子 燕     

蜻蛉を翅ごと呑めり燕の子   沢木欣一

燕の子  子燕  親燕

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
子つばめの無事祈りつつ目で追いぬ 桑原敏枝 いろり 199908  
子燕が飛ぶよろこびの羽ひろげ 渡辺政子 俳句通信 199908  
子燕の巣立ちてよりの海の色 山田暢子 風土 199909  
駅員も子燕に気を取られたる 稲畑廣太郎 「廣太郎句集」 199912  
口開けて子つばめ眺める日曜日 三宅やよい 玩具帳 200004  
子燕に最短距離といふ父性 華明日香 銀化 200007  
子燕の糞上手なり上州屋 石橋翠 いろり 200008  
子燕の白き瞼が餌を欲る 大和田鏡子 俳句通信 200009  
子燕や里のゆふべの子守唄 大木あきら 春耕 200009  
子燕を乗せて島航く連絡船 河井富美子 ぐろっけ 200009  
子燕のくるりと風を廻しけり 小島とよ子 遠嶺 200011  
子燕に通勤客の歩の軽し 稲畑廣太郎 ホトトギス 200106  
子燕の眼下に人の生活かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200106  
蕎麦打つてをり子燕がこぼれさう 佐藤よしい 風土 200107  
子燕や和裁しますと木札揺れ 熊丸淑子 馬酔木 200108  
子燕の四郎五郎も大口よ 中川濱子 ぐろっけ 200108  
子燕の何か落とせし一飛沫 高橋邦夫 風土 200109  
信州の親子燕に空晴るる 国分七穂 酸漿 200109  
子燕を見てゐる雨のエアポート 笹倉さえみ 雨月 200109  
喪の家の軒に子燕こぼれさう 伊藤和枝 百鳥 200110  
子つばめに急降下見せ親燕 正木泰子 ぐろっけ 200111  
何はともあれ子燕の初飛翔 小島みつ代 200207  
じやんけんに子燕覗く順決る 増田松枝 馬醉木 200208  
子燕の親のごとくに飛びにけり 船山博之 百鳥 200208  
子燕の声だしぬけに書店出づ 西澤ひで子 遠嶺 200208  
習ひ飛ぶ子燕白き胸そらし 萩谷幸子 雨月 200208  
どの軒も子燕の口歌ひをり 三村禮子 酸漿 200208  
子燕の頭が一つふえてをり 吉田政江 200209  
子燕に軒貸す島の天主堂 辻本みえ子 馬醉木 200209  
子燕の力尽きたる小糠雨 鈴木勢津子 200209  
子つばめの妻籠の空を賑やかに 飛高隆夫 万象 200212  
子燕に水都の風のやはらかし 鈴鹿仁 京鹿子 200308  
屋根に並む子つばめみんな同い年 平田はつみ 馬醉木 200310  
子燕の口開く午後の茶房かな 森本純子 200406  
子燕の留吉までの五兄弟 藤田かもめ 200407  
子燕に出入りを許す老舗かな 関根洋子 風土 200407  
子燕の落ちむばかりに口開き 石川とみ子 栴檀 200410  
聞けばきこゆる子燕の模糊の声 風間史子 200508  
ゆたかなる川幅は子燕のもの 豊田都峰 京鹿子 200508  
子燕の軌跡はいまだ山を出ず 豊田都峰 京鹿子 200508  
子燕の二月堂より巣立ちける 萩谷幸子 雨月 200508  
子燕や目抜き通りの歌舞伎絵図 米須あや子 遠嶺 200509  
子燕の口いつぱいに空を吸ひ 大石たか 遠嶺 200509  
のど飴や仁王の口と子燕と 延広禎一 200509  
子燕を拒食児の母褒めてをり 吉村一郎 百鳥 200509  
子燕の巣立ち遅れの一羽かな 久保晴子 雨月 200509  
子燕の口に余りしもの跳ねる 高橋千美 京鹿子 200509  
