ライラック   61句

ライラック挿したく白き壺さがす   中嶋秀子   歳時記(講談社)

ライラック  リラ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
模型とは近き未来図ライラック 山田弘子 春節 199503 虚子記念文学館
人の死に人が集ひてライラック 小澤克己 遠嶺 199905  
縄文の男女瓦やライラック 永田哲心 遠嶺 199908  
雨止んですぐに青空ライラック 嶋田一歩 ホトトギス 199911  
ライラックハチ公前で待ち合はす 田中藤穂 水瓶座 200002  
ひこばえていきなり花よライラック 阿部ひろし 酸漿 200006  
送り出て夜のライラック匂ひけり 稲畑汀子 ホトトギス 200104  
志高かりし日よライラック 田中藤穂 あを 200106  
ライラックの香が一瞬の風接ぐ 宇都宮滴水 京鹿子 200107  
オルゴール止みし静寂やライラック 土岐明子 遠嶺 200108  
今年又花ふえてゐしライラック 稲畑汀子 ホトトギス 200204  
朝の間の日の逃げ易くライラック 稲畑汀子 ホトトギス 200204  
洋風の庭の一劃ライラック 稲畑汀子 ホトトギス 200204  
吾娘編んでくれしストールライラック 川口咲子 ホトトギス 200206  
私にも二つの名前ライラック 櫂未知子 銀化 200206  
ライラックむらさきはしどいリラの花 藏本博美 ぐろっけ 200207  
光とは影ありてこそライラック 長山あや 円虹 200208  
ライラック五月の雨の上がりけり 大内恵 酸漿 200208  
ライラツク鉢植ながら大樹の相 大井貞一 京鹿子 200209  
遺跡には何故か犬をりライラック 中里カヨ 酸漿 200302  
くすり嚥むついでの昼餉ライラック 戸田和子 200307  
北国や少女と犬とライラツク 平野静 京鹿子 200309  
助手席の香の甘すぎるライラック 長沼三津夫 200407  
ライラック修道院に星が降る 加賀富美江 遠嶺 200407  
ライラック咲けば札幌なつかしく 綿谷美那 雨月 200408  
立てば鳴る骨の軋しみやライラツク 畑純子 築港 200506  
ライラック郵便受けを塗り替へる 市川十二代 ぐろっけ 200507  
咲き満ちし雨の日暮のライラック 大内恵 酸漿 200509  
ライラック運河の街はまだ暮れず 大西裕 酸漿 200607  
ライラック机上に香り移されて 稲畑廣太郎 ホトトギス 200705  
ライラック先づ香りよりもてなされ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200705  
北国ヘタイムスリップライラック 稲畑汀子 ホトトギス 200705  
水つぽき日暮来てをりライラック 高橋さえ子 200708  
ライラツクお礼の花束長持ちす 伊吹之博 京鹿子 200805  
蕾にもすでに色ありライラック 東口博美 酸漿 200806  
ライラック終電の灯の濡れてをり 野崎タミ子 炎環 200906  
取り敢へず備前の壺にライラック 水谷芳子 雨月 200907  
みどり児の眠りゐる闇ライラック 高尾豊子 火星 200908  
ライラック咲き教会に無言劇 柴田良二 雨月 201006  
ライラツク香は一瞬の風接ぐ 宇都宮滴水 京鹿子 200106  
暮れ泥む学園の街ライラック 代田青鳥 風土 201007  
背もたれの深き椅子ありライラック 廣谷総子 201007  
北二条西一丁目ライラック 内藤呈念 ホトトギス 201009  
咲きそめて雨の注げるライラック 大内恵 酸漿 201009  
風立ちてライラックの香裏庭に 有賀昌子 やぶれ傘 201012  
雨がちに雨がちに昏れライラック 稲畑汀子 ホトトギス 201104  
誰彼の旅の思ひ出ライラック 稲畑汀子 ホトトギス 201104  
さつさうと零の出発ライラック 稲畑汀子 ホトトギス 201106  
花婿のオウム返しやライラック 篠田純子 あを 201107  
散り初むるライラックの空雲流る 筒井八重子 六花 201109  
ライラック足細くなる女学生 代田青鳥 風土 201207  
街の辻つなぐむらさきライラック 粟倉昌子 201208  
ライラックにふと想ひけり妣のこと 粟倉昌子 201208  
ライラック咲きひそやかな香を撒けり 中島知恵子 雨月 201310  
襞多き黒のドレスやライラック 柿沼盟子 風土 201407  
ライラック押花にして香を閉ざす 山本雅子 馬醉木 201407  
指先の記憶のかけらライラツク 中村三郎 京鹿子 201508  
ライラック香りて父も母もゐて 河野美奇 ホトトギス 201509  
雨だれも香りを放つライラック 田中信行 201509  
永らへる事の良し悪しライラック 田中珠生 馬醉木 201707  
ふふみてはころがすワインライラック 山田佳乃 ホトトギス 201709  

 

2018年5月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。