熱 燗 1       100句

熱燗に泣きをる上戸ほつておけ   高浜虚子

熱燗  温め酒  燗酒

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
熱燗や生涯ひとりの師に仕へ 神蔵器 風土 199902  
熱燗やあしたあしたや何もかも 平井奇散人 船団 199902  
熱燗やお初天神ちよと覗き 田畑幸子 火星 199903  
ついて無い日の熱燗に舌噛まる 折原あきの 船団 199903  
熱燗や結論急ぐ男ども 津田このみ 船団 199907  
熱燗や敗軍の将なめらかに 朝妻力 俳句通信 200001  
熱燗に烏賊刺食うておはせしか 朝妻力 俳句通信 200001  
熱燗や快気にしてぎこちなし 桑原敏枝 いろり 200001  
熱燗や死なば花実の在りもせで 本城布沙女 雨月 200002  
熱燗や妻に残れる隼人の血 水原春郎 馬醉木 200002  
熱燗を厄病神に捧げけり 林翔 200003  
信篤き戦友熱燗に酔ひにけり 伊藤通友 200004  
熱燗や客気失せしにあらねども 山本喜朗 雨月 200005  
熱燗の湯気に酔ひたる漢かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200012  
男らに熱燗の湯のたぎり初む 朝妻力 俳句通信 200101 八尾町
熱燗にするか八月十五日の酒は 前原勝郎 船団 200102  
熱燗や知らぬふりして聞く話 吉村玲子 円虹 200103  
手配写真あり熱燗の販売機 泉田秋硯 月に逢ふ 200103  
熱燗や軍歌を聞けば闘志湧く 塩路五郎 200104  
熱燗や合縁奇縁ちくわ穴 荒川美邦 京鹿子 200201  
熱燗や潮錆び声の島人と 大島翠木 200202  
熱燗や難しきこと何もなし 保田英太郎 風土 200202  
熱燗に灸る寄り目のかれひかな 井口光石 風土 200202  
熱燗や終りはいつも艶話 侭田伊都希 いろり 200202  
熱燗や突いては揺らす弥次郎兵衛 後藤志づ あを 200202  
熱燗に揺れ通しなる思考かな 本郷桂子 円虹 200203  
熱燗に皆少しづつ発見す 遠藤美由樹 銀化 200203  
熱燗やひとりの宿に風を聴く 萩野谷三和 遠嶺 200203  
熱燗や友を奪ひし風が又 鎌田篤 雨月 200203  
熱燗や怒りなかなか治まらず 大井東一路 百鳥 200203  
熱燗や甲斐甲斐しくて離婚歴 利根川妙子 200204  
予後断つも解けて熱燗久の顔 岡野峯代 ぐろっけ 200204  
才女の手熱燗徳利持て余す 島本知子 ぐろっけ 200204  
先生に熱燗を注ぐタイミング 高田令子 200301  
鍋横の鍋やの由来熱燗に 芝宮須磨子 あを 200301  
熱燗を楽しみながら鍋やの灯 芝宮須磨子 あを 200301  
娶らぬとげに熱燗の呑みつぷり 風間史子 200302  
熱燗や言葉の火花散らしをり 樋口英子 200302  
熱燗は伏流仕込み深夜能 渕上千津 200302  
熱燗やいつかきごころ通ひ合ひ 林和子 雲の峰 200302  
熱燗や傘寿の爺の打ちし蕎麦 於久昭臣 雲の峰 200302  
地酒の名問うて熱燗たのみけり 溝口遊雨子 百鳥 200302  
熱燗や品書きのみな旧漢字 伊藤白潮 200303  
母恋ひのをとこ熱燗足しにけり 宇垣みきえ 200303  
耕二忌の熱燗風の鳴りにけり 鈴木良戈 200303  
熱燗やたまに良きもの憂さはらし 吉良君子 帆船 200305  
熱燗や父の口ぐせ思ひ出す 渡辺真奈美 200311  
熱燗を何をおいても所望せり 須佐薫子 帆船 200311  
熱燗や妻との会話途切れがち 稲畑廣太郎 ホトトギス 200311  
