狐火 1   200句

狐火の燃へつくばかり枯尾花    与謝蕪村

狐火  鬼火

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
狐火を見し夜無口を通しけり 鎌田亮 199805  
狐火の手もとにありし硯かな 岡井省二 199812  
おもはくを読むに狐火借りにけり 華明日香 銀化 199812  
狐火を消しに戻れる野干かな 梅田津 銀化 199812  
蹼をもて狐火の川渡る 堀江かつみ 199901  
狐火をちろリに入れて帰るかな 大嶋康弘 銀化 199902  
狐火や色留袖を手にしをり 延広禎一 199903  
狐火や波一斉に奔りだす 小形さとる 199904  
狐火や九十半ばの母の頭痛 金子兜太 海程 199906  
狐火のいづれともなく相寄りし 高橋将夫 199908  
狐火か星へと向ふ汽車の灯か 牛田修嗣 200002  
狐火か時差に寝覚めの巴里の灯 品川鈴子 ぐろっけ 200002  
狐火の消えし所に立つてをり 高橋将夫 200002  
狐火に調子それたる子守歌 伊藤重美 雲の峰 200003  
夜景千金狐火もいくつかは 華明日香 銀化 200003  
狐火をはうと見る節穴のあり 小山森生 200003  
狐火や予言者のごとき巌 金子兜太 海程 200004  
狐火にさわる樽柿である 神田夏果 海程 200004  
狐火や五代の墓は背を並べ 関根洋子 風土 200005  
狐火に怯えしままの陸奥泊 塩路隆子 精鋭選集 200008  
初盆や狐火見しと言ひし人 吉田多美 京鹿子 200011  
狐火は不徳の致す処より 土井田晩聖 銀化 200101  
狐火や石の唐櫃人臭し 小形さとる 200101  
狐火も下火となりぬ佐渡ヶ島 土井田晩聖 銀化 200102  
狐火を知らせるペダル踏みにけり 飯塚ゑ子 火星 200103  
狐火に舌先細うなりにけり 栗栖恵通子 200103  
狐火やからだぢゆうで待つことのあり 烏居真里子 船団 200103  
狐火の峡越えて行く雪明り 阿部悦子 酸漿 200104  
狐火の飛び火ありたる鏡の間 延広禎一 200105  
今見しは狐火と思ひ身をすくむ 能村登四郎 羽化 200110  
狐火と遊んで携帯電話ケータイ)依存症 九堂夜想 海程 200110  
狐火に会ひたることを婆は云ふ 保坂加津夫 いろり 200112  
狐火を吐き切つてをる五臓かな 栗栖恵通子 200201  
狐火や化石は捏造かも知れず 大久保白村 円虹 200201  
袂にはいつぞやの文狐火と 中原道夫 銀化 200201  
狐火を見てより地酒まはり良き 加藤はま子 200202  
狐火と燃えず細菌テロ兵器 渡辺純 京鹿子 200202  
夜のスキー狐火と見ゆ岩つ原 関口ゆき あを 200202  
狐火を三つ四つ見ての湯ざめかな 岡本久也 200202  
狐火の地の利を得たる出場所にて 佐藤節子 銀化 200202  
山の灯の一つがぽつと狐火に 高橋さえ子 200202  
まなうらに狐火ひとつ増えてゐし 土井田晩聖 銀化 200202  
狐火の飛んでジョーカー掌に 延広禎一 200203  
狐火と思ひしよりの夜道かな 黒川悦子 円虹 200203  
狐火を走らす遠祖がたりかな 湯本道生 200203  
狐火に脚を洗ひし過去のある 中原道夫 銀化 200203  
嫁入りの遅れし狐火もあらむ 小林一雨 銀化 200203  
狐火を見しは秘密にしておかむ 利根川妙子 200204  
狐火や提げし魚の重くなり 石田邦子 遠嶺 200205  
狐火も紛るる星座ありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200212  
狐火や人の怨みを買はぬやう 土井田晩聖 銀化 200302  
裂けさうな星狐火のおきみやげ 戸田和子 200302  
狐火に照らされていざ出で給へ 加藤みき 200303  
狐火を追ひて陰陽師の気分 塩路隆子 200303  
狐火の並んで通る丸木橋 高橋将夫 200303  
消えしあとの狐火の闇つくろはれ 桑田眞佐子 火星 200303  
狐火や野壷に落ちし人のこと 竹内弘子 あを 200303  
狐火やくれなゐいろに杉の髄 水野恒彦 200304  
ドーパミン狐火いよよ増えてきて 高橋将夫 200304  
狐火を連れてきさうな女なり 柴田佐知子 200305  
狐火は湖の上(かみ)なる露天風呂 城孝子 火星 200306  
狐火や沖紺青の夜となれり 水野恒彦 200401  
狐火を怖ぢて少年峠越す 淵脇護 河鹿 200402  
狐火や皿に載せたる匙フォーク 今瀬剛一 対岸 200402  
