夜 振   36句

夜振  夜焚  夜釣

殺生の火のうつくしき夜振かな   高島茂   鯨座

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書・その他
夜振浜引きずつて来し流木焚く 古里蝶次 199908  
癌ぼやけ遠くなりたる夜振の灯 三浦勲 199909  
夜振火やもとより魚に火難あり 丸山海道 丸山海道全句集 199910  
夜振人らし最終のバス降りし 能村登四郎 芒種 199911  
夜振りの火かざせば風の集まりぬ 櫨木優子 199912  
四万十の川面を照らす夜振りの火 真鍋瀧子 ぐろっけ 200011  
夜振漁魚籠にあばれる大鯰 酒井ひろ子 200108  
四万十川の闇をそびらに夜振の火 片山由美子 200205  
古りし世の余呉の夜振の火なりけむ 中杉隆世 ホトトギス 200209  
遷宮の祭の如く夜振りの火 森田博 200309  
夜振火に声掛けたくて歩を急ぐ 泉田秋硯 200409  
夜振火の四番の網をたぐるなり 藤田あけ烏 草の花 200410  
岩鼻の向かうの照らふ夜振かな 藤田あけ烏 草の花 200410  
解禁の鮎に夜振の舟揃ふ 密門令子 雨月 200411  
方丈記いま夜振火の最中なり 高橋将夫 星の渦 200507  
妹は夜振の馬穴提げどほし 大西八洲雄 万象 200508  
四万十の夜振りは魚の鬼火とも 品川鈴子 ぐろっけ 200508  
もう少し振らねば夜振火とは言へず 高橋将夫 200509  
夜振火や魚らはてなと寄り来たり 中田みなみ 200509  
夜振火や一駅なれど旅心 宮尾直美 200510  
旅人として夜振火にあづかりぬ 上野泰子 対岸 200511  
火の粉みな星となりゆく夜振かな 鷹羽狩行 200607 「燎」十周年を祝して
川上へ小さくなりゆく夜振の火 滝沢伊代次 万象 200608  
夜振火の片手さぐりに岩傳ひ 瀧春一 200706  
星よりも雲うつくしき夜振かな 鷹羽狩行 200707  
臑に魚はね当たりたる夜振かな 山田六甲 六花 200708  
夜振火の消えて海鳴り俄なる 吉田かずや 春燈 200808  
夜振火を突きつけられし川の闇 吉村摂護 200809  
夜振火のちろちろちろと眠くなる 吉田政江 201009  
夜振火のカンテラ提げて岩場ゆく 水谷靖 雨月 201109  
夜振火にドガの踊り子飛び込める 柳川晋 201208  
くるぶしに魚の当たってゆく夜振 山田六甲 六花 201309  
とびしまのしほさゐばかり夜振舟 和田照海 京鹿子 201510  
岩を噛む白波照らし夜振かな 横山昭子 雨月 201512  
夜振火に闇がぐるりと巻きつきぬ 高橋将夫 201609  
夜振火に浮ぶ人影ふと怖し 熊岡俊子 雨月 201611  

 

2017年5月15日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。