落椿 3       142句

蟻穴を出て落椿々々    川崎展宏

落椿  椿落つ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
不思議なる空間ありぬ落椿 竹下昌子 200805  
菩提寺に径狭まりて落椿 岸はじめ ぐろっけ 200805  
落椿曼荼羅絵図をさながらに 小澤菜美 200806  
水際で止つてをりぬ落椿 湯川雅 ホトトギス 200806  
落椿なほなほ妍を競ひ合ふ 泉田秋硯 200806  
魂のまだぬけきらぬ落椿 森佳子 遠嶺 200806  
野良猫のついぞ失せしか落椿 西田敏之 ぐろっけ 200806  
落椿人行き交ひてをりにけり 井上信子 200806  
機械室出て落椿落椿 戸栗末廣 火星 200806  
落椿仏足石を飾りけり 菊池由惠 酸漿 200806  
落椿入江の波にたゆたへり 柳田和子 酸漿 200806  
転々とある落椿康成忌 浅田光喜 絵巻物 200806  
落椿どうにもならぬ程赤し 野路斉子 200806  
落椿掻きよせゐたる人の足 十川たかし 200807  
忌を修し無情の輪廻落椿 吉田裕志 200807  
落椿踏むまい踏絵拒否ごころ 宮入河童 200807  
走り根は燈のひとつに落椿 瀬島洒望 やぶれ傘 200807  
古き代の血の記号とし落椿 稲岡長 ホトトギス 200808  
落椿象山の間の暗きかな 稲岡長 ホトトギス 200808  
表裏表表や落椿 蔦三郎 ホトトギス 200808  
つゞきたる音のたしかに落椿 浅井青陽子 ホトトギス 200808  
落椿残して帰る女寺 谷岡尚美 200808  
つづけざま音のありたる落椿 浅井青陽子 ホトトギス 200809  
門前に踏みつぶされし落椿 ことり 六花 200903  
落椿象の小川にほとりして 稲畑汀子 ホトトギス 200904  
磯道の深きへ誘ふ落椿 植田桂子 馬醉木 200904  
落椿うかと踏みたるよりの鬱 片桐てい女 春燈 200904  
雨よりも日のむごたらし落椿 岡本眸 200903  
突風に向き変へしのみ落椿 山田六甲 六花 200904  
直弼の墓のほとりや落椿 浅野恵美子 酸漿 200904  
色艶をいつまで残す落椿 坂本幸子 酸漿 200904  
月華殿続く石段の落椿 阿部悦子 酸漿 200904  
ここよりは通行止めよ落椿 松岡和子 200905  
落椿踏まねば墓に近づけず 佐藤信子 春燈 200905  
落椿流人の墓の苔むして 石原節子 春燈 200905  
落椿とはひそやかに華やげる 山田天 雨月 200905  
落椿よちよち歩く男の児 阿部泰子 春燈 200905  
落椿踏みし蹠を持ち歩く 浜口高子 火星 200906  
落椿いきいきとして手から掌へ 加藤季代 万象 200906  
戦争も戦後も遠し落椿 松下千恵子 春燈 200906  
たましひの蘂いきいきと落椿 安達風越 雨月 200906  
會釈してはて誰ならむ落椿 芝尚子 あを 200906  
手箒にいのちの重さ落椿 冨松寛子 200907  
安寿塚埋めつくして落椿 山田春生 万象 200907  
落椿紅のなだれる本丸跡 品川鈴子 はらから 200911  
掃きながら集めてゐたる落椿 ことり 六花 201002  
黒々と雪に埋もるる落椿 ことり 六花 201002  
天帝へ飽くなき思慕や落椿 塩路隆子 201004  
石棺の蓋の湿りや落椿 森清尭 末黒野 201004  
流転せし疵よ河口の落椿 山田六甲 六花 201004  
富士仰ぐ沼津アルプス落椿 須賀敏子 あを 201004  
慶喜の無念思ひつ落椿 鈴木阿久 201005  
落椿べたべた下総国分寺 大坪景章 万象 201005  
咲ききつて昨日は遠し落椿 都丸美陽子 春燈 201005  
切通し抜けて夕日の落椿 吉村さよ子 春燈 201005  
落椿渦巻く川の蒼みをり 小山紫乃布 末黒野 201005  
落椿錆びぬ古刹の石畳 小澤淳子 201005  
落椿つくばひの水溢れしめ 窪田粧子 馬醉木 201006  
落椿乙女てふ色失はず 四條進 201006  
雨あとの小草に坐る落椿 大坪景章 万象 201006  
落椿蘂の奥処に陽の至る 安藤久美子 やぶれ傘 201006  
落椿まるく染まりし浄土かな 竹内悦子 201006  
落椿その時だけのかはいさう 頓所友枝 201006  
落椿十一面さまへ詣でたり 落合絹代 風土 201006  
落椿走り根に来て止まれる 和田崎増美 雨月 201006  
戒名に紅の字のあり落椿 陶山泰子 ぐろっけ 201006  
落椿重なり合うて色たがふ 井上淳子 火星 201006  
真紅なほ余生自負せる落椿 塩路五郎 201007  
たましひのまだ抜けきらぬ落椿 中村文夫 201007  
紅白の色の豊かさ落椿 北村香朗 京鹿子 201007  
曲水に筏組みたる落椿 廣瀬雅男 やぶれ傘 201007  
連れ立つといふもあるべし落椿 相良牧人 201007  
落椿闇退けてゐたりけり 涼野海音 火星 201007  
両の手に溢れんばかり落椿 加藤恵子 万象 201007  
蹲踞の底に灯りぬ落椿 武司琴子 ぐろっけ 201007  
落椿しばし花瓶の横に置く 筒井八重子 六花 201007  
