1       100句

雁のこゑすべて月下を過ぎ終る   山口誓子  七曜

  かりがね

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
わが胸の海原を雁渡りゆく 川口襄 王道 199809  
水清冽にして初雁の高さかな 川口襄 王道 199809  
一本の道つけて来し雁のこゑ 鷹羽狩行 199810  
燗つけば子の呼びにくる雁の夜 鷹羽狩行 199811  
空は陽の渚や雁の渡りをり 小澤克己 遠嶺 199811  
雁啼いて雨空つづく仏国守 皆川盤水 春耕 199811  
火口湖へ一羽が降りし雁の列 古屋元 199812  
初雁やゆつくり渡る石の橋 堀江かつみ 199901  
雁渡る天の深淵めくところ 檜紀代 199901  
向き変へて三瓶へ落ちし雁の棹 石飛明子 円虹 199901  
雁の棹一気に崩る湖の上 吉永克巳 199901  
樹の皮の剥がれ易くて雁のころ 前田陶代子 199901  
雁鳴くや馬柵打つ牧夫顔あげて 西村梛子 馬醉木 199902  
離農告げゐたり菱食雁の鳴く 依田明倫 ホトトギス 199902  
汝がサイロ菱食雁の野にぞ二基 依田明倫 ホトトギス 199902  
星の杓菱食雁の声汲めり 依田明倫 ホトトギス 199902  
町並みに一声雁の渡りけり 大谷茂 遠嶺 199902  
アタックの魔女めく声も雁の頃 三神あすか 船団 199903  
雁過ぎてにはかに変る門司の潮 広渡敬雄 「遠賀川」 199909  
かざす手に雁の入りくる親しさよ 鷹羽狩行 199910  
雁鳴くや琴の戻りし琴袋 鷹羽狩行 199910  
小筆の穂なだめてをれば雁の声 鷹羽狩行 199911  
トンパ文字なぞりてをりぬ雁のこゑ 平橋昌子 199911  
雲低く首のべて雁渡りをり 石丸弥平 春耕 199911  
逆潮の船足重し雁渡る 水原春郎 馬醉木 199912  
雁渡る写楽の顎動くかに 岡本久也 199912  
雁の棹いま折れかけてオホーツク 栃内和江 199912  
雁が音や山岳監視はさびしかろ 武田伸一 海程 199912  
雁渡る母校に樟の高かりし 小澤克己 遠嶺 199912  
汐木焚く雁渡る道空に置き 陣野今日子 風土 199912  
雁の声バンクーバーの海凪で 陣野今日子 風土 199912  
令夫人の胸あきの服雁渡る 中原道夫 銀化 199912  
雁の棹下方修正してをりぬ 水内慶太 銀化 199912  
雁渡る湖北の山の低構へ 豊田都峰 京鹿子 199912  
雁渡る夕日に砂洲の伸びてゐし 藤村美津子 春耕 199912  
里曲の灯揃へり雁も戻るころ 佐藤国夫 馬醉木 200001  
巉巖のくつきり雁の空澄める 浜下清太郎 ホトトギス 200001  
初雁の来しふるさとの如き湖に 古賀昭子 ホトトギス 200001  
子規庵への切符を買ひに雁の頃 浜口高子 火星 200001  
雁や湾処は空のにほひもち 杉浦典子 火星 200001  
三歳の子が見てをりぬ雁の空 河口仁志 200001  
初雁や我も心の向き変ふる 大沼眞 200001  
雁渡るてふ竹林の威容かな 稲畑廣太郎 円虹 200001  
かはたれの雲と選みつ雁渡る 峯尾文世 銀化 200001  
藤娘奴槍持雁渡る 延広禎一 200002  
雁渡る言はず語りの隊列に 瀧新珠 京鹿子 200002  
女てふ第三世界雁渡る 星野早苗 空のさえずる 200002  
あかつきの寂破り立つ万の雁 村上光子 馬醉木 200002  
燈台の閃光雁の棹みだす 高橋好温 馬醉木 200002  
雁行の一棹沈む沼の藍 鈴木まゆ 馬醉木 200003  