熱燗に噺の芯のぽとと落つ 鈴鹿仁 京鹿子 200401  
アメリカに熱燗つける竜馬の忌 原田伸夫 雲の峰 200401  
熱燗や河馬の番のしづかなり 吉弘恭子 あを 200401  
熱燗や肴は越の菊なめこ 一民江 馬醉木 200402  
熱燗の旅の終りを愛づるなり 田澤初枝 遠嶺 200402  
熱燗やいつしか父を越え三年 豊田都峰 京鹿子 200402  
熱燗や話題脱線どこまでも 斉藤静枝 あを 200402  
熱燗に言ひたきことを忘れをり 佐久間俊子 200402  
熱燗や知らぬ自分の歌ひをり 西山美枝子 酸漿 200403  
熱燗や耳朶美しき女なりし 平居澪子 六花 200403  
熱燗に身体に芯の通りたる 後藤立夫 ホトトギス 200404  
熱燗や声筒抜けに謀りごと 八木玲子 百鳥 200404  
熱燗の会話となつてゆく時間 稲畑汀子 ホトトギス 200412  
熱燗や酔へば正調黒田節 中御門あや 雲の峰 200501  
熱燗や男が鳥になるために 沼田巴字 京鹿子 200501  
コンサート果て熱燗を酌み交す 森田和子 万象 200502  
熱燗もワインも飲んで母米寿 永川絢子 築港 200502  
熱燗や国訛とは面白く 河中透水 雨月 200502  
熱燗やすでに亡父の来てゐたり 浅田光代 風土 200502  
熱燗や越後訛に伊予訛 榎本文代 万象 200503  
熱燗にしばし自分を放棄して 塩川雄三 築港 200503  
熱燗や寡黙な父の頬ゆるむ 橋本靖子 200503  
熱燗に蟹味噌をまづつつきけり 菅沢陽子 春燈 200503  
もう一本熱燗の要る与太話 荒川清司 遠嶺 200503  
熱燗や襲の髭剃られ句誌育つ 沼口蓬風 河鹿 200503  
夫厨房に熱燗の鰭焼けり 中原吟子 雨月 200504  
熱燗やつつがなく生き八十年 三浦澄江 ぐろっけ 200504  
熱燗や此の上もなき笑顔あり 片山茂子 遠嶺 200504  
熱燗や俺の昔がさんざめく 渡辺隆 遠嶺 200504  
熱燗の力は借りず四十過ぎ 瀬下るか 200504  
熱燗や戦中戦後派肩寄せて 原田竜子 河鹿 200504  
熱燗や百薬といふ全きもの 鈴鹿仁 京鹿子 200601  
夫厨房に入り熱燗の鰭焼ける 中原吟子 雨月 200601  
熱燗や団塊世代になほ力 代田幸子 200602  
冷酒も熱燗もよし冬に入る 小松渓水 酸漿 200602  
熱燗の気負ひのうらにある望郷 宇都宮滴水 京鹿子 200602  
熱燗や憂国の士の集ひをり 早水秀久 河鹿 200603  
熱燗の沁みるや支へなき胸に 松村富子 200603  
熱燗にて五体の補修終りけり 吉田裕志 200603  
熱燗に些事も大事も明日のこと 中村みち子 ぐろっけ 200603  
熱燗に名人の酒器使ひけり 小野寺靖 百鳥 200603  
熱燗や勝者同士は相寄らず 山内唯嗣 四葩 200603  
桂郎を待つて熱燗さめちやつた 小野寺節子 風土 200603  
熱燗の六腑に沁みる欣一忌 清水雅子 栴檀 200604  
熱燗やいろりの丸くなる今宵 安田青葉 対岸 200604  
酌み交す熱燗一本もう一本 秋田直己 ぐろっけ 200702  
熱燗を売る舟寄り来川下り 大城戸みさ子 火星 200703  
熱燗に触れたる指を耳たぶに 土井三乙 風土 200703  
熱燗やいつか父越ゆ子の酒量 森脇貞子 雨月 200703  
熱燗に心通はす出会ひあり 村上美智子 雨月 200703  
熱燗に酔ひて他愛もなく泣けり 上坂渥子 雨月 200703 熱燗→ 2

 

2020年12月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。