かはほり(かわほり)    61句

かはほりやむかひの女房こちを見る   蕪村

蝙蝠  蚊喰鳥  かわほり

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
かはほりの飛びはじめたる家路かな 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
かはほりにPanasonicの大看板 山尾玉藻 火星 199906  
かはほりや盥に立てる足二本 中原道夫 銀化 199908  
かはほりや資材置場の混沌と 八木下巌 199909  
かはほりの空うやむやと音のして 福井啓子 200008  
かはほりのころなり足を拭いてをり 中井和子 200008  
かはほりの海より湧きし島泊 浜口高子 火星 200009  
かはほりのしきりに電話鳴りゐたり 加藤真起子 火星 200009  
かはほりや藍ひといろの夕ごころ 亀田愚風 銀化 200108  
かはほりや家それぞれに橋を持ち 酒井多加子 俳句通信 200109  
紫陽花や深空にかわほりの震え 金子皆子 海程 200110  
かはほりや御廟に二十八部衆 橋添やよひ 風土 200111  
かわほりやブラックホール閉鎖中 伊藤格 200111  
かはほりの反転に日の落ちにけり 高橋たか子 馬醉木 200209  
かはほりや祖母在りし頃影絵めく 小林千草 馬醉木 200209  
かはほりや点りて暗き旅籠の灯 中島真沙 円虹 200209  
かはほりや飯粒で貼る火伏札 石田阿畏子 馬醉木 200308  
かはほりや雲の高浪夕焼けて 神蔵器 風土 200309  
かわほりに夜の匂ひを乱さるる 天野きく江 200310  
かはほりに軒をとられてしまひけり 荒井和昭 200311  
かはほりの棲みつく蔵や父母在さぬ 木下ふみ子 馬醉木 200311  
かはほりや病気見舞の梯子して 中田みなみ 200406  
かはほりや天保山に観覧車 黒田咲子 200408  
かわほりの紫よぎる弾薬庫 近藤喜子 200409  
かはほりや荒川またぐ橋明り 宮崎裕子 春燈 200410  
かはほりの高さ麻酔の効きはじむ 堀義志郎 火星 200410  
窓掠め舞ふかはほりや外科病棟 淵脇護 河鹿 200411  
かはほりの律儀に宙を田圃あと 山本圭穂 築港 200508  
かはほりや潮入川の臭ふ刻 金山藤之助 200509  
かはほりや摘果を急ぐ人の影 窪田粧子 馬醉木 200509  
絵馬堂やかはほり高くまた低く 東郷すみ江 万象 200509  
かはほりのせはしき舞や薪能 林八重子 馬醉木 200601  
かわほりの大曲りして没日かな 竹内悦子 200608  
かわほりに無言の音波返しをり 天野きく江 200608  
かはほりの空の下なる痴話喧嘩 山尾玉藻 火星 200608  
かはほりの秋風に吹き戻さるる 山田六甲 六花 200610  
かはほりの飛んで夕方膨らみぬ 後藤立夫 ホトトギス 200701  
かはほりや暮れ残りゐる双つ塔 松本俊介 春燈 200706  
かはほりや足掛け鉄扉下ろしきる 岡本眸 200806  
かはほりに笑まひてゐたる御忌小袖 中島陽華 200807  
かはほりのひらめき飛んで空を出ず 鷹羽狩行 200807  
かはほりや自転車ふたつ凭せあり 長田曄子 火星 200807  
かはほりの池の面よぎり昏れにけり 河合直子 200909  
かはほりや豆腐屋の吸ふ喇叭の音 冨山俊雄 山居抄 201008  
かはほりにアパートの空路地の空 大崎紀夫 やぶれ傘 201009  
かはほりの空となりたる市村座 深澤鱶 火星 201009  
かはほりや地下鉄車両並べあり 加藤みき 201011  
かはほりの乱れて出口調査かな 池田華甲 201012  
かはほりに音なかりけり夕桜 山本耀子 火星 201107  
かはほりや茶髪少年屯せる 川崎利子 201109  
かはほりの空地の空を折り返す 大崎紀夫 やぶれ傘 201111  
かはほりの来て日落しに耽るかな 鳥居おさむ ろんど 201206 『体内時計』
かはほりを黄泉の使ひと思ひけり 中田禎子 201210  
かはほりや幹の片側まだ火照り 大畑善昭 201211  
かはほりの闇にまなこを馴らしをり 荒井和昭 201310  
かはほりに底ひの浅き玄武洞 飯塚ゑ子 火星 201309  
かはほりや闇の濃くなる磨崖仏 玉田瑞穂 万象 201511  
かはほりの稲妻型に翔ぶことよ 大畑善昭 201608  
かはほりの下ろしゆくなり夜の帳 七田文子 201609  
かはほりや太閤の闇出発す 加藤みき 201609  
かはほりや辺りいつしか昏れてをり 佐津のぼる 六花 201611  

2017年5月26日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

掲載年月順です。

ご希望の季語又は語彙がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

 

季語のリクエストお待ちしています。