夜寒 1    200句

猿どのゝ夜寒訪ゆく兎かな   蕪村

夜寒  夜を寒み  宵寒

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
飛火野の闇一枚の夜寒かな 山田弘子 春節 199503  
追ひかけて一人の旅の夜寒かな 山田弘子 春節 199503  
夜寒さやつらつら褪せし齢はも 小栗佳批奈 京鹿子 199901  
秦嶺の夜寒声なく越えにけり 松崎鉄之介 199901  
夜寒さのそのでこぼこの岩rs 飯塚ゑ子 火星 199905  
夜寒山塁のごとしや五条坂 丸山海道 丸山海道全句集 199910  
夜寒さに稿を起こせば捗りぬ 須藤常央 円虹 199912  
岬鼻の夜寒に徹す灯なるべし 岡本眸 199912  
旅よりの夜寒の帰宅とはなりぬ 稲畑廣太郎 「廣太郎句集」 199912  
包丁を研ぐ妻の背の夜寒かな 徳丸峻二 風土 199912  
夜寒さに星空育ち始めけり 須藤常央 円虹 199912  
旅先にゐて夜寒さに書く手紙 須藤常央 円虹 199912  
点きにくき電球ばかり寮夜寒 須藤常央 円虹 199912  
辞書の字の小さすぎたる夜寒かな 須藤常央 円虹 199912  
錨綱引けば夜寒の潮のこゑ 石本秋翠 馬醉木 200001  
桟橋と船の灯むつみあふ夜寒 鷹羽狩行 200001  
夜寒さや覚めて個室の壁白き 政木紫野 馬醉木 200001  
読みすすむほどに夜寒の灯を近く 熊岡俊子 雨月 200001  
耳底に槌一対の夜寒かな 山県總子 銀化 200001  
泊船に夜寒の潮のふくらめる 石本秋翠 馬醉木 200001  
白鳥の碧く暮れゆき夜寒来る 村上光子 馬醉木 200002  
観客の夜寒の頭ばかりかな 早乙女健 200004  
目薬の滴外れし夜寒宿 藏本博美 ぐろっけ 200012  
地震あとの鰥鰥とせる夜寒かな 浜明史 風土 200012  
朝寒に夜寒に聞かな湯揉唄 村越化石 200101  
ていねいに新聞たたむ夜寒かな 保田英太郎 風土 200101  
絹を縫ふ針の光の夜寒かな 宮下本平 200101  
窈窕の漓江明りに夜寒来ぬ 千代田葛彦 馬醉木 200101  
老深き母を宥むる夜寒かな 谷榮子 雨月 200101  
ロンドンの古書街を行く夜寒かな 保田英太郎 風土 200102  
早寝せし一人が欠けし旅夜寒 谷口和子 ホトトギス 200103  
出迎へて夫の夜寒を分かたるる 林敬子 酸漿 200103  
しのびよる夜寒さにふと振返り 谷口和子 ホトトギス 200103  
口に飴ふふみて急ぐ道夜寒 稲畑汀子 ホトトギス 200110  
忌を修し母を見舞ひぬ道夜寒 稲畑汀子 ホトトギス 200110  
三姉妹夜寒の家路別々に 稲畑汀子 ホトトギス 200110  
レストラン出れば夜寒の二人かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200110  
夜寒さの大福の豆睦みあふ 春川暖慕 銀化 200111  
折鶴に息吹き入れる夜寒かな 米澤光子 火星 200112  
首ぬけんばかりに嘆き木偶夜寒 鷹羽狩行 200112  
思考力鈍つてをりし夜寒かな 福井鳳水 円虹 200201  
静けさの音の一つも夜寒かな 福井鳳水 円虹 200201  
蝸牛ででむしに灯りの洩れてゐる夜寒 千代田葛彦 馬醉木 200201  
言の葉の尾の消えてゐる夜寒かな 本郷桂子 円虹 200201  
姨捨の田ごと夜寒の汽笛かな 小宮山勇 遠嶺 200201  
砂時計白々と落つ夜寒かな 山田由利枝 雨月 200201  
写楽絵の月代気になる夜寒かな 水島夜雨 京鹿子 200201  
夜寒さの空見て歩く御堂筋 大山文子 火星 200201  
一灯にまつはる如き夜寒かな 福井鳳水 円虹 200201  
ふと夜寒覚えて稿の進まざる 福井鳳水 円虹 200201  
月の影やどす夜寒の酒の蔵 村上一葉子 200202  
浅草の夜寒ぞよけれ句に集ひ 岡本眸 200202  
センサーで街灯ともる夜寒かな 辻田明 200202  
錠剤をぽとりと落す夜寒かな 浅井千鶴子 いろり 200203  
あきらかに迫る夜寒の救急車 落合伊津夫 馬醉木 200203  
門灯の見えて安らぐ夜寒かな 和田喜智子 酸漿 200203  
頁繰る音に夜寒のつのり来る 高橋たか子 馬醉木 200203  
告知されガンと闘う夜寒かな 篠田三七子 いろり 200203  
一冊の本読みふける夜寒かな 吉岡妙子 ぐろっけ 200204  
終バスを待つ駅前の夜寒かな 望月力男 帆船 200212  
管弦の果てし夜寒を戻るなりり 水原春郎 馬醉木 200212

