春 潮 1       100句

春潮といへば必ず門司を思ふ   高浜虚子   五百句

春の潮  春潮

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
春潮の底りなりける髀肉かな 岡井省二 199805  
春潮の逆まく窟船隠し 水原春郎 馬醉木 199806  
春潮の魚柄なりし儒艮かな 岡井省二 199903  
春潮は戦へ兵を送りし路 保坂加津夫 いろり 199904  
春潮や茶房が嵌めし船の窓 手島靖一 馬醉木 199905  
春潮の渚に立てば彷彿と 星野椿 ホトトギス 199905  
春潮の烟れる昼のワイン酌む 白根純子 円虹 199905  
春潮に揚ぐ帆船の日章旗 樺山翠 雨月 199905  
春潮や砂丘にはまだ行かずをり 竹内悦子 199906  
春潮や子犬抱きて舟に乗る 佐藤章恵 俳句通信 199906  
春潮のなみなみとあり因島 金澤明子 火星 199907  
春潮や砂の中から魚の鰭 高橋将夫 199907  
春潮の香が隧道を抜けて来し 鈴木夢亭 塩屋崎 199910  
春潮に格子は過去の遊女の垣 丸山海道 海道全句集 199910  
春潮に最後のフェリー出港す 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
春潮に漕ぎ出でてはや遠きかな 稲畑汀子 ホトトギス 200001  
春潮や艫をあやつれば九鬼の海 岡井省二 200004  
春潮の音なく昏れし地酒かな 北川英子 200004  
ボール載せ春潮川をのぼりゆく 藤田宏 200005  
春潮の香や犬吠埼の日の出 山田をがたま 京鹿子 200006  
春潮の飛びくるベンチ海豚ショー 鶴目鯛遊子 六花 200006  
春潮のまぶたに膨れくる麻酔 佐々木峻 ヒッポ千番地 200007  
春潮や鱚をあやつれば九鬼の海 岡井省二 200101  
春潮が寄せて膨らむ地平線 栢森定男 あを 200104  
雲動き春潮の色変りゆく 栢森定男 あを 200105  
春潮に掌を差し入れてゆすりたり 松沢久子 いろり 200106  
春潮の博多に蒙古の供養塔 神田一瓢 雨月 200106  
うかうかと身は春潮の澪標 稲見光 船団 200109  
春潮の小舟に犬と乗りあわす 成定紋子 船団 200109  
春潮の朱の廻廊に佇ち久し 能村登四郎 羽化 200110  
春潮のするどき青にたぢろぎぬ 能村登四郎 羽化 200110  
春潮の遠鳴る能登を母郷とす 能村登四郎 羽化 200110

能登に

句碑建立

春潮にとんぼを切りて海女光る 佐藤真次 200202  
春潮に漕ぎ出す未来ありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200204

