涼 し 5    200句

涼しさは波のうしろを次の波   岩田由美   夏安

涼し  涼気

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
祝ぎ果てて瀬音涼しき泊りかな 竹内喜代子 雨月 200310  
琴坂をとよもす水音涼しけれ 江木紀子 雨月 200310  
献笛に涼しき音声菩薩かな 坂本禧枝 雲の峰 200310  
土蔵の扉涼し鏝絵の猿田彦 堀田政弘 200310  
朝涼し漆塗りなる能登の宿 椙山正彦 200310  
知辺なき山ふところにゐて涼し 松内佳子 百鳥 200310  
石垣の反りの涼しき夕かな 長谷川守可 百鳥 200310  
牛歩でも母よ涼しく歩むべし 高千夏子 200310 杖の身を嘆けば
シャンデリア涼しき心集めけり 稲畑汀子 円虹 200310 祝句
序破急の急の涼しき囃子方 内田哀而 円虹 200310  
舞囃子よりの対談灯の涼し 梅田実三郎 円虹 200310  
祝ぎの帯白く涼しき弘子かな 大久保白村 円虹 200310  
会いに来て山田弘子の涼しさよ 木割大雄 円虹 200310  
舞涼し虚子みそなはし給ふらん 小竹由岐子 円虹 200310  
一〇〇号の賀の小鼓の音の涼し 中村芳子 円虹 200310  
祝ぎ一途舞ふ実朝の涼しさに 藤浦昭代 円虹 200310  
ヴァイオリンの音色涼しきシャンデリア 松宮哲夫 円虹 200310  
場外へ消ゆホームランとは涼し 蔦三郎 円虹 200310  
首すじの涼しく下る夏目坂 後藤志づ あを 200310  
枝折戸や声の涼しくおいでやす 後藤志づ あを 200310  
レントゲン写真光背に医師涼し 十河波津 200310  
仰ぎみるお手植松に雲涼し 丸山佳子 京鹿子 200310  
一山に鳥語の澄みて紫衣涼し 鈴鹿仁 京鹿子 200310  
涼しさのまんなかに居て女の嘘 鈴鹿仁 京鹿子 200310  
田水走る一直線は涼しかり 奥田筆子 京鹿子 200310  
門を入る西隅涼しつかずの鐘 門馬貴美子 京鹿子 200310  
杉山の涼しき風を宮参り 岡崎桂子 対岸 200310  
美術館へと木橋涼しく渡りけり 斎藤博子 対岸 200310  
風涼しトロツコ列車軋みゐて 岡田有峰 築港 200310  
花のなき薬草園の涼しさよ 青山丈 200310  
朝空や青の涼しさ幾重にも 糸井芳子 200310  
山門の暗きに入りて涼しかり 粂谷京子 200310  
辞書繰るも涼し談笑はづみゐて 中島霞 ぐろっけ 200310  
緞帳のするする上がる涼しさよ 市川十二代 ぐろっけ 200310  
少年の挨拶涼し耐久舎 木野裕美 ぐろっけ 200310  
愚痴言はぬ漢を見たる涼しさよ 吉田裕志 200311  
銃眼を抜けて涼しき風とどく 栗原広志 200311  
槙売りの声の涼しき一の橋 池田光子 風土 200311  
ひよどり花木陰に咲きて山涼し 大内恵 酸漿 200311  
大甕の黒酢の音の涼しかる 植木戴子 200311  
切株に座し水音の涼しかり 幡江美智子 百鳥 200311  
涼しさの鎌研ぐ音のつづきをり 影山わこ 百鳥 200311  
朝涼し木の花白くこぼれをり 影山わこ 百鳥 200311  
宮涼し尺余の鼻の天狗面 木村仁美 馬醉木 200311  
職退きし涼しさにゐて陶土練る 半田順子 馬醉木 200311  
山門を去る香煙の涼しさよ 坊城俊樹 ホトトギス 200311  
湖涼し千古の松を島に置き 増田善昭 ホトトギス 200311  
鐘涼し菩薩は御衣ゆるやかに 和田敏子 雨月 200311  
涼しさに老蘇の杜を打ち連れて 大堀鶴侶 雨月 200311  
