麻 服       14句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
麻服を捲り台本読合はす 能村研三 199908  
麻服の感触の總身にあり 粟津松彩子 円虹 199909  
麻服に皺蓄へてダンディズム 泉田秋硯 月に逢ふ 200103  
麻服の紙衣にまさる皺の数 加藤みき 200108  
麻服の雛の数だけ敵のある 石山正子 銀化 200209  
麻服や湯の香の残る朝の髪 高橋さえ子 200211  
麻服の感触の総身にあり 粟津松彩子 ホトトギス 200411  
麻服の促音便の正しかり 大東由美子 火星 200510  
麻服に父の名前の独逸文字 辰巳比呂史 201010  
麻服の皺ほどうれひなき齢 千田敬 201209  
麻服をさらりと風の通りぬけ 平田恵美子 ぐろっけ 201210  
ありし日のままに麻服吊りありし 長田曄子 火星 201210  
麻服にひと日の疲れありけり 松本和子 火星 201211  
麻服に一会の八十路三人かな 浅井青一 雨月 201409  

 

2015年7月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。