麦 秋 1    100句

麦秋や子を負ひながら鰯売り    一茶

麦の秋  麦秋  麦刈

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書・その他
麦秋を刻める驛の時計かな 山尾玉藻 火星 199806  
麦秋や頬に火の創ある仏 大橋敦子 雨月 199807  
麦秋や甕に彫られし羊飼 山田禮子 遠嶺 199808  
糶り馬の麦秋高くいななけり 島田万紀子 馬醉木 199809  
どこまでも麦秋口の中乾く 遠藤勝亮 雨月 199809  
麦秋や懐古に立てる聖廃墟 遠藤勝亮 雨月 199809  
麦秋の視野の果なる夕日かな 遠藤勝亮 雨月 199809  
晴れときどき麦秋の眠たさよ 林朋子 船団 199811  
麦秋を駆けぬけ天の背骨かな わたなべじゅんこ 船団 199811  
麦秋や鍛冶屋へ直し鍬担ぐ 吉田呉天 風土 199812  
長距離恋愛麦秋を行き来する 松永史子 船団 199902  
麦秋や的のごとくに日が一つ 鷹羽狩行 199905  
麦秋やきんの馬蹄を壁飾り 鷹羽狩行 199905  
麦秋へ校門の開かれしまま 西村和子 火星 199905  
麦秋や地軸どこまで傾ぶける 深澤鱶 ヒッポ千番地 199905  
麦秋や僧とひと駅隣りあひ 鷹羽狩行 199906  
麦秋といふ懷しき色忘る 小原禎子 銀化 199907  
麥秋を一直線に旅心 川端実 寒昴 199907  
麦秋の舞台のそでの黒子かな 田畑保英 火星 199908  
麦秋や過疎進みゆく水の音 山田京子 俳句通信 199908  
麦秋の風まつすぐにベランダに 三瀬教世 ホトトギス 199909  
麦秋の朝日に干してゆけるもの 三瀬教世 ホトトギス 199909  
碧天と麦秋のほか何もなし 河野美奇 ホトトギス 199909  
麦秋の続く限りの風の音 河野美奇 ホトトギス 199909  
麦秋のほかは省略したる景 中川萩坊子 ホトトギス 199909  
麦秋の遅速の四角なりしかな 中川萩坊子 ホトトギス 199909  
花嫁も乗る麦秋の舟路あり 堀井浮堂 ホトトギス 199909  
麦秋の水郷棹を休めつつ 堀井浮堂 ホトトギス 199909  
麦秋の風に溺れて人歩く 高橋笛美 ホトトギス 199909  
麦秋や土の匂ひの博物館 田中美幸 199909  
麦秋や湯町の裏に小さき句碑 山田暢子 風土 199909  
タラップに麦秋の風彼方より 三村武子 酸漿 199909  
麦秋の広さ攻め寄せくるごとし 宮津昭彦 199909  
麦秋のはなし空巣におよびけり 松井淑子 199909  
麦秋の半月弁は疲れたり 松田正徳 船団 199909  
麦秋やポストにかがむ郵便夫 荻野美佐子 船団 199909  
麦秋や女史立像の莫愁湖 嘉悦洋子 ぐろっけ 199909  
麦秋やゴッホの画集開きみて 北村きみ子 ぐろっけ 199909  
麦秋のしきりに父の恋しき日 岩岡中正 ホトトギス 199910  
麦秋はわがものよずかずか刈る 藤間雅江 海程 199910  
麦秋の空を繋ぎて祝ぎの地へ 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
麦秋や五臓六腑が口開けて 深澤鱶 ヒッポ千番地 200004  
麦秋や櫂をとめても舟進む 山田六花 六花 200005  
麦秋のころには会へると追伸に 吉田明 200006  
麦秋の色の中なり鮓熟るる 岡本高明 200006  
麦秋の浜に老いたる犬と蜑 小野恵美子 馬醉木 200007  
麦秋の黄色指数百とせる 華明日香 銀化 200007  
麦秋やご無沙汰詫びる喪の座敷 山本潤子 いろり 200007  
