落 椿 1     100句

詩仙堂より金福寺まで落椿    高浜虚子

落椿  椿落つ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
落椿しだいに重くなりにけり
野中亮介
馬醉木
199902
落椿山に消えゆく姫街道
松崎鉄之介
199903
貝光るオランダ塀や落椿
水原春郎
馬醉木
199905
たましひは枝にのこして落椿
鷹羽狩行
199905
忘れたる箒の先も落椿
佐藤康子
遠嶺
199906
一島は媛の神籬落椿
渡邊牢晴
雨月
199906
落椿ふえ来於大の墓見え来
渡邊牢晴
雨月
199906
如来像組む掌を打てり落椿
加藤和子
春耕
199906
杓一つ置かるる磴や落椿
穴澤光江
遠嶺
199907
落椿重なり合うて炎たつ
小島とよ子
遠嶺
199908
落椿さらさらひかる遠い川
わたなべじゅんこ
船団
199912
落椿乾かして焼く総身主婦
日下敬
船団
199912
拾ふとは辞儀するかたち落椿
田淵昌子
京鹿子
200001
落椿とてひそやかにひそやかに
稲畑汀子
ホトトギス
200003
解け初めし苔の淡雪落椿
和田祥子
馬醉木
200004
変らざる水音のあり落椿
桑垣信子
いろり
200004
落椿鶏またも窺ひ来
山田美恵子
火星
200005
挫折して故郷に帰る落椿
丹羽杏華
京鹿子
200005
落椿優婆夷の宮に数増やす
宮津昭彦
200005
落椿あまたの一つ重なれる
岡本眸
200005
落椿手応へのある重さかな
平しげる
酸漿
200006
ザビエルの像にぼたぼた落椿
堀田清江
雨月
200006
落椿拾いて土にかえしけり
久保田一豊
いろり
200006
落椿蜜の甘さを残しけり
久保田一豊
いろり
200006
落椿地響たてて笑ひをり
市川伊團次
六花
200006
落椿まだ濡れ色の朝の径
水田清子
200006
見飽きたりとも落椿おちつばき
高沢友子
200006
今はただうらみもあらじ落椿
山田六甲
船団
200008
生と死のあはひどれだけ落椿
中原道夫
銀化
200101
落椿行きつく先は阿呆鳥
鶴濱節子
船団
200103
船隠し吹き寄せられし落椿
岩村節子
200104
落椿早き流れに身を委ね
栢森定男
あを
200104
落椿多佳子の血潮通へるか
山田弘子
円虹
200105
三曲りの一歩に赤き落椿
今井和子
風土
200105
踏むまじや樹下繚乱の落椿
塩見育代
200105
池の面の空をみてゐる落椿
石山惠子
遠嶺
200105
日陰日向と置きしごとくに落椿
和田敏子
雨月
200105
落椿水輪広ごる心字池
三枝邦光
ぐろっけ
200105
底知れぬ心の淵へ落椿
小山徳夫
遠嶺
200106
落椿掃き寄せひらく茶店かな
小林輝子
風土
200106
自転車にかかりてありぬ落椿
中根美保
風土
200106
落椿苔敷くがあり敷かぬあり
阿部ひろし
酸漿
200106
厭離とは薮の囲みの落椿
豊田都峰
京鹿子
200106
元使みな春秋に富み落椿
松崎鉄之介
200106
いつまでも聖女でをれぬ落椿
丸山佳子
京鹿子
200107
ほたと赤ほとほと風の落椿
河野美奇
ホトトギス
200108
散りて知る以外に多き落椿
並木重助
酸漿
200108
丁寧に掃き寄せられし落椿
新関澄子
遠嶺
200108
飛石の蔵へとつづく落椿
芳賀雅子
航跡
200108
綾とりのいつも川なり落椿
木山杳理
京鹿子
200109
落椿地に吸われゆく指紋かな
伊藤翠
船団
200109
落椿恋しきひとや如何にせむ
山陰石楠
200110
神霊矢口ノ渡し・頓兵衛住家ノ場
落椿声あげしこと誰も知らず
今城知子
船団
200110
落椿うかべ華やぐにはたづみ
能村登四郎
羽化
200110
自づから美醜を尽くし落椿
能村登四郎
羽化
200110
落椿泰山木の影にあり
栗栖恵通子
200203
神苑の流れに委ね落椿
松永晃芳
百鳥
200204
仏御前祇王をしのぶ落椿
齋藤幸子
酸漿
200204
句碑の字は久女の血潮落椿
山田弘子
円虹
200205
茶祖堂の露地清浄に落椿
岩瀬操舟
円虹
200205
濡れてゐる小径に二三落椿
黒川悦子
円虹
200205
鵯のこゑ残したつ落椿
江原正子
春耕
200205
日帰りの予定でありし落椿
梶浦玲良子
波小舟
200205
いささかは輪廻を信じ落椿
藤原照子
200205
落椿ころりと人に騙されて
笠間圭子
京鹿子
200206
苔の上によみがへりたる落椿
西宮舞
200206
落款の位置のきまりぬ落椿
村重香霞
200206
海へ出る谷戸の風路落椿
遠藤匡子
遠嶺
200206
掌に雨ふくみたる落椿
田澤初枝
遠嶺
200206
街騒の届かぬ宮居落椿
小池洋子
雲の峰
200206
落椿罪の意識は無かりけり
山内秀
銀化
200206
掌より掌へ乗りて全き落椿
山田美保
200206
洗濯の濡れ手で掴む落椿
野路斉子
200206
舟宿の灯や塀沿ひの落ち椿
相沢有理子
風土
200207
剣道着干されてありぬ落椿
谷上佳那
百鳥
200207
落椿山路険しくなるばかり
田中子
円虹
200207
まだ息のありたるごとし落椿
植松美根子
200207
落椿もう風怺ふ力なし
仲村青彦
200207
黝みし尼院裏庭落椿
山田をがたま
京鹿子
200208
庭石に日射ざらつく落椿
青砥真貴子
200208
住友の迎賓館に落椿
鈴木てるみ
ぐろっけ
200301
ゆく雲や重なりあひて落椿
堀内一郎
あを
200302
イヤリング皆で探しぬ落椿
稲畑汀子
ホトトギス
200303
休日の校庭静かに落椿
芝宮須磨子
あを
200304
亀石の吐く水に落椿かな
山田六甲
六花
200304
ゆきずりに拾ふ波郷の落椿
伊藤白潮
200305
古びたる人形塚や落椿
青木政江
酸漿
200305
落椿甕に浮びて華やげり
大山妙子
酸漿
200305
落椿禊の川を赤うせり
梶島邦子
築港
200305
掃き寄せて捨つるに惜しき落椿
小笠原扶美女
築港
200305
転がして転がして掃く落椿
長尾あや
築港
200305
落椿をんな死ぬまで紅が好き
水谷芳子
雨月
200305
激つ瀬に浮き沈みして落椿
野田光江
雨月
200305
落椿乳房はかることもなく
宇都宮滴水
京鹿子
200305
落椿おどろきの黄の長捷毛
斎藤棹歌
200306
欝然と光陰こぼす落椿
松永唯道
円虹
200306
屋敷神あり落椿落椿
塩川雄三
築港
200306
山気濃き本陣跡の落椿
塩川雄三
築港
200306
椿の本陣
土牢の前に真つ赤な落椿
加藤サヨ子
築港
200306
踏んで行く形のままの落椿
上出曙美
築港
200306

 

 

2014年4月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。