リラ 1    100句

耳ともしねむるあかんぼリラの花   高島茂   冬日

ライラック  リラ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
何処よりリラの匂へる夜の駅 山田禮子 きらら 199700  
リラ白し学問の地を北国に 山田弘子 円虹 199806  
雨あとの遠くたしかにリラ匂ふ 小澤克己 遠嶺 199807  
リラ咲いてテラスに搾りたての牛乳 柴田良二 雨月 199809  
リラの花裸婦像少し太り気味 朝目彩湖 船団 199811  
リラ冷えの貝殻骨を泣かさうか 林朋子 船団 199811  
リラ冷えや恋の終りの留守電話 三池泉 船団 199811  
リラ咲くや母を呼ぶとき子の背のび 樋口英子 朝桜 199904  
リラの夜涙落とさぬやう歩む いしだゆか 遠嶺 199905  
映画二本はねし黄昏リラの花 中條紬 銀化 199906  
リラの夜のボードレールを読み通す 佐藤章恵 俳句通信 199906  
定紋の風呂敷結ぶリラの花 安藤浄子 ぐろっけ 199907  
リラ冷えや巣箱に欲しき時計台 鷹羽狩行 199908  
リラの花おとがひ細くなりてゐし 田畑保英 火星 199908  
瓦斯灯のくもる運河やリラの花 御子柴光子 春耕 199908  
リラ冷の母の命日静なり 原静寿 酸漿 199909  
卵管を隙洩る風はリラの色 松田正徳 船団 199909  
リラの香や馬車にてめぐる北の町 竪ヤユ子 俳句通信 200006  
飽食をいましめてをりリラの花 富田直治 春耕 200006  
リラ香る夜の幽霊と未亡人 北条巽 船団 200006  
情熱の国とて夜はリラ冷えに 吉村春風子 遠嶺 200007  
リラ咲くや牛舎に流すモツアルト 伊藤京子 200007  
無言館狭き入口リラ匂ふ 横林誠二 200007  
地下水のやうなかなしみリラ満ちぬ 田中亜美 海程 200008  
リラの咲く方へ足向く岐れ道 二瓶洋子 六花 200009  
我が庭のフランス圏よリラの花 物江昌子 六花 200107  
巫女舞をさらふ少女やリラの花 高鴨アヤ子 春耕 200107  
モナリザに会へる鼓動やリラの花 高瀬チエ子 遠嶺 200107  
リラ冷えや墓となる石積まれあり 小林とみゑ 百鳥 200108  
銃丸の痕リラ冷えの門構 環順子 遠嶺 200108  
オホーツクの海穏やかにリラの花 渡辺智佳 遠嶺 200109  
リラ冷えや視線を強くオダリスク 内田美紗 船団 200110  
ロックがいい狂うがいいリラどきは 松山順子 船団 200202  
リラ咲くや蝦夷恋ふ心ありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200204  
リラ冷の駅前広場大股に 田中藤穂 あを 200205  
ひと駅を乙女のやうにリラの花 高野美佐子 雲の峰 200206  
夫へ書く短かき手紙リラの雨 宮倉浅子 遠嶺 200207  
教会の鐘鳴り渡るリラの風 内藤順子 酸漿 200207  
ライラックむらさきはしどいリラの花 藏本博美 ぐろっけ 200207  
リラの風人去ればまた人還り 長山あや 円虹 200208  
リラ冷やガス燈けぶる石畳 小林喜美子 200208  
リラの花散らして暮色身近にす 小林喜美子 200208  
リラ冷や白波高く崩れたり 小林喜美子 200208  
リラ咲いて外灯ひとつひとつかな 近藤きくえ 200209  
明方の雨をべールにリラにほふ 丸田安子 酸漿 200210  
リラ咲きて余生を憩ふ車椅子 辰巳比呂史 200211 デンマーク
心先に着いてゐし地よリラの香よ 山田弘子 夜光杯 200211  
リラの門開け放ちおく庭手入 稲畑汀子 ホトトギス 200304  