手話学ぶ娘の眼差しの涼しかり 近藤豊子 雨月 200311  
足ひたす糺の森の床涼し 斉藤陽子 雨月 200311  
手に涼し苔にまろめる句碑の肩 渡邉友七 あを 200311  
レマン湖の小舟行き交ふ涼しさよ 三崎由紀子 遠嶺 200311  
少年の眼涼しき球遊び 高梨美佐子 遠嶺 200311  
柵をさらりと捨てて星涼し 村林久子 遠嶺 200311  
涼しさや潮風に増す髪の嵩 吉田三保 200311  
旅果ての選りて涼しき飯茶碗 糸井芳子 200311  
涼しさは淋しさ朝の町閑散 宮沢千恵子 200311  
教会へ上る百段風涼し 中島霞 ぐろっけ 200311  
庭涼し大硨磲貝の手水鉢 川合正男 ぐろっけ 200311  
水尾すぐに泡となりゆく涼しさよ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200312  
取戻す平常心の涼しけれ 山田弘子 ホトトギス 200312  
言ひ放ちたる横顔の涼しけれ 杉山瑞恵 雨月 200312  
涼しさの真ん中に置く赤ん坊 西村葉子 京鹿子 200312  
館涼し鰭もつものの数百種 竹下道子 京鹿子 200312  
パゴダ涼し曉の星右肩に 佐藤喜孝 あを 200312  
ペンダント外し涼しさとり戻す 三井孝子 六花 200312  
煉瓦蔵小窓小窓に涼しき灯 及川茂登子 対岸 200312  
涼しさのたちまち湖の音なりし 岡井省二 岡井省二全句集 200312  
星涼し大橋の陰重なりて 石積知恵子 ぐろっけ 200312  
千本格子の軒涼しかり木曽の風 芦川まり 八千草 200401  
落書も古りし屋敷の燈の涼し 中村禎子 八千草 200401  
入日とて日の出とてパゴダに來て涼し 佐藤喜孝 あを 200401  
手鏡に山の映れる涼しさよ 飯塚雅子 200401  
土間涼し柳生家紋の藍暖簾 小林成子 200402  
涼しき闇へ戻りし千の佛塔たち 佐藤喜孝 あを 200402  
朝涼しブラッシングの髪素直なり 中野英歩 八千草 200402  
ひかり苔生ふや涼しき岩の窪 田中きよ子 酸漿 200403  
思ひ出の虚子の涼しさ語るべし 木村享史 ホトトギス 200403  
涼しさの虚子をきのふのごと語る 木村享史 ホトトギス 200403  
あこがれのマウントクックの風涼し 須賀敏子 あを 200403  
葉桶の漆文樣朝涼し 佐藤喜孝 あを 200403  
朝涼し金のパゴダの坐しませる 佐藤喜孝 あを 200404  
サイカ涼し広びろとある行けぬ道 佐藤喜孝 あを 200404  
鴨涼し夕日に夢を膨らます 安西静 帆船 200404  
水音の涼しまむし草首たてて 有馬籌子 ぐろっけ 200404  
景涼し三〇一・二メートル 稲畑廣太郎 ホトトギス 200405  
ていれぎに水の涼しさ流れをり 稲畑汀子 ホトトギス 200405  
水音といふ涼しさに風渡る 稲畑汀子 ホトトギス 200405  
邂逅の言葉短く涼しけれ 稲畑汀子 ホトトギス 200405  
新しき仲間涼しき灯の下に 稲畑汀子 ホトトギス 200406  
二百回記念涼しく写さるる 稲畑汀子 ホトトギス 200406  
牧涼し黒々と牛横たはり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200406  
はつぴいな瞳涼しく並ぶ句座 稲畑廣太郎 ホトトギス 200406  
さざ波のかたより刻む池涼し 富安風生 200406  
ビル涼し皇居の風を返しつつ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200407  
天女めく俳人集め松涼し 稲畑廣太郎 ホトトギス 200407  
