秋 祭 4    88句

秋祭客の枕を揃へけり    前田普羅

秋祭  秋まつり  春祭

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
ベル押して来る地車も秋祭 稲畑汀子 ホトトギス 201410  
笛聞けばをどりだす嬰や秋祭 森下康子 201411  
交番に五人の巡査秋祭 瀬島洒望 やぶれ傘 201411  
秋祭り待ち侘ぶる母癒え兆す 伊東和子 201412  
杉の秀に雲のさざなみ秋祭 能勢俊子 馬醉木 201412  
秋祭故郷恋しと虫が鳴く 原田たづゑ 春燈 201412  
秋祭終はりしあとの道に雨 小山陽子 やぶれ傘 201412  
ひょっとこの白目の力秋祭 篠田純子 あを 201412  
秋祭りジャンジャカジャンジャカチンドン屋 貝森光洋 六花 201412  
和服にて風の中なる秋祭 堀内一郎 堀内一郎集 201412  
着飾りし牛曳かれゆく秋祭 田中俊尾 馬醉木 201501  
スーパーの祀る祠や秋祭 長谷川歌子 春燈 201501  
鯉のひれせはしくそよぐ秋祭 戸栗末廣 201501  
どこまでもついて行く子や秋祭 杉浦典子 火星 201501  
天狗来て親に抱きつく秋祭 秋田典子 六花 201502  
秋祭医療師の席設けられ 井上義郎 201502  
秋祭終へて蔵町小糠雨 菅野日出子 末黒野 201502  
境内の枝伐つてあり秋祭 笹村政子 六花 201502  
秋祭回しの色に年季あり 秋田典子 六花 201502  
秋祭終へて回しの日干しかな 秋田典子 六花 201502  
百年先へ響け太鼓の秋祭 辻村拓夫 船団 201505  
横笛の首たてに振る秋祭 八木健 八木健俳句集 201509  
秋祭り雲からめとる綿菓子機 村上倫子 201511  
秋祭りときどき雨が降りにけり 藤井美晴 やぶれ傘 201511  
人集りして秋祭始まりぬ 高田令子 201511  
人集りして秋祭始まりぬ 高田令子 201511  
秋祭り果てて道には髪飾り 小山陽子 やぶれ傘 201512  
秋祭爺九十の美容院 大坪景章 万象 201512  
豆甘き甲斐の強飯秋祭 田中藤穂 あを 201511  
秋祭新山車披露旭町 須賀敏子 あを 201512  
交番に「在所」の札あり秋祭 杉本薬王子 風土 201512  
秋祭笠の緒濡らす通り雨 野坂民子 馬醉木 201601  
獅子の児のまたもよろめく秋祭り 大政睦子 京鹿子 201601  
ふるさとを持たぬ侘しさ秋祭 菅野日出子 末黒野 201601  
男の子化粧させられ秋祭 高橋明 末黒野 201601  
秋祭負けちやならないハロウインに 江島照美 201601  
秋祭裏の暗がり歩きをり 荒井千佐代 201601  
神官は稚児の歩幅に秋祭 吉田葎 201601  
秋祭り屋台を覗く人の波 藤波松山 京鹿子 201602  
秋祭文書きをれば太鼓の音 志方章子 六花 201602  
秋祭芝界隈の朝の顔 今橋眞理子 ホトトギス 201603  
田の神に注ぐ一献秋祭 稲畑廣太郎 ホトトギス 201610  
米を磨ぐ水の澄みけり秋祭り 杉本薬王子 風土 201611  
つなぐ手の前へ右へと秋祭 亀井紀子 201611  
通夜の灯と辻を隔てて秋祭 野中亮介 馬醉木 201612  
射的屋のをんな身重や秋祭 懸林喜代次 春燈 201612  
さっぱりと一日だけの秋祭 須賀敏子 あを 201612  
喧騒の小江戸川越秋祭 須賀敏子 あを 201612  
生きてます悲傷を越えて秋祭 江島照美 201701  
秋祭りこれから唄が出るさうな 久保夢女 201701  
秋祭り同窓の座のそこここに 善野烺 六花 201701  
陽明門のごとき屋台や秋祭 駒形祐右子 万象 201701  
秋祭屋台に眠る法被の児 駒形祐右子 万象 201701  
秋祭よそ者少し遠くより 山田正子 201701  
町名は古地図のままに秋祭 稗田寿明 201701  
町名は古地図のままに秋祭 稗田寿明 201701  
秋祭まなこつぶれば夢に出づ 大坪景章 万象 201710  
スカイツリー眼下にいくつ秋祭 森なほ子 あを 201711  
車窓より小さき漁村の秋祭 荒井千佐代 201712  
新調の神輿三基や秋祭 中嶋陽子 風土 201712  
唇に笛をかまへり秋祭 藤生不二男 六花 201801  
桴高く打つて男の秋まつり 永田万年青 六花 201801  
秋まつり渡御の子の声山下る 升田ヤス子 六花 201801  
秋祭りお旅所掃いてばかりなる 升田ヤス子 六花 201801  
秋祭孫にせがまれ肩車 溝渕弘志 六花 201801  
秋祭終へて蒼穹がらんどう 森村江風 201801  
提灯の木瓜紋や秋祭 田中美惠子 201801  
秋祭お天道様のおかげです 江島照美 201801  
パン買ひに出れば通りは秋祭 小山陽子 やぶれ傘 201710  
わつしよいのこゑの膨らむ秋まつり 渡邉孝彦 やぶれ傘 201711  
秋祭笑顔溢るる家族かな 溝渕弘志 六花 201712  
芸人の声良くとほる秋祭り 奥田温子 やぶれ傘 201712  
お囃子を背にして帰る秋祭り 奥田温子 やぶれ傘 201712  
秋祭いつも通りにバスを待つ 松山三千江 春燈 201801  
をうをうと神呼ぶ祢宜や秋祭 永井惠子 春燈 201801  
酒蔵の路地をはみ出す秋祭 涌羅由美 ホトトギス 201803  
車窓より小さき漁村の秋祭 荒井千佐代 201801  
秋祭町が躍つてをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201808  
酒蔵の香を纏ひつつ秋祭 稲畑廣太郎 ホトトギス 201810  
過疎といふ絆ありけり秋祭 稲畑廣太郎 ホトトギス 201810  
秋祭落人の里てふ気品 稲畑廣太郎 ホトトギス 201810  
秋祭妖しき神も祀られて 柴田佐知子 201811  
模擬店のカレー作りや秋祭 樺澤やすの 末黒野 201812  
秋祭初の輪投げは残念賞 赤座典子 あを 201812  
面付けて面を商ふ秋祭 能美昌二郎 201901  
兄弟で揃ひの半被秋祭 佐々木あつ子 やぶれ傘 201902  
秋祭終へてまつたき空の朝 善野行 六花 201902  
秋祭村膨らんで弾みけり 涌羅由美 ホトトギス 201903  
里人の白衣ととのふ秋祭 田中とし江 201905 秋祭→ 1

 

2019年9月17日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。