初 夏 1   100句

初夏や汀の石の微塵鰕   松根東洋城   泰山木の花

はつなつ  初夏

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
初夏のたそがれ色にある仲間 山田弘子 春節 199503  
花談義弾むも初夏の会らしく 稲畑汀子 ホトトギス 199805  
旅空を彩る初夏の雲現るる 稲畑汀子 ホトトギス 199805  
消息の届けば安堵初夏の旅 稲畑汀子 ホトトギス 199805  
人生の六合目かと初夏の夢 杉本艸舟 ぶどうの木 199806  
海胆割って利尻の初夏をすすりけり 柴田良二 雨月 199809  
初夏とノートに書いてそれっきり 津田このみ 船団 199811  
ゆらゆらり手の平で知る初夏の風 甲田夏湖 船団 199812  
青竹を束ね植物園の初夏 別府優 199901  
いさぎよく降りて上りて初夏の雨 稲畑汀子 ホトトギス 199905  
椅子の色揃へて初夏をよそほへる 稲畑汀子 ホトトギス 199905  
ひたむきな瞳の中の初夏の海 小澤克己 遠嶺 199905  
就職誌繰る初夏のおくれ髪 山田禮子 遠嶺 199905  
初夏の胸を満たしし海の色 山田弘子 円虹 199907 宮古島
しばらくはテラスに語り初夏の風 梅田実三郎 円虹 199907  
初夏やとうに甘党離脱せり 能村研三 199907  
長靴のナポリあたりが痒い初夏 戸田春月 火星 199909  
鼻通す妻の昼げも初夏の句旬 岩田ひろあき 船団 199909  
童顔にかへりて仰ぐ初夏の富士 高木伸宜 船団 199909  
初夏や車中に開く文庫本 岩垣子鹿 ホトトギス 199910  
初夏のお尻はみ出るパイプ椅子 小枝恵美子 ポケット 199911  
先生おはようはずんではずんで初夏の風 朝倉晴美 船団 199912  
サラリーマンより初夏の色始まりし 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
初夏や何を埋めたのか空のさえずる 星野早苗 空のさえずる 200002  
カンと歯にぶつかってもう初夏の空 星野早苗 空のさえずる 200002  
ぬくもりも君が羽織れば初夏の風 尾上有紀子 わがまま 200002  
初夏や阿波と淡路は地続きに 稲畑廣太郎 ホトトギス 200005  
もてなしは鳴門の渦と初夏の風 稲畑廣太郎 ホトトギス 200005  
コンサート果て初夏の星仰ぐ 関ただお 200007  
初夏の芯立てて書くボールペン 竹部千代 200007  
ぴちゃぴちゃと野犬初夏の水を飲む 正木光子 いろり 200007  
初夏の雲に尾のある小海線 石橋翠 いろり 200008  
幸を胸いっぱいに初夏の風 友岡咲子 いろり 200009  
初夏の風に少女は髪あずけ 年森恭子 ぐろっけ 200009  
鬼の山初夏の靄たち麓まで 山田耕子 京鹿子 200010  
初夏に紹介される友の友 甲田夏湖 船団 200010  
初夏の駅手書きの地図を広げたり 星野早苗 船団 200101  
子規庵に集うや初夏の静電気 佐々木峻 船団 200101  
初夏のもの寄せ植ゑられし野の心 稲畑汀子 ホトトギス 200105  
咲きつなぐ初夏の旅路に触るる花 稲畑汀子 ホトトギス 200105  
海よりの風山頂へ届く初夏 稲畑汀子 ホトトギス 200105  
庭のもの剪り初夏の卓ととのふる 稲畑汀子 ホトトギス 200105  
初夏といふ明るきものに稲城野も 稲畑廣太郎 ホトトギス 200105  
この日和明日は如何にと初夏の風 稲畑廣太郎 ホトトギス 200105  
列島の背広ネクタイ初夏の森 塩見恵介 船団 200105  
初夏や色とりどりの靴の店 笠原フミ 酸漿 200107  
初夏や井戸に盛りある清め塩 金子つと 俳句通信 200107  
初夏なればネクタイゆるめいこいたり 保坂加津夫 いろり 200107  