祝「初時雨」

百号

尾道水道春潮朝は煌めけり 田中芳夫 200205  
ぶちまける形に春潮身を崩す 中原道夫 銀化 200205  
寝ねがての春潮騒の旅愁かな 松村富子 200206  
春潮や隠れマリアの小さき像 南敦子 200206  
春潮の静かに寄する飯屋かな 広瀬敏子 酸漿 200206  
春潮に錨を上ぐる異国船 笹倉さえみ 雨月 200206  
出漁の灯を春潮へ流しゆく 石鍋みさ代 春耕 200206  
春潮や電柱丸のまま焚いて 仲村青彦 200206  
春潮に胸ときめけば旅に出る 小田知人 ぐろっけ 200206  
春潮にあそばせてゐる旅ごころ 安原葉 ホトトギス 200207  
春潮や没り日のせたる神の島 小林あつ子 火星 200207  
春潮の力みなぎり渦となる 中島知恵子 雨月 200207  
春潮に一羽の屍旅装かな 天野きく江 200207  
春潮の乗せて磯打つほんだはら 久保田ヤスエ 酸漿 200207  
春潮の寄する舟屋に機音す 池部久子 酸漿 200207  
春潮を見ず潮の香の中に着く 稲畑汀子 ホトトギス 200303  
足べろと舐めて春潮尽きにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200303  
春潮に照りて棚田の畦高し 朝妻力 雲の峰 200303  
春潮に養殖の枠沈めけり 岡山裕美 雲の峰 200304  
春潮をさてどの寺に坐し望む 山田六甲 六花 200304  
E々と春潮渦となるを待つ 田中芳夫 200305  
行くさ来さ春潮蹴立てタグボート 相沢有理子 風土 200305  
春潮の潮目をよぎり出航す 三代川次郎 雲の峰 200305  
春潮や巌あらはに佐多岬 竪ヤエ子 雲の峰 200305  
春潮のひとりソファーに沈みをり 大東由美子 火星 200305  
春潮を誘ひて動く一本釣り 南英子 ぐろっけ 200305  
ゆるゆると春潮のぞく観覧車 江頭信子 馬醉木 200306  
春潮が見えて着陸降下かな 能村研三 200306  
金砂磯出七十二年で春潮汲む 松崎鉄之介 200306  
春潮や注連縄確と夫婦岩 腰塚弘子 雲の峯 200306  
白良浜春潮の藍際立てり 河井史 築港 200306  
竜巻や能登の春潮捲きに捲き 密門令子 雨月 200306  
湾を出る船春潮を捲き上げて 内藤三男 ぐろっけ 200306  
春潮の大洋観つゝ朝餉とる 鈴木てるみ ぐろっけ 200307  
春潮の底まで見ゆる日ざしかな 今井千鶴子 ホトトギス 200308  
春潮や酒瓶ころがる漁師小屋 佐藤景心 200309  
春潮や退屈さうなロシア漁夫 佐々木幸 200401  
岩に裂けたる春潮の沖平ら 稲畑汀子 ホトトギス 200403  
春潮や船銀座とふ明石の門 和田一 雨月 200403  
春潮の光がとどく遊女塚 信崎和葉 六花 200405  
春潮の太き水尾引く高速艇 柴田毅 築港 200405  
白き舟春潮の縞よぎりたる 田代ヨシ 河鹿 200406  
鵜の占むる巌に春潮しぶきけり 小山梧雨 200406  
春潮にわが生き様を重ねけり 辻田忠俊 築港 200406  
春潮に円弧大きく遊覧船 前阪洋子 雲の峰 200406  
春潮を迎え打たんか浜にたつ 鎌倉喜久恵 あを 200406  
春潮の岬に流速表示塔 星加克己 ぐろっけ 200406  
しづく垂る夕陽を受ける瀬戸春潮 山田をがたま 京鹿子 200407  
春潮を見る少年の喉仏 戸栗末廣 火星 200408  
春潮にむかひ木刀振りおろす 保田英太郎 風土 200408  
春潮やポピーの花は風の中 三井公子 酸漿 200504  
春潮の香や将軍の船着場 朝妻力 雲の峰 200504 浜離宮
駆けゆきしあと春潮のくつがへり 岸風三樓 200504 『往来以後』
春潮に丹のひろごれり厳島 中村房子 馬醉木 200505  
春潮の滾つ大橋渡りけり 植松美根子 200505  
春潮のま中動かず槐かな 石脇みはる 200505  
春潮の防潮堤に来て崩る 塩川雄三 築港 200505  
春潮や尾を振つてゐる風見鶏 赤座典子 あを 200505  
春潮や太き櫓を漕ぐ能登の海士 吉田裕志 200506  
春潮を呑む海峡の大き口 齋藤實 200506  
春潮の満ち来る艀溜りにて 塩川雄三 築港 200506 大阪港
春潮の鼓動運河の先にまで 冨士谷洋治 築港 200506  
春潮の引くや小貝の裏返り 山県照江 百鳥 200506  
春潮の置き忘れたる和布かな 和智秀子 酸漿 200506  
春潮の岩間に日射すトルコ色 中里カヨ 酸漿 200506  
春潮の羽ばたくさまに岩越ゆる 鹿野佳子 200507 春潮 →2

 

 

2020年4月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。