睡 蓮 1     100句

ナイル河の金の睡蓮ひらきけり    石原八束

睡蓮  未草

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
睡蓮の花に猫が手伸ばしけり 山尾玉藻 火星 199809  
門徒寺睡蓮池を浄土とも 松崎鉄之介 199809  
睡蓮や対岸の人傘ひらく 山田美保 199811  
睡蓮のさかりは波を寄らしめず 鹿野佳子 199811  
睡蓮へ真昼の雨つぶ落ちてゆく 小枝恵美子 船団 199812  
合掌造睡蓮の池前にせり 阿部ひろし 酸漿 199908  
睡蓮や空少しづつ高くなり 大和田鏡子 俳句通信 199908  
睡蓮の咲きつぐこころ晴れぬ日も 保坂加津夫 いろり 199910  
睡蓮を画く人皆んなモネめいて 中田寿子 ぐろっけ 199910  
睡蓮まであめんぼに乗る水の旅 小枝恵美子 ポケット 199911  
睡蓮は頸動脈に繋がれる 吉川真実 海程 199912  
睡蓮にワルツのごとく水めぐる 吉田すばる 京鹿子 199912  
睡蓮や友だちの恋聞いている 星野早苗 空のさえずる 200002  
睡蓮や影のところも水なりき 山田六甲 六花 200007  
睡蓮に鰐鳴りのたてつづくなり 岡井省二 200008  
睡蓮やたれかれもみな仕事中 朝妻力 俳句通信 200008  
睡蓮の水を平らに座をひろげ 杉本艸舟 200009  
夜咲きの睡蓮二ツ天秤座 延広禎一 200010  
睡蓮の葉陰に鯉の口揃ふ 笠原フミ 酸漿 200010  
紅睡蓮閉ぢ密会の刻迫る 丹羽杏華 京鹿子 200011  
睡蓮はみな倒れ閉園間際なり 岡田芳子 ぐろっけ 200011  
耳冷たくありて睡蓮は風の器 森央ミモザ 海程 200012  
睡蓮の霧動くとき揺らめきぬ 西田もとつぐ 船団 200103  
睡蓮の花に灯ともしラムプとせり 宮津昭彦 200106

