夜長         100句

とけい屋が夜長のがらす戸に幕を   長谷川素逝

夜長   長き夜

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書き・その他
岬よりも沖の明るき夜長かな 山田弘子 春節 199503  
姫のあと坊主をめくる夜長かな 土井田晩聖 銀化 199810  
日記書く友と夜長の蜀の旅 松崎鉄之介 199811  
武満の曲や夜長に溶け終る 宮津昭彦 199811  
八月やすでに夜長の木々のいろ 岡本眸 199812  
夜長こめ二千キロなる蜀の旅 松崎鉄之介 199901  
イソップの世界に母と子の夜長 柴田良二 雨月 199902  
明日へ靴拭ひて旅の夜長かな 岡本眸 199902  
タコ足のコードをたぐる夜長かな 小倉喜郎 船団 199903  
石刻み人の数だけ夜長かな 今木偉郎 199910  
彫金の音続きゐる夜長かな 三代川次郎 俳句通信 199910  
ずるずると昨夜の夜長を引きずりて 稲畑廣太郎 ホトトギス 199911  
木綿糸夜長の灯しつなぎゐる 宇都宮滴水 京鹿子 199911  
塞翁が馬なる話夜長かな 桑垣信子 いろり 199911  
忘れゐしこと思ひ出す夜長かな 白鳥婦じゑ 酸漿 199912  
世の雑事遠くにしたる島夜長 高濱朋子 円虹 199912  
夜長とて羹のあと待たせけり 宮津昭彦 199912  
踊りけり旅の夜長のカンツォーネ 上原瑞子 199912  
周平の本読み終へし夜長かな 高橋作之助 俳句通信 199912  
書を伏せて眼鏡拭きゐる夜長かな 小田悦子 俳句通信 199912  
昭和四年読了父偲ぶ夜長かな 大野正雄 俳句通信 199912  
いつまでもガム噛んでゐる夜長かな 近藤千雅 船団 199912  
銀色の尻尾が欲しい夜長かな 津田このみ 月ひとしずく 199912  
ペン措けば夜長つぶやく魔法びん 新井田操 酸漿 200001  
待たさるることにもなれて夜長かな 大平保子 いろり 200001  
意を得つつ読み進むなる夜長かな 三村純也 ホトトギス 200002  
天金の聖書ひもとく夜長妻 林友次郎 遠嶺 200002  
父逝きて母に夜長のはじまれり 唐木和世 200002  
老眼鏡壊して今日の夜長かな 木下仁司 200002  
途中にて箸置きゐたる夜長かな 竹内悦子 200003  
とろろ昆布舌にあそばす夜長かな 坂井まさき 六花 200003  
逃げし魚両手が語る夜長かな 鶴目鯛遊子 六花 200003  
舞良戸の鶴富屋敷夜長なる 松崎鉄之介 200003  
子羊も一匹とする夜長かな 塩見恵介 虹の種 200005  
行者径ここに尽きけり夜長の灯 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
又電話鳴りて夜長でありしかな 稲畑汀子 ホトトギス 200009  
自販機の酒も尽きたる夜長かな 朝妻力 俳句通信 200010  
女の長所短所夜長の母と妻 阿部寒林 200010  
ああ夜長同じニュースを何度聞く 林翔 200011  
母逝きて書き物多き夜長妻 松宮幹彦 俳句通信 200011  
寝返ればふぐりの熱し夜長かな 保坂加津夫 いろり 200011  
老らくの恋てふ夜長さびしかり 大平保子 いろり 200011  
筆まめと云へない便り書く夜長 熊谷みどり いろり 200011  
夜長てふ眠れぬままの救急車 熊谷みどり いろり 200011  
あと一息解けぬ智恵の輪夜長かな 中川濱子 ぐろっけ 200011  
着信音下げて夜長の稿を継ぐ 吉川智子 200012  
目ぐすりを差して蓋してより夜長 庄中健吉 200012  
聖堂の絵硝子点る夜長かな 永野由美子 円虹 200012  
神学校夜長の講義ありにけり 永野由美子 円虹 200012  