東大寺大仏

開眼1250年

カクテルの紅を酌む夜寒かな 斉藤由美子 ぐろっけ 200212  
辞書になき語句につまづく夜寒かな 伊藤和枝 百鳥 200301  
黙しゐる夫のそびらの夜寒かな 山田由利枝 雨月 200301  
舞殿に笙を温める夜寒かな 近藤幸三郎 風土 200301  
さるぼぼののっぺらぼうとゐる夜寒 山本喜朗 雨月 200301  
外出より帰りて灯す夜寒かな 岩切久乃 帆船 200301  
灯火延ぶる岬は下北夜寒かな 杉本綾 200301  
愚痴吐けば子に諭されて夜寒かな 刈米育子 200302  
乳匂ふ子のすり寄つてくる夜寒 松田都青 京鹿子 200302  
衿合はす夜寒の道やさびしいぞ 安西静 帆船 200303  
能舞台夜寒の床を踏みならす 岩上とし子 200303  
すなどりの北を目差せる夜寒かな 大郷耕花 草の花 200401  
いつよりか糸切歯無き夜寒かな 井田てるの 草の花 200401  
旅戻りの己が影踏む夜寒かな 阪上多恵子 雨月 200401  
水槽のガラス曇りし夜寒かな 堀博子 火星 200401  
新都心墓碑めく街の夜寒かな 山本無蓋 200401  
教へ子と呑み屋に出会ふ夜寒かな 淵脇護 河鹿 200401  
デルボーの娘の瞳で待ちぬ駅夜寒 山元志津香 西の峰 200401  
星ひとつ夜寒の町の木遣かな 今井松子 遠嶺 200402  
夜寒さの机上に物の溜り出す 坪井洋子 200402  
終着駅まとい付かれし夜寒かな 藤原りくを 八千草 200404  
持込みし琥珀の酒や夜寒宿 赤座典子 あを 200410  
どちらから言ひし夜寒や風つのる 谷口みちる 200412  
バイブルの皮の匂ひの夜寒かな 鈴木智子 草の花 200412  
行平の粥ふつふつと夜寒なる 横森みゆき 雲の峰 200501  
寄合の人を待ちたる夜寒かな 上原敬子 200502  
物言うて応ふ者なき夜寒かな 杉山瑞恵 雨月 200502  
五色豆の白がふえゆく夜寒かな 川勝春 馬醉木 200503  
前をゆく人の曲りてより夜寒 塙告冬 ホトトギス 200503  
新治療迷ひ迷ひし夜寒かな 的場うめ子 ぐろっけ 200504  
あはれ子の夜寒の床の引けば寄る 中村汀女 200507  
湯揉み唄夜寒のこゑのそろひたる 瀧春一 菜園 200509  
時間湯に夜寒の顔のつどひくる 瀧春一 菜園 200509  
地震いかに夜寒いとはれたまへとぞ 稲畑汀子 ホトトギス 200510  
校了の椅子にしばらく居り夜寒 岡本眸 200511  
大辞典夜寒の膝に乗せて見る 三浦如水 ぐろっけ 200512  
たそがれの水底ふくれ夜寒なる 渡邉友七 あを 200512  
散髪屋のみが灯れり街夜寒 定梶じょう あを 200512  
床の間に蒔絵文箱の夜寒宿 赤座典子 あを 200512  
夜寒かな虎の敢へなき四連敗 赤座典子 あを 200512  
迷ひ犬のポスター揺るる夜寒かな 須賀敏子 あを 200512  
枕辺へ猫のすり寄る夜寒かな 芝尚子 あを 200512  
泡沫や白き木道夜寒明 森理和 あを 200512  
しまひ湯のタオル干しをり夜寒かな 斉藤裕子 あを 200512  
子には子の言ひ分のあり夜寒かな 須賀敏子 あを 200512  
折れ曲るやうに労りあふ夜寒 篠田純子 あを 200512  
渾身の長き手紙を書く夜寒 森理和 あを 200512  
左手に右手を重ね夜寒かな 田中藤穂 あを 200512  
