親 燕     36句

親燕雷雨の中を餌を捕りに   山口誓子

燕の子  子燕  親燕

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
たそがれへ寸刻惜昔しみ親燕 岡崎伸 199808  
五つ子の口あけさせて親燕 高木伸宜 船団 199811  
梁の巣に嘴並べ親燕 小滝奈津江 酸漿 200009  
巣立ち終へ古巣見に来る親燕 島崎勇作 酸漿 200010  
一息もつかずに立ちぬ親燕 島崎勇作 酸漿 200105  
巣立ち終へ古巣見に来る親燕 島崎勇作 酸漿 200105  
子つばめに急降下見せ親燕 正木泰子 ぐろっけ 200111  
いちはつにふれんばかりや親つばめ 三浦カヨ子 酸漿 200208  
大き口開けて待つ子へ親燕 川浪広子 築港 200308  
親燕出入り自由の駐在所 秦恒男 帆船 200408  
親燕梁に羽ばたき繰返す 寺井富三郎 築港 200408  
親つばめ懸命な時過ぎ去りし 斉藤利枝子 対岸 200502  
改札を自在に行き来親燕 今越みち子 万象 200610  
駐車場より飛礫となりて親燕 柿沼盟子 風土 200610  
親燕郵便局に通ひ詰め 石橋萬里 ぐろっけ 200709  
薄闇の巣に一こゑを親燕 藤田宏 長城 200808  
数珠屋四郎兵衛方の子燕親燕 冨山俊雄 山居抄 201008  
雨あしを掻い潜るかに親燕 岡本淳子 201010  
親燕人を恐れぬ飛翔かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201107  
万屋に黄ばむ看板親燕 福島松子 ぐろっけ 201208  
月の夜を目覚めてゐたる親燕 川端俊雄 火星 201208  
ガレージの軒へ真直ぐに親燕 杉本綾 201209  
親燕のせはしき背をたたへけり 松井倫子 火星 201209  
一旦は烏を追へり親燕 細野恵久 ぐろっけ 201307  
子燕へ取つて返して親つばめ 安斎久英 末黒野 201310  
光るもの咥へて戻る親つばめ 田所節子 201405  
餌を与え取つて返すは親燕 久世孝雄 やぶれ傘 201407  
巣に戻る夕日の中の親燕 笹村政子 六花 201408  
餌を運ぶ順を違へず親燕 堀田清江 雨月 201409  
親の来て声のひときは燕の子 杉山弥生 末黒野 201410  
親つばめ己は食はず又狩ヘ 神田惣介 京鹿子 201411  
屋根裏を飛び交ひ鳴くや親燕 王岩 あを 201506  
休みなき電気メーター親燕 甲州千草 201508  
親燕虚空自在に操りぬ 岩下芳子 201609  
親燕巣にもどりてはすぐ発てる 佐津のぼる 六花 201609  
目を外らす瞬に巣に入る親燕 溝呂木信子 201709  
育つ子に飛翔さかんの親燕 佐藤淑子 雨月 201709  
人の世の子育てに似て親燕 佐藤淑子 雨月 201709  

2018年5月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。