紫陽花 2     100句

今わたしが消える予感す紫陽花へ    田川飛旅子

紫陽花  あぢさゐ  あじさい  四葩  額の花  七変化

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
紫陽花に立てば自づと旅疲れ
山田弘子
円虹
200109
紫陽花の歪な毬もありにけり
片山茂登雄
円虹
200109
ひむかしの脳は紫陽花へとむかう
入江一月
船団
200109
人の守る道説く僧や濃紫陽花
山本潤子
いろり
200109
紫陽花の藍一色に沈む寺
渡辺智佳
遠嶺
200110
雨籠るけふを大事に濃紫陽花
藤木竹志
馬醉木
200110
早房の荒瀬ひびかふ紫陽花忌
岸のふ
馬醉木
200110
紫陽花の白を残して庭暮れぬ
川崎不坐
火星
200110
長楽寺境内紫陽花あかりかな
櫻井康敞
200110
紫陽花や深空にかわほりの震え
金子皆子
海程
200110
眼帯のなか紫陽花の花盛り
田所節子
200110
紫陽花や腕だるげに恋のこゑ
柴田いさを
船団
200110
紫陽花や生きものの匂いの雨を抱く
川島ひとみ
船団
200110
紫陽花に強き日差しのうねりあり
郷田健郎
百鳥
200111
紫陽花ペットボトルに成り済す
菊川貞夫
海程
200111
湧水が流れては流れる紫陽花に
稲葉千尋
海程
200111
紫陽花や父の塔婆に会いに行こう
稲葉千尋
海程
200111
紫陽花の伽藍やがては燃え尽きる
上原輝男
海程
200111
紫陽花や着物を左前に着る
藏前幸子
船団
200111
紫陽花の一毬地蔵をはなやかす
大森ムツ子
ぐろっけ
200111
紫陽花を一枝いただいちゃった老母はは
中島まゆみ
海程
200112
紫陽花の五つの毬の二色に
稲畑汀子
ホトトギス
200206
師の句碑をかこむ紫陽花芽吹きけり
斉藤やす子
春耕
200206
紫陽花や緑の粒のたいらかに
赤座典子
あを
200206
バスタオル天女のやうに濃紫陽花
吉弘恭子
あを
200207
紫陽花の蕾の白き朝の風
市川伊團次
六花
200207
紫陽花に色変へるなと言はれても
市川伊團次
六花
200207
濃紫陽花木綿注連いつか霧に濡る
皆川盤水
春耕
200207
紫陽花はいまだみどり児葉包みに
岡本眸
200207
紫陽花の十分に彩出しきれず
塩川雄三
築港
200208
濃紫陽花どこが頂点かは知らず
塩川雄三
築港
200208
通夜二夜紫陽花いよよ濃くなんぬ
高橋照子
雨月
200208
紫陽花の己が重さに耐へて咲く
喜多初枝
雨月
200208
紫陽花の毬に有情の彩兆す
熊岡俊子
雨月
200208
紫陽花や雨に歓喜の青雫
林翔
200208
紫陽花の風もて風の変化せり
湯本道生
200208
太平記の寺の紫陽花明りかな
辻のぶ子
雲の峰
200208
紫陽花の紺きはまりし七曲り
辻井桂子
雲の峰
200208
紫陽花の一途の紺の殉教碑
西田もとつぐ
雲の峰
200208
描かれし雨の紫陽花古裂展
小峯雅子
酸漿
200208
武家町の低き築地や濃紫陽花
布谷洋子
春耕
200208
紫陽花や青より昏るる小径かな
河合笑子
あを
200208
紫陽花に雨の匂ひの風ありぬ
宮原みさを
花月亭
200208
江ノ電の紫陽花に手の届きさう
矢崎すみ子
200209
濃紫陽花芙美子下宿の庭に佇つ
志村秀子
風土
200209
風ななめ紫陽花にいろ置きにけり
金澤明子
火星
200209
紫陽花の寺より届く招待状
小池槇女
火星
200209
紫陽花のわが両眼をはみ出せり
岩田沙悟浄
円虹
200209
遠山の黒々とあり濃紫陽花
南孝
円虹
