もろこし     60句

病膳にもろこしの期のまばゆき日   長谷部朝子   暖流

もろこし  玉蜀黍  唐黍

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
もろこしを咲かせ結核療養所 山尾玉藻 火星 199907  
菜園のとうもろこしは歯ぬけなり 長谷川鮎 ぐろっけ 199910  
ひぐらしやもろこしの皮そり返り 浜口高子 火星 200010  
産み月の牛にもろこし茹でにけり 富岡伸子 春耕 200109  
ひと畝のとうもろこしに夕日さし 中道錦子 200208  
もろこしを焼き望郷の山河あり 渡邉友七 あを 200210  
素顔なりもろこし焼をよく噛んで 佐藤よしい 風土 200211  
応援部焼くもろこしやボート場 本山卓日子 京鹿子 200211  
もろこしを干して山家の窓塞ぐ 野田光江 雨月 200212  
裕次郎忌たうもろこしを二本食ふ 伊藤白潮 200309  
住めば都たうもろこしの花ざかり 伊藤春生 帆船 200309  
もろこしで髭をこしらえ鬼に化け 八木紀子 ぐろっけ 200309  
もろこしを食ぶる峠も阿蘇のうち 阿波野青畝 ぐろっけ 200309  
とうもろこし実の髭育ち雨兆す 島崎勇作 酸漿 200310  
焼もろこし積みて早出の客を呼ぶ 阿部文子 酸漿 200310  
もろこしの髭の日々濃くなりにけり 兼子栄子 酸漿 200310  
茄子の馬もろこしの尾のふさふさと 三好かほる 万象 200410  
もろこしの隊列くがねなしてけり 大橋敦子 雨月 200410  
子の泣ける家もろこしを焼く匂ひ 土屋酔月 火星 200411  
三人に書けりとうもろこしの礼 伊藤白潮 200508  
もろこしに移民せし日を語る人 稲畑廣太郎 ホトトギス 200509  
千代田区に曳き売のくるたうもろこし 杉浦典子 火星 200510  
お談義はたうもろこしの茹で加減 佐々木新 春燈 200512  
にほひくる焼きもろこしの香に至福 二村蘭秋 雨月 200601  
もろこしの皮の重層一気に剥く 服部早苗 200602  
とうもろこし釜茹でにして米を見ず 瀧春一 瓦礫 200606  
もろこしの茹で湯を馬のよろこべり 滝沢伊代次 万象 200609  
観音坂魔除けもろこし焼く匂ひ 河島瑞子 万象 200612  
もろこしの振分け干しや藁庇 渡部節郎 200612  
もろこしや谷間ヴァリーと呼ばれてゐる大地 柳川晋 200711 サクラメント
拓農の焼もろこしを観音に 手島南天 万象 200801 浅間山噴火の死者祀る
唐もろこし乱食ひをして叱られる 椿和枝 200910  
一本のたうもろこしを持てあまし 鎌倉喜久恵 あをかき 200910  
病食にたうもろこしの初を食む 岡野ひろ子 201009  
もろこしや囲碁名人のにきび顔 高橋泰子 201010  
とうもろこしのハーモニカ食ひ成長期 杉本綾 201011  
にににににとうもろこしにかぶりつく 貝森光洋 六花 201012  
唐もろこし年月ほぐすやうに食ぶ 椿和枝 201110  
きしきしとたうもろこしを採りにけり 大島英昭 やぶれ傘 201111  
青臭し初もろこしの直売所 赤座典子 あを 201208  
もろこしの大束小束太梁に 松岡和子 201211  
車座の黙つてかじる焼もろこし 河崎尚子 火星 201211  
かさかさと昼のとうもろこし畑 大崎紀夫 やぶれ傘 201309  
唐もろこし齧る歯並の良き媼 北尾章郎 201311  
もろこしのひげの湿りてをりにけり きくちきみえ やぶれ傘 201311  
秋の雨たうもろこしがお買得 吉成美代子 あを 201312  
北国のもろこし届くクール便 島玲子 風土 201312  
もの捜せば見つけてたうもろこしの種 定梶じょう あを 201405  
土饅頭囲みたうもろこし育つ 江見悦子 万象 201410  
ジム帰りたうもろこしを求めけり 松村光典 やぶれ傘 201410  
もろこしを焼くや焦げ目の醤油の香 新井八重子 末黒野 201412  
白昼夢たうもろこしの髪を梳く 堀内一郎 堀内一郎集 201412  
もろこし焼く子らは遠くに離れ住み 多方清子 雨月 201501  
取れ立てのもろこしほぐす離乳食 大内和憲 万象 201511  
朝市のもろこし青き匂ひかな 大橋伊佐子 末黒野 201512  
にはとりの鳴いてたうもろこしの花 根橋宏次 やぶれ傘 201609  
ひとしきりたうもろこしを手折る音 根橋宏次 やぶれ傘 201611  
事故現場トウモロコシが立っていた 秋山泰 船団 201702  
もろこしの花堂々と一坪に 窪みち子 201712  
つぎはぎの夢に弟焼きもろこし 田中藤穂 あを 201810  

 

2019年8月11日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。