天高し 1     100句

天高し歩くと道が伸びるなり    池田澄子

天高し  秋高し  空高し

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
飛ぶ鳥の自在にまこと天高し 林翔 199811  
摩天崖の牧畑に馬天高し 松崎鉄之介 199811  
抗癌剤効果ある身に天高し 三浦勲 199811  
時計みてまだある仕事天高し 丸山佳子 京鹿子 199812  
刃こぼれのやうな生存天高し 田中亜美 海程 199902  
天高し亀の子束子あおむけに 寺田良治 船団 199903  
天高しゲーム終了ホイッスル 黒田さつき 船団 199903  
レトルトも別姓もいい天高し 中林明美 ヒッポ千番地 199905  
風禍置き去りてゆきしも天高し 稲畑汀子 ホトトギス 199910  
天高く直路直歩の杖弾む 田口泡水 風土 199910  
山頂へ伸びる国道天高し 森脇恵香 俳句通信 199910  
石あれば腰を下ろして天高し 村越化石 199911  
背山よりパラグラィダー天高し 有賀たもつ 遠嶺 199911  
天高し一人に広き部屋となる 大平保子 いろり 199911  
天高しつい半袖で出掛けたり 熊谷みどり いろり 199911  
紋彫の伝統工芸天高し 林田圓 京鹿子 199912  
新しきザビエルの像天高し 高橋作之助 俳句通信 199912  
上棟の木槌の木霊天高し 上市良子 俳句通信 199912  
月ケ瀬の朱塗りの橋や天高し 清水勝年 俳句通信 199912  
言ふことのなくなるほどの天高し 冨田正吉 199912  
シプリアニ大司教天高きより 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
天高しキリンと一緒にハイポーズ 黒田さつき 船団 199912  
恋なんてと歌ふおばさん天高し 橋場千舟 船団 199912  
天高く大阪人の早歩き 津田このみ 月ひとしずく 199912  
天高く浅間嶺の胴肥ゆるごと 林翔 馬醉木 200001  
球場に母校の校歌天高し 及川永心 200001  
ソウルの天高し広しと仰ぎけり 江木紀子 雨月 200001  
天高しカッパエビセン食べてゐる 保坂加津夫 いろり 200001  
天高し声の返らぬ人増えて 大平保子 いろり 200001  
天高し気分癒しの散歩する 熊谷みどり いろり 200001  
天高し大橋子午線の海跨ぐ 水島夜雨 京鹿子 200001  
島へ橋島からも橋天高し 鷹羽狩行 200002

高橋智子句集

『おのころ島』序句

潮引いて島と地つづき天高し 八染藍子 200002  
迫従を許さぬ主峰天高し 長田等 200002  
天高し麟麟の首はもう伸びず 三浦如水 ぐろっけ 200002  
天高し過剰人口より出たし 本橋怜加 冬牡丹 200003  
天高し背中の翼のびる午後 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
天高肥馬満員立ち喰いうどん店 島津亮 海程 200004  
天高し白一色の博物館 吉野のぶ子 八重櫻 200008  
同型のベランダ二百天高し 塩路隆子 精鋭選集 200008  
天高し飼はれて観光用の馬 小林呼渓 200009  
天高しぼけ除けと云ふ大太鼓 朝妻力 俳句通信 200010 数河高原
天高し壁にワニ飛ぶ博物館 中原幸子 遠くの山 200010  
人生の秋天高からず今日ここに 保坂さよ いろり 200010  
生命線しかと繋がり天高し 水原春郎 馬醉木 200011  
天高し牧の牛背にポーズとる 高村洋子 遠嶺 200011  
天高きことのあきらか富士仰ぐ 鷹羽狩行 200011  
花さびた天高ければいや白し 渕江千代 酸漿 200011  
軽トラで届く大綱天高し 朝妻力 俳句通信 200011  
天高し死の贅沢を知りをるか 保坂加津夫 いろり 200011  
天高し夫との会話かみあはず 熊谷みどり いろり 200011  
天高したがひに齢のさばよんで 松沢久子 いろり 200011  
天高し身をふるはせて赤子泣く 松木実 200012  
天高し野に一列のポプラの木 菊地惠子 酸漿 200012  
天高し馬とどめてふ文化財 宮永順子 俳句通信 200012  
虚子門の師系脈々天高し 高橋照子 雨月 200012  
天高し人を離るるかに高し 亀田愚風 銀化 200012  
昨日より一転したる天高し 二瓶洋子 六花 200012  
天高し羽根を拾へば吾も鳥 土田栄 200012  
闘牛の鼻綱抛り天高し 島田万紀子 馬醉木 200101  
天高し飛騨からくりの三番叟 山本雅子 馬醉木 200101  
噴煙の上に噴煙天高し 杉本艸舟 200101  
観覧車いま頂点に天高し 杉本艸舟 200101  
天高し獅子の口から人の顔 山本耀子 火星 200101  
天高く貝殻骨を痒がりぬ 山田三江子 200101  
天高し大海原に鯛の群れ 有山光子 遠嶺 200101  
句を語り人を語りて天高し 阪上多恵子 雨月 200101  
讃岐富士聳へ晴天高うする 柴田奈美 銀化 200101  
天高し水の流れのやうに生き 柴田美佐子 いろり 200101  
餌ねだるボス猿の手や天高し 茂木とみ いろり 200101  
子ら扮す天使も列に天高し 橋本幸子 円虹 200102  
天高し聖体行列おごそかに 橋本幸子 円虹 200102  
天高し行者返しと呼ぶ岩場 若江千萱 雨月 200102  
大仏を遠巻きの子等天高し 大石喜美子 雨月 200102  
天高し園の遊具も宙返り 荒木治代 ぐろっけ 200102  
天高く大雁塔を聳えしむ 宮原悦子 雨月 200103  
散骨の意志以て仰ぐ天高し 泉田秋硯 月に逢ふ 200103  
天高きことを申して除幕式 泉田秋硯 月に逢ふ 200103  
初めてのパソコン通信天高し 芳賀雅子 航跡 200108  
天高し句碑の心に触るる旅 稲畑汀子 ホトトギス 200110  
予定とは増えてゆくもの天高し 稲畑汀子 ホトトギス 200110  
迷ひなく予定こなして天高し 稲畑汀子 ホトトギス 200110  
解決の目途も立ちたる天高し 稲畑汀子 ホトトギス 200110  
天高し庭師の音のはじまりぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200110  
天高く梯子は足裏知りつくし 中原道夫 銀化 200110  
天高し首のバランス確かめる 稲用飛燕 船団 200110  
東尋坊片道切符で天高し 保坂加津夫 いろり 200110  
薄濁る音のケーナや天高し 桑垣信子 いろり 200110  
そのこころ遠くにありて天高し 大田かづみ いろり 200110  
天高し山を仰いで爺と婆 熊谷みどり いろり 200110  
天高しノルウェー大使にママチャリ 佐藤喜孝 あを 200110  
天高しもの云ふわれの疎外感 松沢久子 いろり 200111  
人の世の暗いニュースや天高し 相沢健造 いろり 200111  
天高し僧の掃きゐる句碑の庭 大田かづみ いろり 200111  
天高し体重計に乗るこわさ 浅井千鶴子 いろり 200111  
ゴッホ見て余韻の切れず天高し 侭田伊都希 いろり 200111  
体脂肪計軽く握って天高し 篠田純子 あを 200111  
天高し野地蔵も杖身に添はす 村越化石 200111  
天高く大枚はたく響きあり 中原道夫 銀化 200111  
棟上げの手締めしつかと天高し 竹川貢代 春耕 200111 天高し 2

 

2019年9月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。