玉蜀黍     22句

赤んぼに抱き抱へられ玉蜀黍    呉田刈歩

もろこし  玉蜀黍  唐黍

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
盆礼に玉蜀黍を持たせけり 野沢しの武 風土 199811  
雲合いや玉蜀黍のひげ伸びる 中原幸子 遠くの山 200010  
にこやかに玉蜀黍の粒そろひ 斉藤小夜 風土 200011  
片恋や玉蜀黍の穂のねばり 利根川博 銀化 200011  
研ぎたての包丁で切る玉蜀黍 古井君枝 ぐろっけ 200011  
玉蜀黍に亡夫の菜園懐しむ 木戸波留子 いろり 200108  
男ひとり玉蜀黍を昼餉とす 大串章 百鳥 200110  
玉蜀黍粒びつしりと終戦日 土屋酔月 火星 200110  
借り農園玉蜀黍が境界線 府川みよ子 200311  
玉蜀黍熊に盗られぬうちに穫る 佐々木とく子 200411  
ふるさとの玉蜀黍を飽かず食ふ 市川翠峯 200411  
玉蜀黍歯の躊躇つてをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200509  
丸齧りしたき白桃玉蜀黍 植田利一 春燈 200910  
新聞の上に玉蜀黍二本 高田令子 200911  
玉蜀黍並んで食べて飛鳥かな 谷村幸子 201102  
蚊くすべに玉蜀黍の髭を干す 山田六甲 六花 201208  
祭来る玉蜀黍に髭の出て 岩木茂 風土 201311  
ひつそり閑として玉蜀黍の花 布川直幸 201407  
うり坊の玉蜀黍畑に消えて行く 大日向幸江 あを 201410  
笊かぶせ湯気立ち上る玉蜀黍 斉藤裕子 あを 201510  
玉蜀黍食ふ一心になりてをり 野沢しの武 風土 201610  
玉蜀黍のひげを集めて尉と姥 高木晶子 京鹿子 201910  

 

2020年8月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。