卓涼し花のいろいろ活けられて 稲畑汀子 ホトトギス 200407  
印を押す手許涼しく見られけり 稲畑汀子 ホトトギス 200407  
みちのくの涼しき旅となりぬべし 稲畑汀子 ホトトギス 200407  
その人に似合ふ涼しき色と見し 稲畑汀子 ホトトギス 200407  
一言に涼しき笑顔生れけり 稲畑汀子 ホトトギス 200407  
涼しさや火星近づくてふ話題 稲畑汀子 ホトトギス 200407  
星を見る計画に乗る涼しさよ 稲畑汀子 ホトトギス 200407  
高きこと纏ふ涼しさありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200407  
ナビゲーターセット涼しき家路かな 稲畑汀子 ホトトギス 200407  
島唄に三味の音に風また涼し 金山千鳥 酸漿 200407  
しゆるしゆると鉋の音の涼しさよ 滝沢伊代次 万象 200407  
回送電車涼しげに通過せり 竹内弘子 あを 200407  
夕涼し何となけれど膝揃へ 岡本眸 200407  
石橋のめがね涼しく火山容れ 淵脇護 河鹿 200407  
木蝋の商人屋敷夕涼し 能村研三 200407  
囃子方待つ御簾内の燈涼し 能村研三 200407  
人形の顔のろまとは涼しかり 今瀬剛一 対岸 200407  
祈り涼し石を重ねるだけのこと 今瀬剛一 対岸 200407  
陳列のケース空つぽ涼しけり 大野里詩 帆船 200408  
笛方の伏目涼しく薪能 平尾信一 帆船 200408  
鑿あとの天衣涼しき観世音 水原春郎 馬醉木 200408  
鳴き竜を鳴かせて涼し深山寺 植松昌子 馬醉木 200408  
涼しさや比叡まぢかの石の庭 中野京子 200408  
槐山房風おほらかに涼しかり 黒田咲子 200408  
雨涼し姪来てガスの点火音 岡本眸 200408  
学寮涼し蛍光燈を縦横に 小林希世子 200408  
笹越しに加茂の瀬音や京涼し 朝妻力 雲の峰 200408  
ねね像へ雨の涼しき橋渡る 竪ヤエ子 雲の峰 200408  
土師窯あとに涼しく咲けり土器菜かわらけな 山上カヨ子 200408  
ほそく戸を開け九尺二間は涼しかり 岡田鉄 200408  
河内野を見下し涼しわが家の灯 茂里正治 200408  
飛石をせきれい渡る庭涼し 永岡セツ 酸漿 200408  
涼しさを分けあひ星と人の灯と 山仲英子 200408  
円空仏鑿の省略あと涼し 渕上千津 200408  
水くぐりくぐりて和紙の涼しかり 浅田浦蛙 対岸 200408  
法悦や四恩奉謝の躬の涼し 橘澄男 山景 200408  
今いちど涼しき瞳開け賜へ 品川鈴子 ぐろっけ 200408  
涼しさや和紙で束ねし巫女の髪 北川キヨ子 200409  
水色に染めしプードル夕涼し 坂上香菜 200409  
乗りこなす児の涼しさよ一輪車 谷内順子 200409  
伽羅の香の膝の涼しき女かな 山岡季郷 馬醉木 200409  
波形の欄間の涼し地蔵堂 山本敦子 万象 200409  
盗掘をのがれて涼し武官俑 佐渡谷秀一 春燈 200409  
日なか来て伏目涼しや伎芸天 荻野嘉代子 春燈 200409  
真砂女語る先生の目の涼しかり 小林リン 春燈 200409  
墓涼し若絮は遊女の名 能村研三 200409 浄閑寺
小深山かたばみ米粒ほどの花涼し 田所節子 200409  
涼しさの柳に隣る海鼠壁 吉田島江 火星 200409  
少林山羅漢五百の貌涼し 鈴木石花 風土 200409  
土間涼し縄絢ふ機械錆びてをり 杉江美枝 百鳥 200409  
蔵涼し箱階段の取つ手とれ 杉江美枝 百鳥 200409  
牧涼しぽつんぽつんと草ロール 門脇なづな 対岸 200409  