軒並に子燕育つ海野宿 岡田房子 酸漿 200509  
海野宿軒に子燕育ちをり 大里快子 酸漿 200509  
子燕へ米屋の蔀上げしまま 志奈禮子 万象 200510  
子燕や御油赤坂の連子窓 林いづみ 風土 200607  
子燕や昔旅籠に薬売る 村田さだ子 酸漿 200608  
子つばめの声しきりなる義士の墓 戸栗末廣 火星 200609  
子燕のこゑの沸きたつ巣立かな 工藤ミネ子 風土 200609  
子燕のもう身一つの風返し 遠藤真砂明 200609  
子燕はカルテットにて餌をねだる 岩崎可代子 ぐろっけ 200609  
子燕をみつめていたる鴉かな わかやぎすずめ 六花 200609  
子燕の顔出してゐる泥の城 青木民子 酸漿 200610  
子燕のにぎはふ駅に降り立てり 小平恒子 酸漿 200610  
子燕の反り橋くぐりきりもなし 小島みつ代 200708  
子燕の太郎次郎と飛び立てり 谿翠泉 200710  
子燕の白いホテルのまぶしさに 和田照海 京鹿子 200710  
子燕の声や陶土をうち揉みぬ 生井慶子 万象 200711  
医院閉づまだ子燕の軒にゐて 中原敏雄 雨月 200801  
子燕の風知りそめし頭かな 山尾玉藻 火星 200907  
子燕のすつたもんだのありにけり 荒井和昭 200908  
子燕の飛翔慎重雨の中 新実貞子 200909  
木橋の下の子燕飛び立てり 高田令子 200909  
子燕の巣より顔出す登城門 岩木茂 風土 200909  
ひたすらに子燕親を待ちてをり 中緒和子 酸漿 200909  
子つばめの嘴は黄色い楽器かな 小澤克己 遠嶺 200910  
とんぼの羽残し子燕発ちにけり 山本耀子 火星 200910  
白き胸張りて子燕巣立つ朝 木内美保子 六花 200910  
子燕の骸を抱いて子の泣ける 鎌倉喜久恵 あを 200909  
子燕の舌の奥まで餌を待つ 秋千晴 200910  
街道の子つばめ仰ぐ旅の人 福本スミ子 201007  
子つばめの軒の騒めく歯科医院 東芳子 酸漿 201007  
もう一度子燕の口数へをり 笹村政子 六花 201007  
数珠屋四郎兵衛方の子燕親燕 冨山俊雄 山居抄 201008  
風筋をつかみ子燕飛び立ちぬ 西川みほ 末黒野 201009  
子燕や宿場貫く用水路 森清信子 末黒野 201009  
子燕やすっくと伸ぶる椰子一樹 森清信子 末黒野 201010  
口大き子燕がまづ餌を貰ふ 谷泰子 ぐろっけ 201010  
子燕の羽根小きざみに待つてをり 戸栗末廣 火星 201010  
子燕の親のむほどの口をあけ 川崎良平 雨月 201108  
餌を待つ子燕口の裂けるかに 桂敦子 201109  
子燕の人に見られて親の陰 濱上こういち 201109  
看板は獣医子燕育つ軒 磯野しをり 雨月 201109  
子燕の明日に大空ひろごれる 小原登志春 雨月 201109  
子燕に遠まなざしの夕べあり 南うみを 風土 201208  
地震どんと子燕糞を落としけり 大坪景章 万象 201208  
子燕の塒今年も古駅舎 藤田かもめ ぐろっけ 201209  
子燕の旋回風が裏返す 鈴木照子 201210  
金環日食子つばめは口開けて 戸栗末廣 201210  
電線に子つばめの群れ巣を閉づる 東秋茄子 京鹿子 201210  
子つばめに任せ駐在巡回中 佐藤満智子 ろんど 201209  
子燕の犇めく軒や道の駅 菅野日出子 末黒野 201210  
子燕の軒端に眠りバスを待つ 前川美智子 末黒野 201211  
巣燕の顔出す二羽や奈良格子 北村淳子 ろんど 201211  
口大きく開けて日本の燕の子 広渡敬雄 201303  
