麦 刈   72句

風の老婆抱きすくめては麦を刈る  河合凱夫  飛礫

麦の秋  麦秋  麦刈

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
小麦刈る地のはたてまで畑つづき 中林京子 雨月 199808  
鯨ぬっと顔を出して「麦刈りかあ」 田中空音 海程 199811  
黙々と女が一人麦を刈る 池部久子 酸漿 199909  
麦秋はわがものよずかずか刈る 藤間雅江 海程 199910  
麦を刈る機械ばかりがうごきおり 五十嵐研三 海程 200011  
後ろから鶏に突つかれ麦を刈る 鈴木八駛郎 海程 200011  
蕎麦を刈る在原村のかそけさに 川勝春 馬醉木 200012  
虎刈りの麦秋越えてランディング 泉田秋硯 200108 着陸
くらがりに麦刈りて来し手を燃やす 能村登四郎 200108  
立尿りさて麦秋に刈り入らん 山口伸 海程 200108  
ボテフリに埃吐き出す麦刈機 関口ゆき あを 200108  
麦を刈る屯田兵の裔の裔 成澤桂助 百鳥 200109  
B29B24知ってをり麦を刈る 堀内一郎 あを 200109  
刈りどきの麦へ日照雨の金の脚 斎藤棹歌 200201  
蕎麦刈つてダムの測量始まりぬ 嶋木勝次郎 遠嶺 200202  
麦を刈る三日の日和見定めて 小西瑞穂 ぐろっけ 200208  
岬端の黄昏ながき麦を刈る 塩谷はつ枝 馬醉木 200209  
秩父嶺のからりと晴れて麦を刈る 穴澤光江 遠嶺 200209  
麦を刈るはしかしの腕なだめては 味村志津子 雨月 200309  
麦を刈る乙女一度の実習日 関口みよ子 帆船 200309  
麦を刈る麦の躍動コンバイン 大川嘉智香 築港 200309  
コンバイン刈る麦畑の彩の濃し 大川嘉智香 築港 200309  
一台の機械で広田麦刈れる 大川嘉智香 築港 200309  
麦刈や畑一面に日の匂ひ 町田洋子 200310  
麦熟れて一家総出で刈りゐたり 岡村容子 築港 200408  
麦刈つて鳥入れ替る甲斐の空 青木康信 帆船 200409  
麦刈りて現る小さき軍馬の碑 内藤ゑつ ゑつ 200411  
麦撫子咲くに麦刈り間近かかな 松崎鉄之介 200508  
麦刈りのあとの裸に磯の風 浜明史 風土 200509  
麦刈つて多良岳空に浮かびけり 木室幸雄 百鳥 200509  
麦を刈る埃を高く舞ひ上げて 佐本英介 築港 200509  
麦刈りの帰り支度の間も暮るる 青山丈 200509  
青刈の麦の匂ひの真昼かな 水野加代 万象 200603  
麥刈の最中に梨の袋掛 瀧春一 常念 200606  
痩麦の刈り残さるる古墳みち 亀田やす子 万象 200606  
麦刈や雀と鳩のすぐに来て 渡辺ひろし 200608  
麦刈の人を迎へに船着場 渡辺ひろし 200608  
稲刈つて卑弥呼と食べる麦焦がし 吉弘恭子 あを 200706  
麦刈機埃まみれの日が沈む 金居欽一 万象 200709  
刈り終りたる麦畑の斯く広し 清水幸治 200709  
麦刈や藥缶と湯呑携へて 鈴木多枝子 あを 200709  
シャリシャリと麦を刈りつつ一歩一歩 鈴木多枝子 あを 200709  
刈麦の果てに雲湧く父の匂ひ 金井充 百日紅 200711  
風が言う小麦刈れ刈れ熟れすぎぞ 岡野峯代 ぐろっけ 200809  
麦の秋帰りは刈られありし田も 稲畑汀子 ホトトギス 200906  
生き急ぐことなき麦を刈つてをり 小澤克己 遠嶺 200908  
麦秋の早刈迷路子等遊ぶ 金澤明子 200908  
昼月の際立つ白さ麦を刈る 戸栗末廣 火星 200908  
明日刈るといふ麦畑に佇つ男 江木紀子 雨月 200909  
農人の口笛サンバ麦を刈る 神田恵琳 春燈 201107  
麦刈りの良か穂を抜いて噛んでをり 久津見風牛 201108  
麦刈りて大地の起伏あらはなり 松岡和子 201109  
麦刈りしあとの山風粗きかな 柴田久子 風土 201111  
麦秋の刈り残されて道祖神 古川千鶴 かさね 201210  
麦熟星一反ばかり刈り残り 広渡敬雄 201303  
稲荷山古墳の裾の麦を刈る 亀田やす子 ははのこゑ 201306  
目のにほひ残して麦の刈られけり 大崎紀夫 やぶれ傘 201309  
麦刈りやゴッホの農夫めきし夫 松岡和子 201310  
天日の匂ひの麦を刈り進む 下平しづ子 雨月 201310  
麦刈りを少し残せり巣に卵 中島玉五郎 201406  
さはさはと夕日揺らせて麦刈女 川崎良平 雨月 201408  
麦刈や若き農夫のつなぎ服 石黒興平 末黒野 201409  
さつぱりと刈られて麦秋終はりけり 時澤藍 201409  
麦刈つて風のざらつく日なりけり 蘭定かず子 火星 201410  
半反の刈り残されし麦の秋 山田六甲 六花 201506 印南平野
常念岳を真つ正面に麦刈りぬ 徳井節子 馬醉木 201509  
刈り伏せの麦の香甘し日照雨来る 高橋恵美子 馬醉木 201609  
山国の黒穂の麦を刈り急ぐ 伊藤紫水 風土 201609  
児等今日は課外授業の麦刈りに 松本善一 やぶれ傘 201610  
麦刈りし夜は綺羅星の燃ゆるかな 下平しづ子 雨月 201706  
麦刈と田植の忙し下野路 田中たつを 雨月 201809  
麦刈りの勤労奉仕思ひ出す 駒井でる太 馬醉木 201809  
麦刈りに遅れぬように結婚す 火箱ひろ 201809  
くらがりに麦刈りて来し手を燃やす 能村登四郎 201902 『枯野の沖』
麦刈りの終りし丘のゴッホ廟 溝内健乃 雨月 201909  

 

2020年5月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。