子 201701  
山葡萄マリァ像へと蔓のばす 白水良子 201702  
山葡萄釣場へゆるき坂下る 黒澤志麻子 末黒野 201712  
山葡萄甘く信貴の嶺機嫌良し 密門令子 雨月 201801  
山葡萄熟れきつて海真つ平ら 大上充子 馬醉木 201802  
姥捨の道はここより山葡萄 服部早苗 201801  

 

2018年9月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。