こつこつと靴音ついてくる夜寒 竹内弘子 あを 200512  
湯上りの肌ひきしまる夜寒かな 鎌倉喜久恵 あを 200512  
店じまひの貼り紙を見し夜寒かな 早崎泰江 あを 200512  
工事場の裸電球夜寒き 早崎泰江 あを 200512  
われの咳多くなりたる夜寒かな 長崎桂子 あを 200512  
湯上りのパックを剥がす夜寒かな 河島和子 六花 200601  
入院の夜は旅に似て霜夜寒 吉田かずや 春燈 200601  
止め椀に京の夜寒の来たりけり 近藤幸三郎 風土 200601  
寝がへりて夫の背に触る夜寒かな 山本耀子 火星 200601  
夜寒さの星になりたる火の粉かな 林いづみ 風土 200601  
頤の音海馬にひびく夜寒かな 佐藤恭子 あを 200601  
病む妻と夜寒の床に覚めゐたり 徳田正樹 河鹿 200601  
頑張れの言葉のみこむ夜寒かな 稲嶺法子 遠嶺 200602  
夜寒さに夫の遣影を仰ぎをり 柳生千枝子 火星 200602  
母病めば夜寒の床に覚め居たり 徳田正樹 河鹿 200602  
思ひきや入院指示来夜寒かな 山田をがたま 京鹿子 200602  
買つて來しものに夜寒のさくらもち 久保田万太郎 春燈 200603  
ころころと薬まろばせたる夜寒 大橋敦子 雨月 200611  
夜寒さや凭れ合ひたる本と本 近藤喜子 200612  
盲猫畳すりくる夜寒かな 鎌須賀礼子 万象 200612  
読みすすむ次の頁らある夜寒 豊田都峰 京鹿子 200701  
夜寒さの壁に奇妙なステンシル 野口光江 遠嶺 200701  
さみしらに猫にもの言ふ夜寒かな 見田英子 春燈 200701  
しんと夜寒夫の遺影を仰ぎをり 柳生千枝子 火星 200703  
落した薬すぐに拾つて飲む夜寒 篠田純子 あを 200703  
用一つ済ます夜寒の机かな 久保田嘉郎 酸漿 200712  
夜寒とは別の寒さが背に残る 藤井昌治 200801  
別れ来て夜寒の衿をかき合はす 小泉良子 200801  
夜寒さの錠剤まろび易きかな 坪井洋子 200802  
夜寒さや蛇口を漏れる水の音 小城綾子 200802  
夜寒さの枕の窪み深くして 佐藤郭子 200802  
聞き澄ます夜寒の母の息づかひ 本杉千保子 万象 200802  
温くして子が寝ねよとふ夜寒かな 落合由季女 雨月 200802  
独り棲む吾に夜寒の押し寄する 中山三渓 200802  
一冊に頬と頬寄る夜寒かな いしだゆか 遠嶺 200802  
すみわたる遠吠ひびく夜寒かな 菊谷潔 六花 200805  
人生の縮図集めて駅夜寒 稲畑廣太郎 ホトトギス 200810  
忌心に夜寒の帰路となりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200810  
予期せざる夜寒の星となられたる 稲畑廣太郎 ホトトギス 200810 悼佐藤千代子様
不夜城といふ明るさの夜寒かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200810  
足だけを夫に添はせる夜寒かな 斉藤裕子 あを 200812  
残生の仄見えてくる夜寒かな 永峰久比古 馬醉木 200812  
夜寒かな國友鉄砲火薬店 中村洋子 風土 200901  
背すぢより夜寒の入りて禅書読む 薗田英治 遠嶺 200901  
けふよりもあしたの夜寒派遣村 佐藤恭子 あを 200902  
宿さがし鮪丼食む夜寒かな 松本和子 酸漿 200904  