雁ゆくや屋上に置く三輪車 鈴木まゆ 馬醉木 200007  
雁渡る雪くる頃と嗅ぎ分けて 奥田智久 ホトトギス 200008  
落雁のもつるる如くこぼれ出す 奥田智久 ホトトギス 200008  
雁渡りゆきなほ万羽翔たずあり 奥田智久 ホトトギス 200008  
寢違へし頸を大事に雁の空 中原道夫 銀化 200010  
一列に雁行きレール切り替わる 中林明美 船団 200010  
黒点となれり東京無視の雁 阿部寒林 200010  
雁や酒もて男みがくべし 西川五郎 馬醉木 200011  
雁渡る疊の縁を踏まぬやう 中原道夫 銀化 200011  
暮れのこる妙義山の険や雁渡る 安藤衛門 春耕 200011  
初雁のこゑ聴きしより風つのる 根岸善雄 馬醉木 200012  
どこまでも砂丘の起伏月の雁 清水明子 遠嶺 200012  
空耳の疑ひもなき雁の声 深澤鱶 火星 200012  
地のきしむ纜の張り雁のころ 青木直子 200012  
北陸のアルプス寄りを雁わたる 古田考鵬 雨月 200012  
雁渡る会津木綿の糸干せば 鈴木まゆ 馬醉木 200101  
初雁や朝の火つくる艀妻 大森井栖女 馬醉木 200101  
旋回に遅れし一羽雁渡る 松崎幹 200101  
声降らせゆく夜の雁を黒く見し 柳生千枝子 火星 200101  
雁の声響く山裾潮じめり 小池槇女 火星 200101  
雁の鳴く夜がきて青し燧岳 高瀬哲夫 200102  
晩学や雁の並びの端にゐて 星加克已 ぐろっけ 200102  
去ぬ雁に埋め立てすすみゆく日本 千原叡子 円虹 200103  
若冲の孤雁逆落としの華麗 中川芳子 200103  
雁の空軍手十枚干し上げて 中林明美 船団 200103  
千の雁の千の声きく倶会一処 佐藤国夫 馬醉木 200104  
沼の雁暮天の雁と声つなぐ 佐藤国夫 馬醉木 200104  
暁紅や白鳥の水に雁の水に 佐藤国夫 馬醉木 200104  
寸莎練るや雁の堅田の町のなか 岡井省二 200104  
雁行くや泪ひとつに約束す 稲辺美津 遠嶺 200105  
胸病みしかの日遠しや雁渡る 八幡酔鵬 200106  
夕映えの浅間の上を雁渡る 託正夫 200106  
尉面の裏でこぼこや雁の棹 竹内悦子 200107  
ヒトゲノムなんでもわかる雁わたる 松山順子 船団 200107  
一雁の列をそれたる羽音かな 能村登四郎 200108 四十年学びし「馬酔木」を辞す
雁のみちつとに赤松山よけれ 岡井省二 200108  
雁渡る北前船の港寂び 石田邦子 祭笛 200109  
藍の甕藍の甕よと雁わたる 岡井省二 200109  
雁仰ぐのんどの力つひやさず 岡井省二 200109  
雁の来てくらがりのふゆ村はづれ 豊田都峰 京鹿子 200110  
一列の真ん中恐し雁の棹 鈴鹿仁 京鹿子 200110  
連峯の蔵王の上を雁の棹 鷹羽狩行 200111  
雁の列手話ではじまる殉教史 木山杏理 京鹿子 200111  
石垣に八角の臼雁渡る 酒井多加子 俳句通信 200111  
初の雁水に下りても列を組む 高木良多 春耕 200111  
雁の聲どこぞに落ちし刺さるかに 中原道夫 銀化 200112  
無窮なる故に溺れし雁の棹 中原道夫 銀化 200112  
手翳しに火を守ることも雁の頃 大島康弘 銀化 200112  
山寺にしばしの没日雁渡る 木下節子 雲の峰 200112  
雁の棹双眼鏡をはみだして 保坂加津夫 いろり 200112
雁→ 2

2014年11月2日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。