おぼろ 2    200句

おぼろ  

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
街おぼろ若き日の書肆見当らず 勝亦年男 200308  
義弟死すなりたまさかのおぼろ月 岩上とし子 200309  
六万年ぶりの火星に月おぼろ 平松かをる 六花 200312  
橋おぼろ身丈のうしろすでに過去 山元志津香 西の峰 200401  
おぼろかなまつすぐ駅へ下戸同士 藤原照子 余韻 200403  
雨上りおぼろの星を蔵す空 稲畑汀子 ホトトギス 200404  
紋どころ見せぬ黄門おぼろ池 鈴鹿仁 京鹿子 200404  
蓮池の呟いてをるおぼろかな 岡本眸 200404  
おぼろ夜の月のいたずら人違ひ 橘沙希 月の雫 200404  
月おぼろ長距離バスの発着所 梅村達子 帆船 200405  
句の道の老いても尽きぬ星おぼろ 河西みつる 草の花 200405  
沖遠く動かぬ巨船夕おぼろ 木下節子 雲の峰 200405  
沢風のくぐる葛の橋おぼろ 久保一岩 雲の峰 200405  
海おぼろなり前世とも来世とも 伊藤白潮 200405  
杉玉をおぼろの芯に闇育つ 西川織子 馬醉木 200405  
光背なき大仏拝し夕おぼろ 大橋敦子 雨月 200406 飛鳥大仏
尊皇も佐幕も城の花おぼろ 密門令子 雨月 200406  
おぼろ濃き沃野眼下に五丈原 須賀遊子 200406  
おぼろ夜の城牆に凭り胡弓聞く 須賀遊子 200406  
山おぼろ陽に浮き立てる磨崖仏 佐藤和子 200406  
使徒のごと自販機並ぶおぼろかな 高千夏子 200406  
水琴窟の音階探るおぼろかな 遊橋恵美子 風土 200406  
おぼろ夜の弔歌にも似て波の音 平子公一 馬醉木 200406  
来し方の禍福もおぼろ今おぼろ 木村風師 馬醉木 200406  
おぼろ夜の他郷へ橋が掛かりをり 小野恵美子 馬醉木 200406  
看取る身に雑音多しおぼろ月 窪田粧子 馬醉木 200406  
航跡の弧の白じろと湾おぼろ 窪田粧子 馬醉木 200406  
夜桜や彼方に月のおぼろなる 大内恵 酸漿 200406  
一灯をかかげておぼろ育てゐる 豊田都峰 京鹿子 200406  
ひともしておぼろをあつくしてをりぬ 豊田都峰 京鹿子 200406  
鰕蔵や河原崎座の月おぼろ 林日圓 京鹿子 200406  
煩悩の出口をふさぐおぼろ月 丸井巴水 京鹿子 200406  
草庵に鉄鉢ひとつ夕おぼろ 小澤克己 遠嶺 200406  
おぼろ夜の独り暮しに悔い残り 伊藤光子 ぐろっけ 200406  
来すぎしか朧おぼろの京の路地 安原葉 ホトトギス 200407  
満潮に金印の島おぼろなり 中村房子 馬醉木 200407  
花おぼろ太夫寄進の吉野門 川勝春 馬醉木 200407  
おぼろ月母の迎へを待つ子かな 村田美穂子 百鳥 200407  
おぼろ夜やてのひらにある赤珊瑚 谷村幸子 200407  
洞穴の出湯に沈めば島おぼろ 豊田都峰 京鹿子 200407  
山頭火おぼろに味取観世音 角直指 京鹿子 200407  
西南役おぼろに死者に懺悔なし 角直指 京鹿子 200407  
川いくつ渡りて帰路の月おぼろ 堀田恵美子 雨月 200407  
御柱を曳き出す岳のおぼろかな 密門令子 雨月 200407  
おぼろ夜の寝酒のはずが眼の冴えて 長沼三津夫 200407  
受話器から訃報それから沖おぼろ 若泉真樹 瑠璃 200407  
男らも紅き唇花おぼろ 星加克己 ぐろっけ 200407  
おぼろにもいくつかのいろうすべにも 八田木枯 夜さり 200409  