落椿捨身の彩の潔し 和田照子 201008 常照寺
一善の心にさせた落椿 丸山佳子 京鹿子 201008  
ゆつくりと土塀溶けゆく落椿 鳳蛮華 201008  
落椿そのまま置かれたる風情 稲畑廣太郎 ホトトギス 201103  
土の上になほ凛として落椿 近藤きくえ 201103  
箒目の流れに乗れり落椿 森岡正作 201104  
落椿盆に載せたる紅さかな 篠原幸子 春燈 201105  
火の色となりて流れへ落椿 松本三千夫 末黒野 201105  
箒目の通る参道落椿 永塚尚代 ぐろっけ 201105  
頬杖の江戸の石仏落椿 須賀敏子 あを 201105  
落椿庭に嵩ます無住庵 廣瀬義一 雨月 201105  
落椿海士の手になる土産物 苑実耶 201106  
石段は磨崖仏へと落椿 苑実耶 201106  
今生に音を残せし落椿 相良牧人 201106  
落椿つまみし指のぬれにけり 杉浦典子 火星 201106  
落椿をしべめしべに日の温み 井上淳子 火星 201106  
肩先に金色の粉落椿 加藤みき 201106  
諦めに似し沈黙や落椿 柴田朱美 京鹿子 201106  
喪の家のいたるところに落椿 柴田朱美 京鹿子 201106  
己が木の影におさまり落椿 清海信子 末黒野 201106  
落椿浮くつくばひの水蒼し 小倉正穂 末黒野 201106  
利休忌の雨に色濃き落椿 三輪温子 雨月 201106  
里人の守れる妓王寺落椿 塩見英子 雨月 201106  
落椿まだ聞き耳を立ててをり 野口喜久子 ぐろっけ 201106  
嵩なして何を主張の落椿 中島讃良 ろんど 201106  
手にとるや朱をつくしたる落椿 青木陽子 酸漿 201106  
蔓ばらの棘にかかりし落椿 大坪景章 万象 201107  
落椿容のままにくづれをり 藤井昇三 六花 201107  
半分は土になりたる落椿 天谷翔子 火星 201107  
落椿賑やかなりし大地かな 竹内悦子 201107  
落椿鎮守の杜の木々の騒 赤松鈴江 京鹿子 201108  
落椿泣くがごとくに野の仏 仲田眞輔 ぐろっけ 201108  
いきいきと天を向きけり落椿 大場ましら 201108  
海光の火山灰よなに散らばり落椿 熊切光子 末黒野 201108  
落椿ころっと落ちる美学かな 岸田爾子 201109  
堰を落ち椿一輪空を向く 内藤三男 ぐろっけ 201109  
何事ぞ象の真紅の落椿 稲岡長 ホトトギス 201110  
野宮の苔厚ければ落椿 コ田千鶴子 花の翼 201111  
石庭に抜け穴のあり落椿 長谷川鮎 ぐろっけ 201202  
バスに触れ旧街道の落椿 長谷川鮎 ぐろっけ 201202  
海鳴りや砲台跡の落椿 牧はるか 末黒野句集 201203  
山道に赤を敷き詰め落椿 岡本ヨシエ 末黒野 201204
落椿風にころがる気配なし だいじみどり 201205  
古城下の遊里の跡や落椿 柴崎富子 春燈 201205  
落椿少し流れて沈みけり 須賀敏子 あを 201205  
尼寺に情念のいろ落椿 小山繁子 春燈 201206  
ぽつぽつと朽つる築地に落椿 江島照美 201206  
触れられてほしくない過去落椿 柴田朱美 京鹿子 201206  
駄菓子屋のまだある路地の落椿 柴田朱美 京鹿子 201206  
島の径絶え磯となる落椿 松本三千夫 末黒野 201206  
生き生きと水盤せばめ落椿 外山節子 末黒野 201206  
俳句かと笑ふ里人落椿 笹井康夫 201207  
この光り灯台であり落椿 飯田ひでを 201207  
落椿遊戯の器に拾はむと 近藤紀子 201207  
落椿神代の水に廻りけり 城孝子 火星 201207  
うつ伏せの横目で笑ふ落椿 鳥居おさむ 鳥居おさむの、背骨。 201207  
金色の蕊全しや落椿 安斎久英 末黒野 201207  
要塞は戦の名残り落椿 岡野里子 末黒野 201207  
しばらくは根方に寄せて落椿 青木朋子 201208  
一椿樹より一山の落椿 塩田博久 風土 201208  
境内の一隅紅し落椿 稲垣佳子 末黒野 201208  
落椿載せてペットの小さき墓 先山実子 ぐろっけ 201208  
三四郎池にいちりん落椿 有賀昌子 やぶれ傘 201209  
那谷寺は苔の寺なり落椿 北崎展江 くりから 201209
頑固なる急峻の城落椿 山田六甲 六花 201304  
まばたきのこの一瞬の落椿 宮崎左智子 201305  
路地庭の関守石や落椿 古川千鶴 かさね 201305  
水ぎはといふしづけさの落椿 山尾玉藻 火星 201305  
地の冷えにくれなゐ深め落椿 大崎ナツミ 雨月 201305  
落椿残す昭和の弾薬庫 笠井清佑 201306  
落椿清むる庭に紅とどめ 原田たづゑ 春燈 201306  
ふる里や潮の香深く落椿 鶴岡紀代 春燈 201306  
夜をこばむ法念院の落椿 戸栗末廣 火星 201306  
露坐仏のまはり小暗き落椿 鈴木一三 末黒野 201306  
池に浮く朱の瑞みづし落椿 森清信子 末黒野 201306  
山道具残す廃屋落椿 坂根宏子 野山の道 201404 落椿→ 4

 

2020年4月23日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。