乱 鶯     20句

老鶯  夏鶯  乱鶯  残鶯

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
乱鶯や太鼓櫓の梯子急 八染藍子 199909  
乱鶯や茶室に戦絵の襖 木田千女 199910  
乱鶯といへど山ふところを出ず 鷹羽狩行 200107  
乱鴬にとほく湯立の笹に佇ち 梶浦玲良子 六花 200111  
乱鶯の谷空変はる声なりし 奥田節子 火星 200209  
乱鶯や霊山雲を脱ぎはじめ 永本純子 200211  
乱鶯に晝酒犬目消防團 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
乱鴬に三半規管を狙はれる 柴田朱美 京鹿子 200308  
乱鴬に裏側見せぬをんなかな 柴田朱美 京鹿子 200308  
乱鶯や汗は一気にひきにけり 森理和 あを 200407  
乱鶯の谺し合へり山上湖 三関浩舟 栴檀 200409  
乱鶯に負けじと村の鍛冶屋かな 山本漾子 雨月 200409  
乱鶯や本尊補修中の寺 永本純子 200411  
乱鴬のしきり雄峰の方よりす 伊藤白潮 200507  
乱鶯や樹々に紛れて湯屋のあり 宮澤さくら 遠嶺 200709  
東慶寺の乱鶯聞きて墓参せり 杉谷文江 200709  
囗笛に釣られ乱鴬声高く 和田森早苗 201008  
乱鶯を鎮め能管高鳴れり 正谷民夫 末黒野 201404  
乱鶯やまはり道して賀茂の餅 田中珠生 馬醉木 201408  
酔ひ痴れて乱鶯声の休みなく 櫛橋直子 雨月 201608  

 

2020年6月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。