雪婆 白粉婆    31句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
雪婆それは娘のいびり虫 丸山海道 京鹿子 199903
指させば数殖えつゆく雪婆 鷹岡紫水 京鹿子 199904
雪婆光悦垣を越えかねつ 波多洋子 銀化 200001
秋篠の昼のしじまや雪婆 前阪洋子 俳句通信 200101
雪婆とんで浮瀬亭のあと 大橋敦子 雨月 200101
囃し子ら消えて断崖白粉婆 桐木榮子 船団 200105
校内のポプラ並木や雪婆 須佐薫子 帆船 200402
ただならぬ罷り出でたり雪婆 小野寺節子 風土 200409
「桂郎」の言伝ですと雪婆 小野寺節子 風土 200602
白粉婆畿内一円しずかなる 小形さとる 200605
角曲り出合頭の雪婆 堀田恵美子 雨月 200803
生きてゐる証に飛んで雪婆 大石よし子 雨月 200902
落人の終の家閉づ雪婆 平賀扶人 馬醉木 200903
漂ふも翔つも音なく雪婆 大橋淳一 雨月 200903
雪婆川原の砂は乾きけり 天野美登里 やぶれ傘 201203
諍ひに割つて入りたる雪婆 池田華甲 201302
現住所栂尾町八雪婆 火箱ひろ 船団 201306
雪婆ひるも火点す峡の宿 佐々木新 春燈 201402
雪婆耕馬で老ゆる睫毛かな 和田照海 京鹿子 201403
艮門の錠しかと雪婆 庄司久美子 201503
覚えなき手に払はるる雪婆 押田裕見子 201504
雪婆自動ドアより入りけり 阿部澄 万象 201505
雪婆織田作像の辺に寄れる 大橋晄 雨月 201602
絵馬堂の絵馬の辺に消ゆ雪婆 足立典子 雨月 201603
雪婆の知盛塚に群れゐたる 小林はじめ 六花 201603
雪婆ちひさき膝に来て果つる 高野春子 京鹿子 201604
雪婆を好むも忌むも人の性 小林はじめ 六花 201702
夕刊の届くころなり雪婆 中村風信子 馬醉木 201703
綿負うて当てなき浮遊雪婆 三輪温子 雨月 201703
波郷忌の散歩ここまで雪婆 久留米修二 馬醉木 201802
石庭の寂を深めて雪婆 播磨武子 雨月 201803
雪婆関守石を越えてゆく 西村しげ子 雨月 201902
無縁仏に触れむばかりの雪婆 藤井明子 馬醉木 202002

 

2020年12月10日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。