またたける夜寒の星の名を知らず 八田木枯 晩紅 200908  
恐れたることが起りて夜寒かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200910  
夜寒さや書斎にこもる孤独癖 佐藤喜仙 壁炉 200911  
ただ一語妻のつぶやく夜寒かな 川崎光一郎 京鹿子 201001  
百数へ痛みをそらす真夜寒し 山田をがたま 京鹿子 201002  
夜寒の犬走りを忘れ散歩型 禰寝瓶史 京鹿子 201002  
二時間のサスペンス見る夜寒かな 網野茂子 酸漿 201002  
門灯の古りて瞬く夜寒かな 藤井美晴 やぶれ傘 201003  
鳴き龍の目の血走れる夜寒かな 空音 六花 201003  
一人居の京の夜寒でありしかな 安原葉 ホトトギス 201003  
自らのぬくみに気付く夜寒かな 高橋将夫 201011  
布裁ちぬ夜寒の息を整へて 山仲英子 201011  
目薬の一滴それし夜寒かな 芝尚子 あを 201012  
レントゲンに持病の二文字夜寒かな 安永圭子 風土 201101 愛犬「ボン」
介護レポート夜寒の筆のはかどらず 高村和子 春燈 201101  
子を当てにせじと思へど夜寒かな 嶋津泰子 酸漿 201101  
今見し夢巻き戻しゐる夜寒かな 久世孝雄 やぶれ傘 201101  
わだつみの祭夜寒の灯を仰ぐ 田中臥石 末黒野 201101  
頁繰る指先にある夜寒かな 松本三千夫 末黒野 201201  
風の棕梠夜寒の音を鳴らしけり 大橋伊佐子 末黒野 201201  
ココア注ぎ分くる夜寒のマグカップ 坂場章子 201202  
終電の遠のく尾灯夜寒し 長尾良子 末黒野 201202  
夜寒さの墨絵のごとし渡月橋 長尾良子 末黒野 201202  
夜寒かな辻占ともす煉瓦道 三枝邦光 ぐろっけ 201202  
発車ベル響くホームの夜寒かな 長尾良子 末黒野 201202  
ビーズ玉床にこぼるる夜寒かな 藤井久仁子 ぐろっけ 201202  
生誓ふ夜寒の崖に幕下りる 禰@寝瓶史 京鹿子 201203  
過ぎしこと熱く語つている夜寒 高橋将夫 201211  
歳時記に家計簿重なる夜寒かな 和田政子 201212  
もののけの戸板に当たる夜寒かな 田尻勝子 六花 201212  
潮騒におけさ節聞く夜寒かな 竹内悦子 201301  
年ばかり重ねて夜寒疎ましき 大橋敦子 雨月 201301  
夜寒さに阿波野青畝忌惟みて 大橋敦子 雨月 201301  
木曽谷の闇の底なる夜寒の灯 柴田良二 雨月 201301  
半分は居眠るドラマ夜寒かな 村上倫子 201301  
夜寒さを洋酒の壜の琥珀色 松本三千夫 末黒野 201302  
したたむる別れの文や通夜寒し 尾崎みつ子 雨月 201302  
冬鳥のこゑや「夜寒の句碑」翳る 田中貞雄 ろんど 201303  
わが立てし音に驚く夜寒かな 中村房子 馬醉木 201303  
追悼のこどば聴いてゐる夜寒かな 鴨下昭 201305

河野香苑氏

を悼みて

己が手で手を温める夜寒かな 高橋将夫 如意宝珠 201306  
ひきつづく十一月の夜寒かな 島谷征良 風土 201311  
夜寒の肩古湯坊の湯に叩かせる 瀧春一 花石榴 201312  
夜寒さや藁の匂ひの文庫本 瀧春一 花石榴 201312  
孫の手の背中を滑る夜寒かな 上谷昌憲 201401 夜寒→2

 

2019年11月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。