小面を掛けてはじまる夜長かな 柳沢杏 酸漿 200012  
ランタンでiモード打つ夜長かな 岡田万壽美 俳句通信 200012  
産院の窓の明かりも夜長かな 川瀬里江 俳句通信 200012  
墨の香の部屋に満ちたる夜長かな 山崎赤秋 春耕 200012  
家庭とは電気と水の夜長かな 保坂加津夫 いろり 200012  
東京の地図に丸つけ夜長かな 熊谷みどり いろり 200012  
震度五の古里思ふ夜長かな 柴田美佐子 いろり 200012  
子の名付け夜長に祖父も来て波乱 諏訪痴花女 ホトトギス 200101  
なまじ聞く羽目か夜長の恋談義 諏訪痴花女 ホトトギス 200101  
酒場へと夜長を逃げてきし一人 富阪宏己 ホトトギス 200101  
酒場には酒場の夜長ありにけり 富阪宏己 ホトトギス 200101  
酔ひどれの夜長の路地にまぎれけり 富阪宏己 ホトトギス 200101  
独りとは独りで何もかも夜長 副島いみ子 ホトトギス 200101  
することの多きわたしは夜長好き 副島いみ子 ホトトギス 200101  
贅沢な独りの夜長楽しめず 田中南嶽 ホトトギス 200101  
母逝きて炊事洗濯する夜長 田中南嶽 ホトトギス 200101  
俳諧に拠りて夜長の灯を消さず 田中南嶽 ホトトギス 200101  
事務終へて夜長への歩を進めをり 浅利恵子 ホトトギス 200101  
会果てし夜長打楽器絃楽器 石川星水女 ホトトギス 200101  
セレナード夜長の心満たしけり 石川星水女 ホトトギス 200101  
幾たびも譜面に加筆して夜長 石川星水女 ホトトギス 200101  
亡き父の日記読み継ぐ夜長かな 大久保白村 ホトトギス 200101  
山荘のひとつ灯に寄る夜長かな 武井美代子 風土 200101  
看護士の白にも慣れて夜長かな 板倉勉 六花 200101  
表具師の道一すぢに夜長の灯 長浜好子 円虹 200101  
夜長てふ遅遅とすすまぬ読書かな 茂木とみ いろり 200101  
入浴剤入れて夜長を満喫す 中野辰子 いろり 200102  
電子辞書にはまる夜長や誕生日 金子里美 船団 200105  
ホテルの灯消して夜長の宿りかな 稲畑汀子 ホトトギス 200110  
早寝して夜長の稿を朝に継ぐ 稲畑汀子 ホトトギス 200110  
五尺の身つくづく五尺の夜長かな 林翔 馬醉木 200110  
第二楽章くりかへし聴く夜長かな 長尾康子 風土 200111  
人恋ひし獣伝説夜長の灯 黒田貴勢 京鹿子 200111  
十年の節目の重き夜長かな 桑垣信子 いろり 200111  
パソコンに心奪われ夜長かな 渡邊仁 いろり 200111  
百薬の長を一盞夜長来る 村越化石 200111  
廃駅となりしベンチに夜長の灯 旦昭三 俳句通信 200111  
三姉妹老いて慰む夜長かな 久保田一豊 いろり 200112  
ふくらはぎ撫でて夜長をゆったりと 中野辰子 いろり 200112  
安請合また悔いてゐる夜長人 能村研三 200112  
片口の酒を夜長の人思ひ 河合笑子 あを 200112  
頬杖のくづれに目覚む夜長かな 福山広秋 200201  
夜長人魍魎譚を読み飽かず 小林かいう 200201  
物書に物音ひとつなき夜長 守屋井蛙 酸漿 200201  
海女小屋を閉ぢ鍋釜に夜長かな 藤野智弘 200201  
ずんだ餅食べて夜長を里訛 森洋子 200201  
一心に川音を聞く夜長かな 半澤佐緒里 百鳥 200201  
「ル・モンド」を選ぶ夜長の帰国便 平田倫子 百鳥 200201  
頬杖の杖を解かざるまま夜長 長田等 200201  
灯を消してよりの夜長と思ひけり 高山瑞恵 200201  
泣き寝せし涙の痕の夜長かな 安食守 200202 夜長 2

 

2014年9月2日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。