わかめ    12句

若布  和布  わかめ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
窓開けて入るる潮の香わかめ汁 八染藍子 200006  
干若布くぐりてわかめ買ひに来し 武井美代子 風土 200006  
鳶日和わかめ日和と思ふべし 古屋道子 200206  
茹わかめざぶざぶ洗ひ緑濃き 古屋道子 200206  
わかめ干す浜を伝へば大根干し 板橋智恵子 百鳥 200404  
浮橋を里と呼ぶ女わかめ漁 加藤たかね 風土 200706  
湯の中に初物わかめうすみどり 高木千鶴子 酸漿 200807  
佐渡沖の香ふふみて新わかめ 石川元子 酸漿 200906  
筍の歯ざわり感やわかめ和 桂敦子 201007  
復興わかめ有楽町に求めけり 岩本紀子 201205  
新わかめ茹で玄海の色となる 野畑さゆり 201208  
干しわかめ紙の音して仕舞はるる 升田ヤス子 六花 201805  

 

 

2019年4月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。