聖 夜 2   101句

都電に聖夜蜜柑賣る灯の窓にみゆ   高島茂

クリスマス  聖夜

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
聖夜餐ワインの赤を称へあふ 大橋麻沙子 雨月 200404  
雪降らす子が出て終る聖夜劇 平田紀美子 風土 200404  
ホームレスがそれぞれ仰ぐ聖夜星 木場田秀俊 200405  
人いきれ部屋に満ちたる聖夜劇 苑実耶 200501  
古書選ぶ聖夜の和綴ぢ名所図絵 品川鈴子 ぐろっけ 200501  
麻酔より覚めて個室の聖夜なる 品川鈴子 ぐろっけ 200501  
聖夜くらき犬屋の角を曲りけり 田中藤穂 あを 200502  
猩猩木一と鉢に足る聖夜なり 田中藤穂 あを 200502  
電飾をまとひ街路樹聖夜待つ 市橋幸代 築港 200502  
聖夜劇誰も聖なる子供達 八巻匡子 対岸 200502  
バイブルに塩の匂ひす聖夜かな 神蔵器 風土 200502  
観覧車聖夜の光吸ひあぐる 矢崎昌 200502  
古スタインウェイに楽聖の霊聖夜来る 平野加代子 春燈 200502  
子の奏すチェロに始まる聖夜餐 木暮剛平 万象 200503  
聖夜かなはらからとして茶を汲まむ 天野きく江 200503  
透きとほるボーイソプラノ聖夜祭 佐々木ひさこ 築港 200503  
聖夜更け新聞まとふホームレス 江崎成則 栴檀 200503  
聖夜曲片手弾きしてひとりの夜 千坂美津恵 200503  
聖夜とて齢に反旗ハイヒール 名取袿子 200503  
寝た切りの母の病床聖夜来る 徳田正樹 河鹿 200503  
十二時を期しての花火聖夜祭 伊藤稔代 200504  
聖夜弥撒はじまる手燭ゆきわたり 荒井千佐代 200504  
聖夜劇始まる第二ターミナル 大曽根育代 遠嶺 200504  
猫にまたたび父に佃煮聖夜かな 松村響子 四葩 200601  
聖夜劇キリスト様の若いこと 林翔 200601  
聖夜劇病児も台詞一つづつ 水原春郎 馬醉木 200602  
やすらかな寝息の母に聖夜来る 徳田正樹 河鹿 200603  
神ほとけ祭りし部屋や聖夜劇 隅田享子 200603  
聖夜来る木馬は脚を宙のまま 安藤しおん 200603  
鞄よりはみだすリボン聖夜なる 渡邉美保 火星 200603  
聖夜劇終えどの子にもプレゼント 山崎辰見 ぐろっけ 200603  
ヘツプバーン映画に更けむわが聖夜 河合佳代子 栴檀 200603  
ハンドベル聖夜ゆたかな時流れ 江崎成則 栴檀 200603  
ドナルドダツク空から唄ふ聖夜かな 近藤幸三郎 風土 200603  
旅はるか聖夜の十字星探す 藤本章子 200604 ニュージーランド
チェロを弾く子もゐて和む聖夜餐 木暮剛平 万象 200604  
聖夜来る耶蘇に傾きゆくこころ 鷲巣ふじ子 ホトトギス 200605  
夜も淡き雲湧く聖夜近づけり 福地初江 200605  
花のなき壺はトルソに似て聖夜 鷹羽狩行 200701  
ど派手なり聖夜飾りの競馬場 伊藤白潮 200702  
二夜三夜凍てて聖夜を迎へけり 村越化石 200702  
ぬひぐるみ乾してゐる聖夜かな 赤座典子 あを 200702  
聖夜劇舞台の奥を星はしる 後條さと子 200703  
念仏を終りてよりの聖夜餐 藤井圀彦 200703  
ダンボールみんなで運ぶ聖夜劇 内山花葉 200703  
邂逅にこころなごみて聖夜かな 水野節子 雨月 200703  
誘はれて夫と出掛けし聖夜かな 大房帝子 酸漿 200703  
せつせつと手話も交へて聖夜劇 峰尾秀之 200704  
身籠りしこと告げらるる聖夜かな 城詰操 万象 200704  
ビオラ抱へ子らの来たりし聖夜かな 武田巨子 春燈 200712  
