夜 釣   46句

夜振  夜焚  夜釣

夜釣から明けてもどつた小さい舟だ   尾崎放哉   大空

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書・その他
夜釣やてうそついたはるわかるもん 平井奇散人 船団 199811  
夜釣り舟一つ出てゆく宵の口 岩谷昭三 199901  
夜釣り火に涙腺刺激されてをり 富村波聴 六花 200007  
夜釣り火や床にぬくもり残りけり 富村波聴 六花 200007  
あはあはと夜釣り火海に消えゆけり 富村波聴 六花 200007  
まつりめく灯り淋しき夜釣りかな 山仲英子 200008  
夜釣火の闇のつづきに橋掛 延広禎一 200108  
濤音の夜釣に月のあがりけり 川口襄 遠嶺 200109  
オリオンや夜釣の客の出港す 武田眞砂 百鳥 200202  
夜釣火の闇にひとつはあの世めく 関口ゆき あを 200210  
敗戦日夜釣の浮子の青光り 村上喜代子 百鳥 200211  
黒き闇一つ夜釣の火を置きぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200306  
夜釣の火日本海の闇深し 稲畑汀子 ホトトギス 200306  
看護士が呼びに来て釣る夜釣かな 久保一岩 雲の峰 200410  
細き月沈みてよりの夜釣人 今井千鶴子 ホトトギス 200411  
柄杓星傾き移り夜釣舟 河野美奇 ホトトギス 200411  
夜釣火や波の底より人の声 堀義志郎 火星 200411  
巨人ファン阪神ファンも夜釣人 稲畑廣太郎 ホトトギス 200412  
その中に社長も並び夜釣人 稲畑廣太郎 ホトトギス 200506  
島の灯を離れて遠き夜釣舟 藤井昌治 200508  
浮子の灯を見てゐるだけの夜釣かな 谷口外穂 200510  
莨火がちらほら黒鯛ちぬの半夜釣 神蔵器 風土 200608  
蒼き月かかげて志摩の夜釣舟 小山香月 酸漿 200609  
世にうとくなりゆくばかり夜釣の灯 藤井昌治 200609  
魚市場の埠頭に集ふ夜釣人 出来由子 200708  
夜釣舟忌明けの友を誘ふも 平賀扶人 馬醉木 200807  
宗谷なる沖指し行けり夜釣船 名取袿子 200811  
夜釣人板一枚の橋渡る 鎌倉喜久恵 あを 200907  
夜釣より帰りし夫の高いびき 佐藤和子 万象 200910  
芦屋浜シーサイドタウンの夜釣 稲畑廣太郎 ホトトギス 201006  
夜釣人闇が包んでゆきにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201006  
夜釣よりもらふ寡黙と莨火と 伊藤 白潮 201008  
夜釣火をはるかにかぞへ島泊り 泉田秋硯 201009  
良く釣れる夜釣それぞれ忍び声 鈴木良戈 201108  
夜釣舟星座いくつをうち被り 岡本まち子 馬醉木 201110  
挨拶の覚えある声夜釣かな 松原悦子 万象 201111  
潮を読み日和たしかむ夜釣舟 綿谷ただ志 馬醉木 201409  
夜釣船かすかにきしむ櫂の音 鈴木一広 201410  
流れ星夜釣の竿の鈴が鳴り 定梶じょう あを 201412  
人居らず夜釣の為の準備かも 稲畑廣太郎 ホトトギス 201507  
突堤に灯りひとつの夜釣かな 天野美登里 やぶれ傘 201508  
煙草の火見えて夜釣りをするかげも 大崎紀夫 虻の昼 201510  
夜釣りかな円い海に星落つる 関 桂二 201603  
夜釣人のひと言交はしあとの黙 堀田順子 馬醉木 201709  
夜釣人待つ水嵩でありにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201806  
ベストの背蛍光したる夜釣人 玉服部早苗 201811  

 

2019年5月16日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。