せせらぎの風情に酔ひし初夏の風 桑垣信子 いろり 200107  
初夏は砂浴ぶ雀にもよけれ 村越化石 200107  
白山に湖に美濃路の視野は初夏 藤浦昭代 円虹 200107  
「リス」も来てサーキツトは初夏の風 丸山佳子 京鹿子 200107  
駅ビルのトラツトリアの初夏メニユー 小林かいう 200108  
初夏の合わせ鏡の中に君 奧野ちあき 海程 200108  
初夏の木々珍しき花咲かすなり 木戸波留子 いろり 200108  
ソナタ彈く指しなやかに初夏の風 大久保恵美子 遠嶺 200108  
初夏の風吊革の手に年輪が 栢森敏子 あを 200108  
ふところに少々の金初夏の街 浜田二子 ぐろっけ 200108  
初夏の森にて約す海の旅 重高湧子 遠嶺 200109  
画廊当番おむすび食べて初夏の風 千島町子 ぐろっけ 200109  
初夏のハイジの国へ行く鞄 佐伯のぶこ 船団 200110  
風は初夏「海の中道」といふを行く 能村登四郎 羽化 200110 志賀島
ネクタイの結び目上あたりに初夏 滝浪貴史 船団 200111  
初夏の何も入れないガラス箱 津田このみ 船団 200111  
初夏の運河の人に手を振りぬ 星野早苗 船団 200112  
シャガールのブルーと二ースの初夏の空 明星舞美 船団 200112  
初夏の巴里キャフェの恋人倦怠期 明星舞美 船団 200112  
麻シャツを風抜いてゆく初夏よ 坂井建 ホトトギス 200203  
船音の乾き大川端の初夏 稲畑廣太郎 ホトトギス 200205  
軒下にオレンジのシャツ初夏の風 山荘慶子 あを 200206  
初夏や船が運河を曳くごとく 鷹羽狩行 200207  
初夏の海峡を行く油槽船 大橋克巳 雲の峯 200207  
初夏や合はせ鏡に映る空 村上安代 春耕 200207  
初夏や女が似合ふ博多弁 前田陽子 200208  
寝藁替ふ初夏の馬小屋がらんどう 相沢有理子 風土 200208  
初夏の寄せし小貝の白さかな 堀本祐子 遠嶺 200208  
大じけん続出初夏の一年生 内嶺文子 円虹 200208  
梢と云ふ梢初夏の風捉へ 三宅久美子 円虹 200208  
初夏の潮俎岩に経の声 林日圓 京鹿子 200208  
仰ぎ見て幼と描く初夏の富士 大塚洋子 酸漿 200208  
初夏の幼稚園より海の唄 隅田享子 200209  
初夏を生く酸いも辛いも分け乍ら 岩崎憲二 京鹿子 200209  
駅前の青空楽団初夏となる 城石美津子 京鹿子 200209  
鮮らしき我を得初夏の航果つる 清水明子 遠嶺 200209  
初夏の大川端の風車かな 近藤きくえ 200209  
初夏の街路樹の町歩きけり 柏木公江 帆船 200209  
かたづ呑み委ねる初夏の手術台 増田八重 酸漿 200211  
国境を越えれば初夏の雨模様 川島澄子 酸漿 200212  
魚たちにダンスの時ぞ初夏の海 河内童楽 六花句集 200302  
風は初夏広さを歩き来りけり 稲畑汀子 ホトトギス 200305  
一歩踏む初夏のきしみや能を舞ふ 山田耕子 京鹿子 200307  
静かさや聲のはづみて初夏の能 山田耕子 京鹿子 200307  
次々と静かに座せり初夏の能 山田耕子 京鹿子 200307  
灯せば初夏の影せし能はづむ 山田耕子 京鹿子 200307  
初夏の風フリー切符でめぐりけり 丹後美紀 帆船 200307  
初夏の墨の誘へる写経会 東亜未 あを 200307  
髪の色変へてみるなり初夏の風 早崎泰江 あを 200307  
鍔広の帽子を選び初夏の旅 吉川ハマ子 築港 200307  
初夏の旅はひとまづ蓑笠にて 小澤克己 遠嶺 200308  
港初夏城壁のごと荷の積まれ 鈴木輝子 遠嶺 200308 初夏 →2

 

2014年5月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。