の齢今は思はじリラの花 林翔 200305  
リラ冷の旅のベッドを余しをり 山田美恵子 火星 200305  
リラ冷えや遺跡の町の大時計 祐森彌香 遠嶺 200306  
子のこゑになき男女の差リラ咲けり 小田司 馬醉木 200307  
ベネチアングラスの指輪リラ薫る 坂井法 200307  
リラ咲いて土方の碑に落暉かな 若山実 雲の峯 200308  
リラ咲くや氷河を目指すバスの窓 橋本恭二 雲の峯 200308  
リラ冷や足早に行く修道女 山崎ミチ子 帆船 200404  
ビーカーにリラの花活け整骨院 池田耕二 百鳥 200405  
くわんおんの衣ずれの音リラの咲く 神蔵器 風土 200405  
仲麻呂の望郷の詩にリラ匂ふ 須賀遊子 200406  
戒律の鐘の月日にリラ咲けり 小林和子 風土 200406  
リラ冷や門扉に犬の爪の跡 深澤厚子 馬醉木 200406  
夜を賑ふイスラム街にリラ匂ふ 牧悦子 200407  
巴里を恋ふ夜やリラ冷と思ひつつ 泉田秋硯 200407  
ノクターン聴くリラ冷えの椅子に凭り 刈米育子 200407  
某画伯いまも追慕しリラ冷ゆる 佐藤淑子 雨月 200408  
リラ咲いて信濃日日支局かな 森田節子 風土 200408  
監獄を観し眼安らげリラの花 橘澄男 山景 200408  
リラ冷えに一合の粥炊きにけり 正木泰子 ぐろっけ 200408  
ブロンテの名残の家やリラの花 岡田房子 酸漿 200410  
舞姫はリラの花より濃くにほふ 山口青邨 200501  
これよりはリラの便りに偲ぶのみ 稲畑汀子 ホトトギス 200506 悼 伊関みぎわ様
素つ気なき町名されどリラの道 岩淵彰 遠嶺 200506  
リラ冷えやくるりと星座早見盤 近藤喜子 200506  
漂泊やリラ散る夜の夢紀行 坂井法 200507  
リラの花きのふと今日は違ふもの 倉持梨恵 200507  
遠目にもすつきり見えてリラ咲けり 村山春子 200507  
内科医の玄関前にリラ匂ふ 菊池ゆう子 200507  
リラ冷えや一枚弱とふベストよき 柳川紀子 200507  
リラの香や青年が押す車椅子 林佳枝 酸漿 200507  
今日着きし文にリラ冷巴里を恋ふ 泉田秋硯 200508  
リラの風ひとまわりして戻りけり 醍醐季世女 200508  
リラの花狭き門より入りにけり 川崎洋吉 遠嶺 200508  
リラの花シニアですかと聞かれけり 原島ふじ子 遠嶺 200508  
リラ冷えて窓はすかひに飛行機雲 矢野律子 200508  
ニュータウンどこも洋風リラ咲けり 山片岡祥子 200508  
体力より頭脳の勝負リラ終る 赤座典子 あを 200508  
誕生日来ること確リラが咲き 後藤比奈夫 ホトトギス 200509  
札幌へ降りる序でのリラの花 森早和世 ぐろっけ 200509  
札幌は最後の任地リラの花 中村星児 八千草 200509  
リラ冷や劇場囲む列につく 能村研三 200605 館長退任
リラの花触れ行くたびに匂ひ立ち 清部祥子 200605  
リラ冷えや時にはきしむ夫婦仲 竹内慶子 春燈 200607  
金婚の旅路の果てにリラの花 石山民谷 遠嶺 200607  
遠来の友との句会リラの花 荻野照 遠嶺 200607  
リラ冷や夫の眼尻の涙ふく 秋野充恵 四葩 200607  
リラ咲ける島に住みつく教師かな 水田清子 200607  
夕星やリラ冷ことのほかしるき 上谷昌憲 200608 深悼 吉田明さん
遠くから風の足音リラの花 土岐明子 遠嶺 200608  
リラ冷や普賢文珠と昏れにけり 西村純太 200608  
裏庭の存在誇示すリラの花 久保晴子 雨月 200608 リラ→ 2

 

2014年5月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。