麦 秋 2    100句

麥秋や麥ばかりなる島の畑    朴魯植

麦の秋  麦秋  麦刈

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書・その他
麦秋の野川豊かに流れけり 中里カヨ 酸漿 200208  
麦秋や雀団体飛行する 鈴木多枝子 あを 200208  
麦秋や真只中の一里塚 宮原みさを 花月亭 200208  
麦秋や湖東に仏多かりし 大山文子 火星 200209  
麦秋をバスの膨らむ同い年 金澤明子 火星 200209  
麦秋の彩立ちあがる蹴り轆轤 柴田朱美 京鹿子 200209  
麦秋や今日の疲れの今日取れず 白鳥多佳子 百鳥 200209  
麦秋の丘に微熱のあるごとし 田口紅子 200209  
麦秋やあらぬ方向き道しるべ 久保恵子 200209  
麦秋や一茶も見たる山に向き 石田邦子 遠嶺 200209  
東京へ直通電車麦秋裡 森脇多恵子 帆船 200209  
麦秋の伊勢路の夕日大きかり 山本漾子 雨月 200209  
麦秋の野辺に童画の日が沈む 安達風越 雨月 200210  
麦秋を葬が横切り濃くしたり 土屋酔月 火星 200210  
麦秋のメルヘン街道夫とわたし 吉田久子 200212  
麦秋の丘越えて来しチェコの国 中里カヨ 酸漿 200212  
崇徳には麦秋明るすぎたるや 上崎暮潮 ホトトギス 200301  
麦秋や本家分家の格うすれ 山仲英子 200305  
沖に出て能登麦秋の星数ふ 小澤克己 春の庵 200305  
麦秋を貫き東岡崎へ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200306  
麦秋に鉄路歪んでをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200306  
麦秋の大きく息をしてをりぬ 山田六甲 六花 200307  
麦秋の一駅分の睡魔かな 能村研三 200307  
麦秋やふいにゴッホの絵が見たし 小澤克己 遠嶺 200307  
麦秋の故郷に祝ひ事ふたつ 大串章 百鳥 200307 母米寿、甥結婚、帰郷。
麦秋の色を重ねて生家あり 大串章 百鳥 200307  
麦秋や衿のたちぐせなだめつつ 大森美恵 風土 200308  
麦秋や少し窪みし畦の道 谷添睦子 200308  
麦秋やカーステレオの音絞り 田村園子 200308  
麦秋の母は大声上げにけり 射場智也 六花 200308  
麦秋や見果てぬ夢はポケットに 後藤志づ あを 200308  
麦秋や遠く聞ゆる寺の鐘 出口賀律子 雨月 200308  
麦秋や涸れぬ涙のありにけり 宮本俊子 雨月 200308  
麦秋の終着駅に降り立ちぬ 甲斐よしあき 百鳥 200308  
麦秋や平家滅びし海遠し 小阪喜美子 遠嶺 200309  
麦秋の全景にまた一戸減る 川島真砂夫 200309  
麦秋の落暉に染まり子等帰る 園多佳女 雨月 200309  
麦秋の沖や真昼の潮の形り 雨村敏子 200309  
麦秋や長髪束ね三代目 平田倫子 百鳥 200309  
麦秋や鍵のいらない大藁屋 大貫保子 帆船 200309  
麦秋に道なき道を人行けり 大川嘉智香 築港 200309  
風の道麦秋の道人行けり 大川嘉智香 築港 200309  
麦秋や盲導犬に好かれをり 伊藤早苗 200309  
麦秋の一気に村をまぶしくす 鈴木多枝子 あを 200309  
麦秋の遠く流るる朝かな 三橋泥士 遠嶺 200310  
麦秋の美瑛の丘や幾重にも 小滝奈津江 酸漿 200310  
麦秋のロシアや地平線まで黄 堀田清江 雨月 200311  
麦秋や好きなところに停まるバス 谷口みちる 200401  
麦秋の菓子工房の大玻璃戸 佐々木幸 200401  