燕の子人の子もいま食べ盛り 高橋将夫 201306  
手の平に子燕包み如何にせむ 小池清司 かさね 201307  
子燕へ取つて返して親つばめ 安斎久英 末黒野 201310  
子燕も巣立ち虫追ふ旅準備 神田惣介 京鹿子 201310  
落ちそうな子燕見惚れ遅れけり 今井忍 ぐろっけ 201310  
子燕を鳴かせ交番いつも留守 高橋明 末黒野 201408  
子燕や天井低き虫籠窓 船越和香 馬醉木 201408  
子燕の揃ひもそろひ口揃ヘ 松本三千夫 末黒野 201408  
口裂けむばかり子燕餌をせがむ 堀田清江 雨月 201409  
子燕を通りすがりの母子と見る 秋田典子 六花 201410  
子つばめは顔いつぱいに口開けて 神田惣介 京鹿子 201411  
摩天楼目指し子燕飛び立てり 岩月優美子 201508  
待たされて子燕のごと歯科診療 松林依子 201509  
子燕の顔の四つは揃ひけり 大崎紀夫 虻の昼 201510  
子燕の闇より口を開けて待つ 生田恵美子 風土 201510  
子燕や膳所の商家の深庇 津川かほる 風土 201512  
子燕のそれぞれ違ふ方を見て 亀井紀子 201606  
子燕の声の降り来る雨宿り 安居正浩 201607  
子燕も一見さんも加賀日和 鈴鹿呂仁 京鹿子 201607  
子燕に口の大小すでにあり 高橋道子 201608  
落ち癖の子燕二倍ポイントデー 笹村恵美子 201609  
軒先に子燕並ぶ過疎の村 杉本薬王子 風土 201609  
子燕の何が何でも口開けな 吉村幸子 雨月 201609  
子燕の口のひとつが見当たらず きくちきみえ やぶれ傘 201609  
子燕の顔出してゐる余震かな 岩岡中正 ホトトギス 201611  
子燕や端の子の餌の不平等 落合由季女 雨月 201705  
子燕の口の大きさ競ひあふ 安居正浩 201708  
子つばめの仕草を見つつ人を待つ 今井妙子 雨月 201708  
子燕や造り酒屋の店先に 岡田史女 末黒野 201709  
子燕に縦横の空無人駅 中村千久 万象 201710  
子燕や端の一羽の気にかかり 今橋眞理子 ホトトギス 201711  
子燕や駄菓子屋萬屋とんと見ぬ 田岡千章 201712  
子燕の下駅長の出勤す 稲畑廣太郎 ホトトギス 201806  
燕の子人の視線に守られて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201806  
口開けてあけて子燕育ちゆく 稲畑廣太郎 ホトトギス 201806  
子燕の抜くる空みな真新し 森村江風 201807  
子燕を鳴かせ交番いつも留守 門伝史会 風土 201808  
子燕の喃語落ちくる駐在所 佐藤保子 馬醉木 201808  
賑賑と子つばめの鳴く軒の梁 亀卦川菊枝 末黒野 201808  
嘴黒くなる子燕に未知の空 大久保志遼 201809  
嘴のわたしわたしと燕の子 大石恵子 201809  
雨の日や喋りに倦みて燕の子 山田由利枝 雨月 201809  
良き便りとどく朝や燕の子 北村梢 京鹿子 201809  
燕の子仏師の家に生まれけり 住田千代子 六花 201809  
コンクリートの島に代々燕の子 おーたえつこ 201809  
海を見て水軍の地の燕の子 密門令子 雨月 201810  
迫り出して口のみ見する燕の子 櫛橋直子 雨月 201810  
鉤の手に二世帯住まひ燕の子 森清信子 末黒野 201810  
乗り出して身の反り返る燕の子 山田健太 風土 201811  

 

2019年5月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。