ドーム

兄弟作

子等の声睡蓮池をころがり来 島田和子 風土 200108  
睡蓮の葉かげに目高見えかくれ 久保田一豊 いろり 200108  
睡蓮咲く妻逝き二十七年目 松崎鉄之介 200108  
睡蓮の凛と咲きをり万歩計 山荘慶子 あを 200108  
睡蓮や水面に泡の一つ 押切安代 200109  
睡蓮の色を鎮めし朝の風 福井鳳水 円虹 200109  
睡蓮は仏の花よ案楽寺 関正夫 酸漿 200110  
睡蓮に坐り佛や立ち佛 山田六甲 六花 200206  
見せぬぞと睡蓮は葉を巻きにけり 山田六甲 六花 200206  
弟を待たせ睡蓮ひと巡り 山田六甲 六花 200206  
おののがた出会へ睡蓮咲いてをる 山田六甲 六花 200206  
睡蓮の黄のとびとびの一星座 宮津昭彦 200207  
睡蓮の浮葉のすべて一家族 塩川雄三 築港 200207  
春曉のモネの睡蓮動きけり 松原仲子 200207  
睡蓮に鈴生りとなる丸木橋 高村洋子 遠嶺 200208  
睡蓮の雨の暗さを寄せぬ白 岩瀬操舟 円虹 200208  
昔日のまま睡蓮と金次郎 朝妻力 雲の峰 200208  
睡蓮の葉やさざ波に抗はず 溝口八重子 雲の峰 200208  
山霧や睡蓮のごと朴咲ける 大内恵 酸漿 200208  
睡蓮のぽつと咲きたるもの忘れ 後藤志づ あを 200208  
睡蓮の白の襟立つ水鏡 山田閏子 円虹 200209  
睡蓮や万物動くことはなし 豊田都峰 京鹿子 200209  
睡蓮の葉の狭間より花芽抽き 奥村鷹尾 京鹿子 200209  
睡蓮に首のせ亀の楽天派 庄中健吉 200209  
睡蓮の開きし朝を句碑除幕 松崎鉄之介 200209  
睡蓮や旧本陣に時計の間 中川晴美 雲の峰 200209  
睡蓮や風なき午後の鏡池 川瀬里江 雲の峰 200209  
睡蓮の少し傾く爆心地 樋口多嬉子 雲の峰 200209  
睡蓮や葉の上に亀十二三 於久昭臣 雲の峰 200209  
睡蓮の水に睡蓮揺れ咲ける 萩谷幸子 雨月 200209  
姫睡蓮友は虜になつてをり 若本彰子 酸漿 200209  
睡蓮はいまだ河骨黄の目覚め 堀内一郎 あを 200209  
睡蓮描くモネを気取りて朝の湖 高橋道子 200210  
睡蓮の莟わづかの風を呼ぶ 谷えり子 200210  
睡蓮に寺は遠忌の五色幡 山田耕子 京鹿子 200210  
睡蓮の色の勢ひの午前九時 田邊英夫 円虹 200210  
睡蓮のひらきし水の冷たかり 杉浦典子 火星 200210  
二度訪ひて睡蓮の咲く刻を知る 足利ロ子 ぐろっけ 200210  
睡蓮の足の乱交水面下 大井貞一 京鹿子 200211  
鯉が見る睡蓮の花裏ばかり 久保田由布 ぐろっけ 200211  
だんじりの町睡蓮のきはやかに 朝妻力 雲の峯 200306  
睡蓮の水の余白の動かざる 松岡隆子 200307  
魚跳ねし音に睡蓮開き初む 大柳篤子 雲の峯 200308  
睡蓮の朝日にポンと弾かれし 斉藤静枝 あを 200308  
睡蓮の花の向かうを掃いてをり 森賀まり 百鳥 200308  
睡蓮のつぼみ赤子の目のやうに 大竹淑子 風土 200309  
睡蓮の影を乱して通り雨 金子つとむ 雲の峰 200309  
睡蓮に水たひらなる白虎池 西村純一 雲の峰 200309  
些事多き日よ睡蓮の咲きし日よ 盛良孝 200309  
睡蓮の全開に池膨らめり 秋山ユキ子 200309  
睡蓮の花葉ゆれつぐ無風かな 中野京子 200310  
睡蓮の浄土とまがふ静寂かな 石川笙児 200310  
神苑に日のやはらかし黄睡蓮 朝妻力 雲の峰 200310  
睡蓮の白を極めて昼日中 三浦永子 京鹿子 200310  
睡蓮の橋をわたりて嫁ぎけり 丸山照子 火星 200311  
睡蓮の沼見おろしに利尻富士 富田志げ子 酸漿 200312  
ガメランや夜も閉ぢゆるき睡蓮花 中田みなみ 200312  
日の差してゐて睡蓮の花に雨 福井隆子 つぎつぎと 200405  
閉づる刻違へ睡蓮百花かな 磯野しをり 雨月 200408  
睡蓮の研ぎ澄ましたる花の弁 岡田滋夫 雲の峰 200408  
睡蓮の葉を頭で押して蝌蚪泳ぐ 三関浩舟 栴檀 200408  
睡蓮のぽつんとはなれ咲きゐたり 三島富久恵 草の花 200408  
携帯電話を姫睡蓮に落しけり 森理和 あを 200408  
睡蓮の旺んは水を押し上ぐる 酒本八重 200408  
睡蓮の白のとろりと隠り沼 坂本京子 200408  
又雨の来て睡蓮の溺れさう 宮崎すみ 対岸 200408  
睡蓮を見ての帰りを山の温泉に 岡本直子 雨月 200409  
睡蓮の白極まれる濁り池 森本美智子 築港 200409  
睡蓮やベンチ先客二人ゐて 河村靖子 築港 200409  
睡蓮の池に雨の輪浮葉の輪 西宮舞 200409  
青空を来て睡蓮に憩ひをり 亀ヶ谷照子 遠嶺 200410  
睡蓮や魚の言葉は泡一つ 伊藤希眸 京鹿子 200410  
睡蓮のそよがば我れに死の寄りぬ 荒井千佐代 200410  
睡蓮を画き祭には拘らず 中島瑞枝 百鳥 200410  
白睡蓮咲きたる水に手を浸す 岸田爾子 200411 睡蓮 2 →

 

2020年7月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。