おぼろとはかぶくものとぞ白襖 八田木枯 夜さり 200409  
月おぼろ痒きところへ手がゆかず 八田木枯 夜さり 200409  
手毬唄ところどころがおぼろなり 大串章 百鳥 200502  
講演の原稿おぼろ朧かな 稲畑汀子 ホトトギス 200503  
嬰を抱ける海女の胸元初おぼろ 矢澤壽美 200504  
丘の木の稍をゑがく月おぼろ 阿部ひろし 酸漿 200504  
おぼろ闇魔法使ひの杖さがす 宇都宮滴水 京鹿子 200504  
朧月おぼろの傘に星ひとつ 山田六甲 六花 200504  
月よりも更におぼろに星添へる 藤浦昭代 ホトトギス 200504  
月おぼろ開眼を待つ句碑寝かせ 能村研三 200504  
月おぼろ金箔残る大佛塔 須賀允子 万象 200505  
おぼろ夜の雌峰まされり筑波山 中村翠湖 馬醉木 200505  
わが脚の鰭となる夜か海おぼろ 西村梛子 馬醉木 200505  
嵯峨野歩きおぼろの鐘にしめくくる 荒井書子 馬醉木 200505  
トネリコの気息ありけるおぼろかな 栗栖恵通子 200505 トネリコ=宇宙樹
丘にいま見よ朧月おぼろ星 阿部ひろし 酸漿 200505  
自販機が罐を転がす夕おぼろ 西屋敷峰水 河鹿 200506  
心までおぼろなり南無鬼子母神 平子公- 馬醉木 200506  
兜煮の口元おぼろなりしかな 高橋将夫 200506  
二度読んで二度目も笑ふ文おぼろ 田村園子 200506  
家訓とて今はおぼろよ木守柿 中野英歩 八千草 200506  
終列車車庫へ入れられおぼろ濃し 宮川典夫 200506  
繍帳を拝す尼寺灯のおぼろ 岡部邦枝 200506  
喪帰りのネクタイを解く夕おぼろ 長沼三津夫 200506  
おぼろ夜の爪切ることも旅用意 前田陶代子 200506  
おぼろ夜や菜の花畑に陽が落ちて 林生子 200506  
針穴のおぼろ嘆きし母を恋ふ 尾辻のり子 河鹿 200507  
春の月おぼろおぼろと蟹ほそる 中元英雄 河鹿 200507  
金魚田も餌を撒く人も夕おぼろ 城孝子 火星 200507  
古都おぼろ豊かな胸の仏達 三浦如水 ぐろっけ 200507  
おぼろ夜の猫の五行詩猫新聞 玄内栄 帆船 200507  
月おぼろライトアツプの藤の花 福田栄子 帆船 200507  
おぼろ夜や師の声ことに優しかり 大竹淑子 風土 200507  
通天閣おぼろに浮ぶ二上山 梅原美子 200507  
沖おぼろ一寸法師の船が航く 伊藤希眸 京鹿子 200507  
鐘おぼろ読めぬ梵字に掌を合はせ 岸本久栄 雨月 200507  
銃声で終はる舞台や月おぼろ 甲斐よしあき 百鳥 200507  
立ち止まり歩きおぼろの夜の嬉し 神谷瑛子 百鳥 200507  
振りむけば知らぬ人なり月おぼろ 柿澤喜三郎 百鳥 200507  
おぼろ夜の一人の月を抱きしむる 松本安弘 六花 200507  
来る人と去る人閻魔堂おぼろ 福山至遊 200507  
経緯儀の焦点おぼろ達治の忌 鈴掛穂 200508  
吊橋は峡の堅琴月おぼろ 長谷川春 200508  
おぼろ夜の波に別の世思ひをり 江崎成則 栴檀 200508  
朧よりおぼろへ消ゆる終電車 江崎成則 栴檀 200508  
白き巨船おぼろに遠し青春も 柿澤喜三郎 百鳥 200508  
おぼろ夜の猫と眼が合ふ不覚かも 森津三郎 京鹿子 200508  
月朧花おぼろなる橋ゆきき 葛馬房夫 雨月 200508  
大山の裾をおぼろの伯備線 玉川悠 遠嶺 200509  
水おぼろ首あぐる馬の唇鳴りぬ 瀧春一 菜園 200509  
内陣のおぼろ翁の篭りあと 横井博行 万象 200510  
端居しておぼろおぼろと童歌 服部早苗 200510  