200209
紫陽花のよろしき色でありにけり
黒川悦子
円虹
200209
紫陽花の更に濃くなる気配かな
黒川悦子
円虹
200209
紫陽花や水を恋ふかに宿す青
黒川悦子
円虹
200209
紫陽花の雫穴掘る仮住ひ
田中呑舟
火星
200209
結界の紫陽花の彩ととのはず
塩川雄三
築港
200209
谿下り谿を登つて紫陽花園
塩川雄三
築港
200209
紫陽花のみな小ぶりなり色の濃く
長谷川通子
雲の峰
200209
紫陽花や絶えず水音雨情の碑
野口香葉
遠嶺
200209
水路にも信号ありし濃紫陽花
塩野きみ
遠嶺
200209
紫陽花の石段の果て晴れわたる
島すが子
200209
水の影日の影沢の濃紫陽花
岡淑子
雨月
200209
濃紫陽花水音絶えぬ峡の宮
岡本直子
雨月
200209
高坏は弥生の遺品濃紫陽花
河中透水
雨月
200209
高原の紫陽花海の色湛ふ
足立典子
雨月
200209
紫陽花の変化の滝や法の山
朝倉富次
酸漿
200209
彩充たす紫陽花暮光の一たむろ
渡邉友七
あを
200209
紫陽花に触るれば水の重さあり
菊地一枝
200209
色変ふる紫陽花雨を呼びにけり
岸はじめ
ぐろっけ
200209
御堂まで磴を狭めて濃紫陽花
岸はじめ
ぐろっけ
200209
隣家より物言いたげな濃紫陽花
岡敏恵
ぐろっけ
200209
紫陽花を斜交に見る狭き部屋
岡敏恵
ぐろっけ
200209
紫陽花の字も好き床に大輪を
安部美和子
ぐろっけ
200209
紫陽花の庭に招かれカプチーノ
木村幸
200210
真実のいろは何いろ濃紫陽花
中島知恵子
雨月
200210
峰風に触れ紫陽花の色に触れ
大槻秋女
円虹
200210
仁王門より紫陽花の磴となり
大槻秋女
円虹
200210
紫陽花の溶けゆく闇のたゆたひぬ
今村恵子
200210
鉾囃子はるかに雨の紫陽花忌
山下佳子
馬醉木
200211
紫陽花のむらさき濡るる遊子の忌
今井千鶴子
ホトトギス
200211
紫陽花を描く教室静かなり
大塚洋子
酸漿
200211
紫陽花や病みて覚えし介護法
小野寺節子
風土
200304
紫陽花の色のととのふ雨となる
稲畑汀子
ホトトギス
200306
紫陽花の青き蕾とグローブと
竹内悦子
200307
紫陽花のうなづくは風愉しめる
林翔
馬醉木
200308
紫陽花や晴天ときどきは涙
今瀬剛一
対岸
200308
紫陽花のなかごろごろと人の顔
今瀬剛一
対岸
200308
手で押して紫陽花しばらくは弾む
今瀬剛一
対岸
200308
紫陽花を見上げてゐしが足下にも
今瀬剛一
対岸
200308
紫陽花や鏡のごとき碑の面
今瀬剛一
対岸
200308
夫の忌に紫陽花一枝供花に挿す
清水幸子
築港
200308
紫陽花の変化はじめの浅みどり
菅晴太
築港
200308
枯るるまで紫陽花変化怠らず
菅晴太
築港
200308
紫陽花の溢れんばかり大花瓶
亀井幸子
築港
200308
紫陽花の色深くして雨の中
宮崎豊子
築港
200308
紫陽花や去年に優りし今朝の青
若山実
雲の峯
200308
約束の流れしあとの濃紫陽花
川瀬さとゑ
雲の峯
200308
紫陽花や暗渠あんきょに響く雨の音
山口マサエ
雲の峯
200308
紫陽花や水音たつる砂防ダム
中野薫
雲の峯
200308
紫陽花のゆふぐれ手もとより古ぶ
八田木枯
晩紅
200308
湯上りのほてり紫陽花海の色
田中藤穂
あを
200308
紫陽花の毬のはじめの琥珀かな
大橋敦子
雨月
200308

 

2020年6月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。