狐火や異国への旅間近き夜 鹿間樟 百鳥 200402  
漢ひとり狐火の円陣に 栗栖恵通子 200402  
狐火やぬれ煎餅をかみしめて 深田雅敏 200402  
狐火の消えてしづけき雨となる 岡本明美 雲の峰 200402  
狐火や拝みては貼る万能薬 嵯峨根鈴子 火星 200402  
狐火の糸に引かるるやうに消ゆ 大串章 百鳥 200402  
吟行に狐火見しと真顔なる 藤田かもめ ぐろっけ 200403  
狐火やひよんな事から芝居観に 齊藤實 200403  
しはしはと狐火沼の面テかな 栗栖恵通子 200403  
宮島の狐火どきを帰りけり 出来由子 200403  
狐火を合言葉とす友来たる 鍬形幸子 百鳥 200404  
百歳のこゑ狐火を濃くしたり 大串章 百鳥 200404  
美しき嘘狐火の走りたる 鳴海晴美 六花 200405  
狐火や死語となりたる狐憑き 橘澄男 「山景」 200408  
狐火や占ひごとの廃れざる 橘澄男 「山景」 200408  
狐火を見してふ祖母の真顔かな 渡辺繁 火星 200501  
狐火よわが脳の中照らしあれ 東亜未 あを 200501  
狐火小さし親なし子狐がともし 成瀬櫻桃子 春燈 200502  
狐火や男の足のぬくかりき 城孝子 火星 200502  
狐火や軸に明月記の断簡 上野澄江 百鳥 200502  
狐火やたちまち音の無い世界 加藤峰子 200502  
狐火を見ず不知火を見ず寒し 大串章 百鳥 200502  
狐火の考へて出るものでなし 高橋将夫 200503  
狐火や民話の里の置手紙 清水真由美 遠嶺 200503  
狐火やベッドが空になつてゐる 栗栖恵通子 200504  
狐火の出さうな平家村も過ぎ 長沼三津夫 200504  
狐火に日めくり痩せてゐたりけり 成瀬櫻桃子 春燈 200504  
狐火も第九交響曲に和す 中杉隆世 ホトトギス 200506  
狐火の慶子繚乱うたがはず 八田木枯 晩紅 200508  
狐火のえつさほいさと闇支ふ 近藤喜子 200508  
狐火のあとは鬼火や篠つく雨 八田木枯 晩紅 200508  
母見んと狐火の山いくつ越す 淵脇護 河鹿 200510  
狐火に遭ふべくうどん啜りけり 大串章 百鳥 200601  
狐火へ川幅広く拒みけり 鈴木満喜子 対岸 200602  
身の内に狐火ひとつ飛び込みぬ 近藤喜子 200602  
にぎみたま枯野わたるは狐火か 西村純太 200602  
一心に祈れば狐火の消ゆる 岡崎桂子 対岸 200602  
直面と癋見がみたる狐火か 西村純太 200603  
越山に狐火なんぞ借りにける 栗栖恵通子 200603  
狐火やそろそろシチュー煮える頃 竹内悦子 200603  
狐火を見しと捜索打ち切られ 小谷延子 栴檀 200604  
高速道狐火並び走りゆく 渡辺暁 酸漿 200604  
狐火や木簡にある恋の文字 延広禎一 200604  
狐火や戀といふ字のもつれゐる 服部早苗 200605  
狐火を逸れて来たよなをんなかな 山元志津香 八千草 200606  
狐火を見しは五人のうち二人 田中藤穂 あを 200701  
減る減ると見せ狐火の増えゆけり 鷹羽狩行 200701  
狐火や霊山といふ闇ながら 長沼三津夫 200702  
狐火や壁にねんねこ掛かりあり 山尾玉藻 火星 200702  
狐火が靴紐結ぶうちに消ゆ 加藤みき 200702  
漁火かはた狐火か海荒るる 近藤幸三郎 風土 200702  
狐火を語る古老の赫き鼻 金子輝 春燈 200702  
狐火を語りし母を取り囲む 片山茂子 遠嶺 200703  
狐火や沼底いつか黙り込む 大山里 200703  
狐火やはつきりせぬもくつきりと 近藤喜子 200703  
狐火のひとつ鏡に閉ぢこめし 柴田佐知子 200703  
狐火を見しこと告げる通夜の席 大西八洲雄 万象 200704  
狐火を見し祖父はるか囲炉裏端 池田光子 200704  
狐火を信じ唯物論信じ 吉年虹二 ホトトギス 200706  
狐火や紙衣の音は藤十郎 中島陽華 200711  
狐火の所定の位置に点りたる 土井田晩聖 万事 200711  
狐火に危機管理マニュアル覗かれし 能村研三 200801  
真顔にて山の狐火語る人 滝沢伊代次 万象 200801  
狐火のこと細やかに飛騨ことば 長沼三津夫 200802  
狐火といふはかなさを美しく 長沼三津夫 200802  
鉤の手に狐火さかるあたりかな 栗栖恵通子 200802  
電飾のひと色狐火に貰ふ 辻美奈子 200802  
狐火に好みの風の来たりけり 高橋将夫 200802  
狐火や闇にたかぶる視神経 岩月優美子 200803  
狐火やパスタに芯のありにける 延広禎一 200803  