昆布つけて水の糸引く夕おぼろ 田所節子 涼しき嵩 200511  
庖丁に羊羹吸ひつく夕おぼろ 楠原幹子 白卓布 200602  
浜おぼろ一歩一歩に砂鳴かせ 楠原幹子 白卓布 200602  
その先は蘭奢待あるおぼろかな 安岡房子 200604  
街道のおぼろ濃し司馬遼太郎 秋葉雅治 200604 没後十年
楢山も月もおぼろの夜なりけり 阿部ひろし 酸漿 200604  
部屋部屋の灯も庭の灯もおぼろなる 安陪青人 雨月 200604  
犀川や川の向うの橋おぼろ 山田六甲 六花 200604  
青き猫いらかを越ゆるおぼろ月 淵脇護 河鹿 200605  
災難の人偲びたるおぼろ月 片山茂子 遠嶺 200605  
着信音おぼろおぼろの夜なりけり 加藤みき 200605  
おぼろかな角隠してふ被りもの 戸田春月 火星 200605  
町騒の波音めけるおぼろかな 岡本眸 200605 荒川町屋周辺
魚焦がし我に返りぬ夕おぼろ 藤原照子 200605  
若き姉もヘチマコロンもおぼろかな 千田百里 200605  
魚に湯をさつとかけたる夕おぼろ 田所節子 200605  
おぼろ夜の柱時計に螺子くれて 淵脇護 河鹿 200606  
父征きし記憶おぼろに霾ぐもり 田畑時男 河鹿 200606  
桐箱の臍の緒過ぎし歳おぼろ 坂井法 200606  
おぼろ夜や耳にやさしき京言葉 綱徳女 春燈 200606  
月おぼろ小萩茶碗のややいびつ 太田慶子 春燈 200606  
わたつみの声に耳貸すおぼろかな 増田大 春燈 200606  
口紅の斜めに減りて月おぼろ 佐山苑子 遠嶺 200606  
ふくらんで水平線のおぼろかな 遠山みち子 200606  
葺替の寄附の芳名おぼろかな 真角多賀子 対岸 200606  
星おぼろ無垢の骨壷抱きしめる 池田かよ ぐろっけ 200606  
おぼろ夜や佐渡のみやげのひねり餅 岡本敬子 万象 200606  
句の業の身を責むおぼろ月夜かな 長沼三津夫 200606  
討ち死にもおぼろや寺に血天井 荻野嘉代子 春燈 200607 養源院
心搏に電池の力借るおぼろ 北川英子 200607  
マントラの謎のおぼろに札所寺 角直指 京鹿子 200607  
露天湯は空あるばかり夕おぼろ 山田をがたま 京鹿子 200607  
草おぼろ一本道をもどり来る 竹下昌子 200607  
自転車を押してたどれり月おぼろ 久保栞 200607  
黙読の師句に声出るおぼろの夜 長沼三津夫 200607  
外に出でて忽ちおのが影おぼろ 十文字慶子 200607  
石仏によく似し顔や月おぼろ 瀧澤白絣 遠嶺 200608  
綾とりの橋をくづせば父おぼろ 村田冨美子 京鹿子 200608  
おぼろ月家の中から犬のこゑ 佐藤喜孝 あを 200608  
二尺余の鱸釣り上ぐ川おぼろ 河島瑞子 万象 200609  
お互いにおぼろの中の露天風呂 小田知人 ぐろっけ 200609  
息差しを秘めし祇園のおぼろ月 田中きよ子 酸漿 200609  
おぼろ夜や雨の匂ひのコート脱ぎ 伊藤奈津 200702  
月おぼろわれらが地球動きをる 檜山哲彦 万象合同句集 200703  
東入ル西入ル京の月おぼろ 水原春郎 馬醉木 200704  
夫託す救急車待つおぼろ月 鈴木竹 200704  
お隣の猫に好かれておぼろ月 池崎るり子 六花 200704  
一湾のおぼろに漁舟呼び合へり 松本幹雄 馬醉木 200705  
月朧水おぼろなり櫂の音 宇田喜美栄 200705  
解体のビルの妖気や月おぼろ 中野さき江 春燈 200705  
何もせぬ独りの贅やおぼろ月 和田政子 200705  
