素 秋   25句

金秋  白秋  素秋

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
帆船の綱の造形素秋なり 能村研三 200010  
どの遺書も母上様とある素秋 栗山恵子 雨月 200111  
湯の町の端より暮るる素秋かな 竪ヤエ子 雲の峰 200501  
全身に素秋のひかり貰ふ朝 出来由子 200511  
石蹴つて石の昂り嵯峨素秋 鈴鹿仁 京鹿子 200610  
小峰城より素秋三百六十度 千田百里 200611 白河
一川の眦上げてゆく素秋 ほんだゆき 馬醉木 200612  
噴煙を素秋の白とおもふかな 辻直美 200612  
ゆつくりと星座組まるる素秋かな 加藤京子 遠嶺 200812  
歌舞伎座へ素秋の風を道連れに 橋本良子 遠嶺 200912  
白秋をしのぶ素秋や帆型の碑 楠原幹子 201112  
野も山も素秋に入りぬ水の唄 和田照海 京鹿子 201202

祝豊田都峰

「水の唄」上梓

隣人といふ遠きもの素秋かな 水野恒彦 201211  
言の葉を紡ぎ紡ぎて素秋かな 亀井福恵 京鹿子 201401  
素秋の山織部の魂と出合ひたる 鈴木初音 201412 古田織部
竹林の径はひとすぢ嵯峨素秋 鈴鹿仁 京鹿子 201610  
写経する素秋高野の別世界 七郎衛門吉保 あを 201611  
ビル街の辻に素秋の風立ちぬ 東小薗美千代 末黒野 201611  
風素秋毛並揃うて来る羊 甲州千草 201711  
風素秋毛並揃うて来る羊 甲州千草 201711  
竿出して湖の素秋に前屈み 松本鷹根 京鹿子 201711  
魚影に魚がおどろく嵯峨素秋 塩貝朱千 京鹿子 201810  
素秋の風弥陀の御顔となり眠る 伊藤希眸 京鹿子 201811  
追伸の「秋」の一文字窓素秋 鈴鹿呂仁 京鹿子 201910  
竹林の風の持て成し嵯峨素秋 鈴鹿仁 京鹿子 201910  

2019年11月16日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。