タンポポ   60句
作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
タンポポの風より出づる始発駅 野口香葉 遠嶺 199806  
お胸がねタンポポタンポポ言いますの 佐伯のぶこ 船団 199811  
洋館を背にタンポポの黄が眩し 関ただお 199907  
タンポポの絮毛の数を思ひゐる 森津三郎 京鹿子 199908  
犬の屍にカーネーション添へタンポポ添ふ 花房敏 ぐろっけ 199909  
隊長はポチですタンポポ探険隊 松木知子 ヒッポ千番地 199910  
お地蔵が寒タンポポになりきれと 丸山佳子 京鹿子 200001  
旅立ちを正午と決めてタンポポ団 星野早苗 空のさえずる 200002  
吹くよりは他なしタンポポ語を知らず 塩見恵介 虹の種 200005  
タンポポを消印にして別れ文 塩見恵介 虹の種 200005  
曇天に伏してたんぽぽ吹いてタンポポ 塩見恵介 虹の種 200005  
タンポポや外反母趾になつかれて 飯塚ゑ子 火星 200007  
人工島先住民はタンポポたち 富沢秀雄 船団 200007  
タンポポノポがポリープに狂詩曲 佐々木峻 ヒッポ千番地 200007  
病院の芝のタンポポただひとつ 岩田ひろあき 船団 200009  
洋タンポポ綿毛坊主の風待てり 奥村鷹尾 京鹿子 200202  
タンポポやコンクリートの棲家なる 物江昌子 六花合同句集 200205  
にこにこと嬰児のタンポポ寄りてふく 雲所誠子 帆船 200208  
タンポポの踏まれて白き血を流す 宮原みさを 花月亭 200208  
タンポポにつまづく風のありにけり 宮原みさを 花月亭 200208  
象フナてふタンポポ雀逆立ちす 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
飛行機を描きし昔黄タンポポ 寺門丈明 あを 200507  
タンポポの中にD51身じろがず 井上加世子 ぐろっけ 200608  
タンポポの綿毛名残もみせず失せ 木村茂登子 あを 200707  
冬タンポポ些事を温めゐたりけり 小形さとる 200802  
学ヶ丘和タンポポかとしやがみ込む 品川鈴子 ぐろっけ 200904  
タンポポやいつも使ひし竹箒 遠藤実 あを 200905  
勢揃ひしてタンポポの返り花 岡野ひろ子 201201  
毛タンポポ我が人生の行方かな 佐瀬晶子 ろんど 201211  
タンポポの穂絮の下に蟻の群 菊地崇之 かさね 201307  
タンポポの綿毛ふはふは病疲れ 大日向幸江 あを 201306  
タンポポの笑顔さびしい雪予報 鎌田慶子 ろんど 201403  
未来都市タンポポだけが昭和なり 田中信行 201407  
臼塚にタンポポ根付き咲きほこり 芝宮須磨子 あを 201408  
首のべてタンポポの絮唱ひ出す 澤近栄子 京鹿子 201508  
タンポポの飛英追ひかけ奥つ城へ 佐藤恭子 あを 201601  
庭飾る緑の中のタンポポや 水谷直子 京鹿子 201610  
タンポポの絮追ふ鳥のホバリング 七郎衛門吉保 あを 201707  
ソチコチにタンポポ笑ふ又一年 水谷直子 京鹿子 201709  
たんぽぽの絮とぶ大切なもの抱き 隅田恵子 雨月 201709  
たんぽぽの絮それからの四面楚歌 中原幸子 船団 201802  
たんぽぽや縁切寺の猫日和 藤井寿江子 馬醉木 201805  
たんぽぽの絮の自在や野のひかり 鈴鹿仁 京鹿子 201805  
たんぽぽの絮とび去りし淡き恋 西村滋子 京鹿子 201805  
海あをき日のたんぽぽはぎんぎん黄 大崎紀夫 やぶれ傘 201805  
縄電車たんぽぼ広場で折り返す 山中志津子 京鹿子 201806  
たんぽぽ吹いて母と不思議な距離にゐる 井尻妙子 京鹿子 201806  
母恋やたんぽぽの径折り返す 井尻妙子 京鹿子 201806  
たんぽぽの絮はおのおの風を持つ 能美昌二郎 201806  
手話の肘伸びてたんぽぽ摘まれゆく 山田健太 風土 201806  
たんぽぽや土管抜け来し子の笑顔 山田健太 風土 201806  
たんぽぽの知恵は綿毛となりにけり 中村洋子 風土 201806  
たんぽぽの絮や列車の風さそふ 黒滝志麻子 末黒野 201806  
たんぽぽの原つぱ遠き日の記憶 栗原公子 201807  
たんぽぽの絮に残照宿りけり 上谷昌憲 201807  
芝生には蓮華たんぽぽ棲み分けり 赤松有馬守破天龍正義 六花 201807  
たんぽぽや陶の土管の焦げ茶色 松尾龍之介 201807  
たんぽぽの絮吹く英語教師かな 戸栗末廣 201809  
たんぽぽの絮吹きみんなゐなくなる 奥田筆子 京鹿子 201810  
たんぽぽや図録まくらにふぃーれんつぇ 阪野基道 船団 201811  

 

 

2018年4月11日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。