麦秋や母なきあとの母の座に 安西静 帆船 200404  
麦秋の風太陽に及びけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200405  
麦秋の果見えてゐる目的地 稲畑汀子 ホトトギス 200405  
峠抜け来て麦秋の町に入る 稲畑汀子 ホトトギス 200405  
麦秋や畳破れて母住まひ 山田六甲 六花 200406  
麦秋の畳に足を放り出す 中村房江 六花 200406  
麦秋の只中を今い行き行く 阿部ひろし 酸漿 200407  
麦秋のまっ只中を葬の列 佐野布娑 雨月 200407  
麦秋や二人乗り来る村のバス 木村てる代 雲の峰 200407  
麦秋や鉄塔は日を跳ねつづけ 渡辺周子 雲の峰 200407  
麦秋の指舐めて繰るマタイ伝 林昭太郎 200407  
麦秋や点となりゆく熱気球 山田怜子 遠嶺 200408  
麦秋を走るゴッホの絵を出でて 片山タケ子 200408  
背の高き子が麦秋の中を行く 西川五郎 馬醉木 200408  
麦秋やわたつみ渡る風の色 谷村幸子 200408  
麦秋や体内時計狂ひたる 大山文子 火星 200408  
麦秋の波しづかなり夫婦岩 城孝子 火星 200408  
麦秋の風筋にある母の腰 山田美恵子 火星 200408  
麦秋やロバの匂ひの石畳 田中重子 雲の峰 200408  
ゆきゆくに湖国麦秋ありにけり 茂里正治 200408  
麦秋の塵のおきたる置き薬 河西みつる 草の花 200408  
麦秋の火のあそびゐる外かまど 酒本八重 200408  
麦秋や血流止まるほど眠り 内山花葉 200408  
麦秋の夕日大きく海へ落つ 長野純顕 対岸 200408  
かつて麦秋今工場と煙突と 彦坂範子 ぐろっけ 200408  
麦秋をゆく麦秋の髪の色 彦坂範子 ぐろっけ 200408  
麦秋は見納めとかや家並寄す 鈴木愛子 ぐろっけ 200408  
麦秋や旧道をゆく路線バス 谷内順子 200409  
麦秋や水を掛けつつ石を切る 増田幸子 万象 200409  
麦秋や胸の高さにひろがる香 今川千鶴子 春燈 200409  
麦秋や沖よりみゆる石切場 飯塚ゑ子 火星 200409  
麦秋や遠くに見ゆる風見鶏 杉江美枝 百鳥 200409  
麦秋の中に立つ影父らしき 的池遙 百鳥 200409  
麦秋の風の真ン中胸熱し 後藤和朗 栴檀 200409  
麦秋や暁の坐禅に連座せる 竹内喜代子 雨月 200409  
麦秋やわが産土の佐賀平野 中島伊智子 酸漿 200409  
麦秋の風に亜麻鷺吹かれをり 中島伊智子 酸漿 200409  
麦秋や金の絨緞ゆさゆさと 鈴木多枝子 あを 200409  
麥秋は鳥のはらわたまで達す 八田木枯 夜さり 200409  
落ちのびてゆく麥秋に布吹かれ 八田木枯 夜さり 200409  
麦秋や群るる羊の背番号 堀内千鶴子 帆船 200501  
悉く麦秋を統べ句碑生る 稲畑廣太郎 ホトトギス 200505 黒田充女様句碑除幕祝句
抜けて行く麦秋の野をまつ直に 稲畑汀子 ホトトギス 200505  
一枚の麦秋の野に降り立ちし 稲畑汀子 ホトトギス 200505  
麦秋の野の果つところ海展け 稲畑汀子 ホトトギス 200505  
麦秋の一枚の風渡りけり 稲畑汀子 ホトトギス 200506  
麦秋の只中を来る割烹着 山尾玉藻 火星 200506  
麦秋や畳に母のベッド跡 山尾玉藻 火星 200506  
麦秋の目を見て固き握手かな 能村研三 200506  
麦秋や貼られて紙のひらひらと 木下野生 200507  
麦秋や人呼ぶ声の一度きり 木下野生 200507 麦秋 3→

 

2014年5月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。