麦秋やこの世に未練なきは嘘 山本潤子 いろり 200007  
麦秋や伊那なほ遠き雲のなか 西田もとつぐ 俳句通信 200007  
麦秋の出来あがりたる四角形 蔦三郎 円虹 200008  
月明らかに麦秋の匂ふなり 松村武雄 200008  
麦秋の穂の焦げ色の連なれり 宮津昭彦 200008  
麦秋の色ある風と思ひけり 水田清 200008  
麦秋や身によみがへる野性の血 塩路隆子 精鋭選集 200008  
麦秋の真中を軍用列車ゆく 大石喜美子 雨月 200009  
麦秋や水に沈めて護る修羅 内田美紗 船団 200009  
麦秋の照に目鼻の疲れかな 小林希世子 200009  
麦秋やサイロの齢の色に出て 鷹羽狩行 200010  
麦秋や十字架に似し道しるべ 飯塚やす子 200010  
麦秋の夜の海に父傾ける 清水伶 海程 200010  
麦秋や才乏しくも愛強し 阿部寒林 200010  
麦秋のさなかの崇徳雲井御所 上崎暮潮 ホトトギス 200011  
どこまでも麦秋雲の影走る 渡邊美保 200011  
麦秋や首のほころぶ縫いぐるみ 柿原からす 船団 200101  
麦秋やもう替へどきの小鳥籠 鷹羽狩行 200106  
麦秋の野を来て深き森に入る 阿部ひろし 酸漿 200107  
麦秋の風に寝そべる那須の牛 渡辺政子 俳句通信 200107  
麦秋や留守のポストにメモ挟み 木下節子 俳句通信 200107  
とのぐもる麦秋の利根滓火けぶる 関口ゆき あを 200107  
単線軌道盆地麦秋着信音 森理和 あを 200107  
虎刈りの麦秋越えて着陸ランディング 泉田秋硯 200108  
麦秋や水場の多き奈良井宿 武井美代子 風土 200108  
麦秋の中を貨車行く吉野ヶ里 岡久枝 酸漿 200108  
麦秋や新婚投手野次らるる 望月周 百鳥 200108  
立尿りさて麦秋に刈り入らん 山口伸 海程 200108  
麦秋や隣りもじじばば泳ぐなり 山口伸 海程 200108  
麦秋や浅く汲みをく桶の水 小形さとる 200108  
麦秋の野に煙立つゆくへかな 柴田朱美 京鹿子 200108  
麦秋や納屋より高き撥つるべ 深澤厚子 馬酔木 200109  
麦秋や裾野に残る灯のいくつ 岡田有紀子 遠嶺 200109  
麦秋の天きなくさし正念場 荒川美邦 京鹿子 200109  
麦秋の野を抜け子規の国に入る 山田弘子 円虹 200109  
麦秋やむかし庄屋の深き井戸 岩井邦枝 200110  
麦秋と昏き墓原隣りあふ 有働亨 馬醉木 200110  
麦秋や同じ匂ひの牛と人 安達しげを 船団 200111  
長椅子の橋を麦秋と思う兄 南村健治 船団 200111  
麦秋や干物の匂ふ媼の荷 朝妻力 雲の峰 200206  
麦秋や身の塵はらふ手に力 鷹羽狩行 200207  
ぽんと音して麦秋の蒸しタオル 藤岡紫水 京鹿子 200207  
検札の来て麦秋の景を断つ 神蔵器 風土 200207  
関ヶ原麦秋の波西より押す 名和節子 200207  
麦秋の遅れて鳴りし大時計 舘林志津子 雲の峯 200207  
麦秋や日も熟色にかしぎ初む 亀丸公俊 銀化 200207  
麦秋の指に負ひたる疵深し 谷榮子 雨月 200207  
麦秋の波の彼方や子規の郷 東尾G子 馬醉木 200208  
麦秋の野を来て国宝仏に遇ふ 大橋敦子 雨月 200208  
麦秋の嵐に遭ひし葬かな 岸本林立 雨月 200208  
麦秋や三戸となりし麓村 片山喜久子 雨月 200208  
麦秋のむかし泣虫小僧かな 川島真砂夫 200208 麦秋 2→

 

2014年5月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。