からつぽの交番の灯の涼しけれ 門脇なづな 対岸 200409  
神官の揃ふ沓音夕涼し 志水千代子 京鹿子 200409  
涼しさや糺の森を抜くる風 川合広保 京鹿子 200409  
シヤンプーの済みし老犬星涼し 中野薫 京鹿子 200409  
雲涼し手もち無沙汰で久に逢ふ 丸山佳子 京鹿子 200409  
衰へを涼しさにして半跏趺坐 直江裕子 京鹿子 200409  
曲屋も厨も涼し土間つづき 須佐薫子 帆船 200409  
サンプルの肉の一塊涼しかり 池田冨美 帆船 200409  
涼しさや壁にカナダのカレンダー 竹田圭子 帆船 200409  
塔涼し浄瑠璃界に薬師在し 服部菰舟 雨月 200409  
経に曰く九品往生塔涼し 服部菰舟 雨月 200409  
現世や闇が涼しと灯を消して 喜多初枝 雨月 200409  
山野草みな値をもちて風涼し 佐野布娑 雨月 200409  
ひなびたる白帝城の風涼し 村山みよ 築港 200409  
延命水涼しき竹の柄杓持つ 河村靖子 築港 200409  
抽象画赤を涼しく散らせけり 宮津昭彦 200409  
涼しさの人それぞれに刻流れ 宮津昭彦 200409  
入院の荷の筆箱の涼しかり 藤田あけ烏 草の花 200409  
絵手紙に涼しき風の来たりけり 小澤規子 草の花 200409  
涼しさや万葉歌碑の筆の跡 夏目満子 酸漿 200409  
朝涼し川の面かすめ黄鶺鴒 東口博美 酸漿 200409  
転寝の耳元過る風涼し 増田八重 酸漿 200409  
私服なる笑顔涼しき神父さん 中里カヨ 酸漿 200409  
猪口才なジェットスキーの水尾涼し 鷹羽狩行 200409 彦根
湖を外濠として城涼し 鷹羽狩行 200409  
三和土より通されてゐる涼しさよ 佐藤博美 200409  
無宗教葬済ませしと文涼し 伊藤白潮 200409  
バンドエイド貼るに涼しきおまじなひ 片山タケ子 200409  
炎天や老いて喪服を涼しげに 岩上とし子 200409  
うすべりを敷きて一と間を涼しくす 竹内弘子 あを 200409  
白髪の主賓涼しく席に着く 田中藤穂 あを 200409  
ハンドベル涼しぐろっけ祝典に 史あかり ぐろっけ 200409  
ヴェネツィアより届きしグラス青涼し 鈴木照子 200410  
杉玉の高さ涼しき酒どころ 鷹羽狩行 200410 西条
涼しさや火伏せの蔵に火吹竹 鷹羽狩行 200410  
壺を持つおよび涼しき観世音 伊藤洋子 200410  
雨上がりさうなきらめき苔涼し 木暮陶句郎 ホトトギス 200410  
術前の陰部涼しく剃られけり 淵脇護 河鹿 200410  
涼しさは煙管突いたる型にこそ 中村嵐楓子 春燈 200410  
風涼しカウベル鳴らし二頭馬車 菅沢陽子 春燈 200410  
窟より涼しき風のきたりけり 高橋将夫 200410  
赤き鼻はずしピエロの涼しき顔 秋岡朝子 200410  
曼荼羅の間に坐しをり庭涼し 岩下芳子 200410  
竹涼し人の火照りのちかぢかと 黒田咲子 200410  
涼しさの釈迦が笑まへば脇侍とて 奥田節子 火星 200410  
八角釜一面づつの景涼し 奥田節子 火星 200410  
着物派になりて涼しき眉目かな 小澤克己 遠嶺 200410  
灯の涼し郡上紬の草木染 小澤克己 遠嶺 200410  
病窓に寄りくる鳩の涼しき瞳 邑橋淑子 遠嶺 200410  
山小屋に星の涼しき酒を酌む 長志げを 遠嶺 200410  
涼しさはブルーの胸のペンダント 田澤初枝 遠嶺 200410 涼し→ 6

 

2014年7月23日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。