おぼろ夜の黒き鬣妙義山 河口仁志 200705  
能を観て帰る道玄坂おぼろ 河口仁志 200705  
一願や風が後押す鐘おぼろ 鈴鹿仁 京鹿子 200705  
草おぼろ一村を守る神祠 鈴鹿仁 京鹿子 200705  
溶けさうで溶けぬおぼろなる反感 荻野千枝 京鹿子 200705  
発掘の野に渡り来る鐘おぼろ 石垣幸子 雨月 200705  
隠れ死や猫に月日のおぼろなる 坂本丹荘 遠嶺 200705  
紙雛面輪おぼろに立ち給ふ 川合八重子 酸漿 200705  
歳月を負うて倉河岸月おぼろ 成川和子 200705  
おぼろ夜の前をゆく人小町の忌 佐藤喜孝 あを 200705  
月の夜の桜おぼろや寝惜しめる 鎌倉喜久恵 あを 200705  
春おぼろ昔闊歩の朴歯下駄 水原春郎 馬醉木 200706  
信ずれば亀の声とも月おぼろ 西村梛子 馬醉木 200706  
おぼろ夜のポストはみだす回覧板 森ひろ 馬醉木 200706  
伊根おぼろ舟屋に淡き灯を連ね 山本康夫 200706  
笠森観音高きに組みて春おぼろ 鈴木榮子 春燈 200706  
笠森観音十一面の春おぼろ 鈴木榮子 春燈 200706  
つかのまの亡夫の笑顔夢おぼろ 岡野ひろ子 200706  
足白しななくりの湯の春おぼろ 中島陽華 200706  
短命の子規の書に癒ゆおぼろかな 高橋道子 200706  
月おぼろ動く歩道に人つらね 相沢有理子 風土 200706  
釣舟の沖の一艘湖おぼろ 笹倉さえみ 雨月 200706  
一声のあとはなきまま宮おぼろ 豊田都峰 京鹿子 200706  
おぼろ月天の渚を独り占む 宇都宮滴水 京鹿子 200706  
おぼろ浜次の一歩も濡れにゆく 宇都宮滴水 京鹿子 200706  
おぼろかな仏足石を踏みし跡 笹村政子 六花 200706  
砂浜をあるく鳥ゐるおぼろ月 鈴木多枝子 あを 200706  
花嫁の荷を出し広間おぼろかな 篠田純子 あを 200706  
子が顔を出しておぼろの達磨船 藤井昌治 200706  
里山に娘の色香おぼろ月 松嶋一洋 200707  
信号もネオンもおぼろ呑屋街 松嶋一洋 200707  
石礫おぼろの芯に当りたる 高橋将夫 200707  
おぼろ夜や心残りの硯買ひに 木下もと子 200707  
おぼろ月猫に門限なかりけり 中村碧泉 ぐろっけ 200707  
月おぼろ明日は白内障手術 大橋晄 雨月 200707  
望遠鏡にのぞく金星おぼろなる 加地芳女 雨月 200707  
渡来仏に会ふ昂りや湖おぼろ 出口賀律子 雨月 200707  
船頭を継ぐ子に花のおぼろかな 村上美智子 雨月 200707  
歳月は流るるばかり花おぼろ 村上美智子 雨月 200707  
おぼろ夜の身の浮きゆける昇降機 長沼三津夫 200707  
岬とも島とも海の灯のおぼろ 灘秀子 200707  
おぼろ夜の灯りのつきし懺悔室 岬雪夫 200708  
月おぼろ父の香残るめくら縞 木田秀子 200708  
切っ先ををさめ三日月おぼろなり 中島知恵子 雨月 200708  
湖おぼろ行き交ふ船も四囲の嶺も 中島知恵子 雨月 200708  
鎌倉のひとりの家路星おぼろ 山田弘子 ホトトギス 200709  
汐騒の絶えずおぼろの月上る 柳生千枝子 火星 200709  
今日の日を見送る隅田川おぼろ 渡邊千枝子 馬醉木 200710  
次郎吉も猫もねむれる墓おぼろ 藤井寿江子 馬醉木 200710  
切株の樹液は泪月おぼろ 平野きぬ子 八千草 200710 おぼろ→ 3

 

2014年4月27日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。