赤ん坊に赤ん坊の役聖夜劇 辻美奈子 200801  
ナンにジャムたっぷりつけて聖夜なる 田中藤穂 あを 200802  
満月と重なる聖夜第九聞く 森山のりこ あを 200802  
仮面脱ぎラストワルツに聖夜曲 有田蟻太 200803  
聖夜かな星は光を解き放ち 山崎祐子 万象 200803 藤原浩さんクリスマスイブに逝く
甕の泥洗つてゐたる聖夜かな 竹内悦子 200803  
僧の子の身振り目に立つ聖夜劇 藤井佐和子 200803  
面輪より星の大きく聖夜劇 上村和子 200804  
鳩舎よりときをり羽音聖夜餐 荒井千佐代 200804  
暗幕に穴ぽつとある聖夜劇 大川ゆかり 炎帝 200804  
粒胡椒大ぶりに挽く聖夜かな 能村研三 200901  
聖夜の髪共に白きは雪ならず 瀧春一 深林 200901  
生ひ立ちの共に貧しく聖夜の友 瀧春一 深林 200901  
羊飼になりきつてゐる聖夜劇 苑実耶 200902  
七輪に熱燗こぼれ聖夜かな 小堀寛 京鹿子 200902  
粗塩と一盞の酒聖夜かな 小堀寛 京鹿子 200902  
横顔のべールに透けて聖夜弥撒 竹内すま子 200903  
白磁皿揃へ聖夜の客を待つ 下山和美 200903  
子が鳴いて「羊その三」聖夜劇 川田好子 風土 200903  
聖夜の席ギリギリ廻す車椅子 藏本博美 ぐろっけ 200903  
少年のわかつ聖夜の燭蒼し 笹村政子 六花 200903  
病む吾に俳句は力なり聖夜 嶋田一歩 ホトトギス 200905  
湯浴み子をささげ渡せし聖夜かな 能村研三 200101  
聖夜かな帰りなむいざコツプ酒 小堀寛 京鹿子 201001  
下手より羊出てくる聖夜劇 苑実耶 201002  
色鉛筆百色欲しき聖夜かな 竹内悦子 201002  
教会に厩設へ聖夜待つ 田下宮子 201002  
ジャズに酔ひ聖夜更けゆくホテルの灯 小林成子 201002  
聖夜唄聞きつ子供の深ねむり 笠井清佑 201002  
手すさびのダイス転がす聖夜かな 上谷昌憲 201002  
女生徒の歌伸びやかに聖夜待つ 井上幸子 酸奬 201002  
葉を残す蔓よ聖夜の輪飾に 井上幸子 酸奬 201002  
ハート絵を添へて招かれ聖夜劇 鈴木照子 201003  
プラレール繋ぐ聖夜の三世代 鈴木照子 201003  
わが肺に棲みつく癌と聖夜餐 遠藤若狭男 201003  
レンブラントのやうな灯影の聖夜なり 齊藤實 201003  
客足の遠き町並聖夜の灯 菅野日出子 末黒野 201003  
耳飾つけて聖夜に遠くをり 風間史子 201003  
頬赤く入り来て笑ふ聖夜の子 柳生千枝子 火星 201003  
聖夜劇ヨセフとマリア婚約中 柳生千枝子 火星 201003  
暗転に星の子が泣く聖夜劇 戸田春月 火星 201003  
ことごとく太郎次郎の聖夜とす 深澤鱶 火星 201003  
電飾の洩るる小窓も聖夜かな 生方義紹 春燈 201003  
紙の雪童子らの撒く聖夜劇 藤本一城 201003  
バチカンヘ想ひを馳せる聖夜かな 宮田香 201003  
旅はるか迎ふ聖夜の灯のぬくみ 伊藤洋子 201003  
泣き虫の星があとから聖夜劇 和田森早苗 201003  
友焼きし丘に聖夜の火を灯す 苑田ひろまさ 201004  
地下街の華や聖夜のケーキ売り 菊池善江 末黒野 201004  
漁終へし舟で聖夜のミサヘ行く 木場田秀俊 201005  
あの星に導かれたる聖夜ミサ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201010 聖夜 →3

 

2014年12月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。