狐火の出るの出ないの賽を振る 延広禎一 200803  
狐火のやがて曼荼羅模様かな 延広禎一 200804  
狐火か宮の火か霧うすれゆく 芝山喜久子 馬醉木 200804  
狐火や五指より放つ静電気 岡澤田鶴 200806  
狐火や明日香におはす鬼と神 南恵子 万象 200903  
狐火や湯殿の天井しづくして 戸田春月 火星 200903  
狐火や青き雨降る未生かな 西村純太 200903  
狐火や我がうちに揺れ止まぬもの 近藤喜子 200903  
狐火やあれはあなたの恋心 村上ひで香 炎環 200903  
狐火の浮く一ツ川二ツ川 中村洋子 風土 200903  
狐火を男世帯の火種とし 柴田朱美 京鹿子 200904  
狐火や魂すこし軽くなる 柴田朱美 京鹿子 200904  
狐火の焔で煮つめた一行詩 柴田朱美 京鹿子 200904  
惜しみなく奪はれたしと狐火に 柴田朱美 京鹿子 200904  
狐火が火を捨てに来る夜泣橋 柴田朱美 京鹿子 200904  
狐火や墳のいはれは知らぬまま 青山悠 200905  
狐火といふも狸火とは聞かず 佐藤山人 200905  
狐火の二つがとぼり三つ消え 山田弘子 ホトトギス 200906  
狐火や父母に両手をとられゐて 久津見風牛 201002  
狐火のぽぽと地表を離れけり 久染康子 201002  
打掛けをもて狐火をかばひたる 八田木枯 晩紅 201002  
美しき嘘狐火を見しことも 八田木枯 晩紅 201002  
狐火を見にゆくといふ身拵へ 風間史子 201003  
狐火や真間の継橋ゆらり越ゆ 安立公彦 春燈 201004  
狐火や湖の真珠の太るころ 堀江惠子 201004  
狐火の潜みし森もダムの底 柳川晋 201004  
狐火やころりと用事忘れたる 久津見風牛 201101  
狐火の遠野のむかし膝に乗せ 伊藤希眸 京鹿子 201101  
狐火を追うて入りける人の闇 西村純太 201102  
秩父夜まつり尾根に揺るるは狐火か 久染康子 201102  
狐火や交番出払つてゐます 大橋俊彦 201102  
狐火を信ず信ぜず男と女 折橋綾子 201103  
狐火や行々(おどろ)林の名は古りて 相良牧人 201103  
狐火となるかも届かざる想ひ 近藤喜子 201103  
狐火の遊ぶごとくに友逝けり 上原重一 201104  
狐火は城山の端や星なき夜 成瀬櫻桃子 櫻桃子俳句選集 201105  
狐火を見る会長に仕立てられ 工藤節朗 201201  
狐火のふはとオペラ座の怪人 岩月優美子 201202  
狐火のひとつは売られしたましひか 西村純太 201202  
狐火や木々には風の遅速あり 大島翠木 201203  
狐火やローカル線の一輌車 福本郁子 火星 201203  
狐火の話また聞き喜ばす 野坂民子 馬醉木 201203  
狐火や塩ひと振りの隠し味 大文字孝一 春燈 201204  
狐火や鵜の瀬の闇のしぶくなり 浜口高子 火星 201204  
狐火に搦め捕られし海馬かな 延広禎一 201204  
狐火の山をころげて来し話 今井千鶴子 ホトトギス 201204  
狐火や鵜の瀬の闇にしぶくなり 浜口高子 火星 201205  
狐火が火元か羽子板市炎上 鳥居美智子 万華鏡 201206  
狐火や死もて終りし恋の唄 宮井知英 201301  
狐火や納屋への道は昏すぎる 柴田朱美 京鹿子 201302  
狐火の出づや銕つぁん出張りませ 井上石動 あを 201302  
狐火のとぶやじよんがら急調子 関根揺華 201302  
狐火に半身喰われてしまいけり 柴田朱美 京鹿子 201302  
狐火に触れて火傷の指ほてる 柴田朱美 京鹿子 201302  
私小説を書く狐火を引き寄せて 柴田朱美 京鹿子 201302  
狐火や終生日蔭でありにけり 柴田朱美 京鹿子 201302  
狐火を見たと言ふ子の目に炎 安居正浩 201303  
狐火や近江に多きいくさ道 小澤菜美 201303  
狐火のえつつさかほいと闇支ふ 近藤喜子 ミネルヴァの梟 201303  
狐火とさはぎし少女老いにけり 佐藤佐津 201303  
応天門燃ゆ狐火のしわざとも 熊川暁子 201303  
狐火や寺のご新造若づくり 鳳蛮華 201303  
狐火やをんなはきつき姥となり 折橋綾子 201304  
山国に嫁ぎ狐火にも狎れて 和田照海 京鹿子 201305  
狐火やうす桃いろの墨のしみ 水野恒彦 夢寐 201306  
狐火の人恋しくて一つ喘く 東英幸 船団 201306 狐火→2

 

2019年11月30日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。