枯 蓮 1      100句

枯蓮をつと出し鴨の一羽かな   松根東洋城   松根東洋城句抄

蓮植う  蓮の花  蓮見  蓮池  蓮の浮葉  蓮葉  蓮の露  蓮の実

蓮の飯  蓮根掘 敗蓮  枯蓮

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
一二本青の残れる枯蓮 山尾玉藻 火星 199812  
ヘッドライトに枯蓮の亡者たち 林菊枝 199901  
まはがねの水引つ張れる枯蓮 神蔵器 風土 199901  
膝を折るありつくありて枯蓮 鷹羽狩行 199902  
池の面の迂余曲折や枯蓮 湯浅苔巌 円虹 199902  
枯蓮が枯蓮ささへゐたりけり 城孝子 火星 199903  
放埒と言へばさうかも枯蓮 栃内和江 199903  
枯蓮田鴉も羽に泥つけて 皆川盤水 高幡 199905  
天青くして枯蓮無残なり 大橋晄 雨月 200001  
枯蓮の突つ立つ尖のひかりかな 宮津昭彦 200002  
枯蓮や戦の果はかくあらむ 尾高せつ子 200003  
枯れ蓮田全滅戦史捨てきれず 松本鷹根 京鹿子 200003  
園行かば水漬く矢折れの枯蓮 荻野千枝 京鹿子 200003  
枯蓮や独語は水にとどかざる 藤田宏 200003  
筑波颪に百態尽す枯蓮田 皆川盤水 春耕 200003  
枯蓮の茎くきくきと水を刺す 長沼紫紅 200003  
雪降つて枯蓮別の影を生む 長沼紫紅 200003  
枯蓮雪に力を見せにけり 長沼紫紅 200003  
枯蓮の生きてゐるよと風に鳴る 長沼紫紅 200003  
枯蓮や晩節汚してはならず 海輪久子 円虹 200004  
立ち居れず枯蓮のみな伏せにけり 八牧美喜子 200004  
枯蓮や無神論者の棒の中 高桑弘夫 海程 200005  
蒼茫の風に応へり枯蓮 山村桂子 遠嶺 200005  
枯蓮の枯るる力を水の中 早乙女健 200006  
筑波おろしに百態尽す枯蓮 皆川盤水 春耕 200010  
折れどころ考へてゐる枯蓮 夏秋明子 ヒッポ千番地 200010  
風は東西南北に枯蓮 小川匠太郎 200012  
ちかぢかと常磐線の枯蓮田 皆川盤水 春耕 200012  
枯蓮となるまで風に煽らるる 梶田敬子 200101  
枯蓮の林立に似し我が心中 能村研三 200101  
枯蓮をしばらく濡らし日照雨かな 津田経子 火星 200105  
血圧の折線グラフ枯蓮 梅原富子 200105  
さながらに枯蓮のほか何もなし 小林優子 酸漿 200106  
枯蓮見(べしみ)の面知つてをり 岡井省二 200111  
枯蓮は動くともなし鴨の波 林翔 200112  
枯蓮田放心に景ありとせば 坂本京子 200201  
鋭角の影を映して枯蓮田 沢喜美 200201  
枯蓮と枯蓮の間水動く 浜口高子 火星 200201  
枯蓮の角の百千月下なる 岡本まち子 馬醉木 200201  
泥臭き焚火くすぶる枯蓮田 皆川盤水 春耕 200201  
鷭の声よく澄むけふの枯蓮田 江原正子 春耕 200201  
枯蓮を見てゐて眼乾きをり 藤稿みのる 風土 200201  
枯蓮の枯れきつてなほ揺れ止まず 西川五郎 馬醉木 200202  
直線の影の混みあふ枯蓮田 近藤暁代 馬醉木 200202  
枯蓮やしやがんでゐたる風の中 北嶋美都里 200202  
枯蓮をつついてをりぬ家鴨の子 志水芳秀 雲の峰 200202  
枯蓮の甕に映りし昼の月 宇利丞示 雲の峰 200202  
枯蓮の日毎に修羅を深めゆく 綿谷美那 雨月 200202  
裏口の枯蓮明り定食屋 高橋愛子 200202  
枯蓮や折れ目鋭角八十路踏む 村田孝子 京鹿子 200202  
枯蓮一蕾一葉の菩提なり 伊丹さち子 馬醉木 200203  
浄土図を地獄絵巻に枯蓮 吉田王里 風土 200203  
赤土に一縷の流れ枯蓮 松本文一郎 六花 200203  
降るやうに苑の鳥声枯蓮 密田真理子 200203  
力尽きさうで尽きざる枯蓮 大槻秋女 円虹 200204  
枯蓮に水音絶えず寺閑か 大槻秋女 円虹 200204  
枯蓮に午後の日差のゆきわたり 大槻秋女 円虹 200204  
不忍池や枯蓮にまだ高さあり 西山紀代子 200204  
枯蓮や昼月ふはといま真上 金田きみ子 200204  
枯蓮の茎くきくきと身を鳴らす 北畠明子 ぐろっけ 200204  
枯蓮に風は気ままになりにけり 嶋田一歩 ホトトギス 200205  
枯蓮田跡形もなし歯科医院 小西瑞穂 ぐろっけ 200207  
それぞれに銘ありて枯蓮かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200211  
懺悔とはかくあるべしと枯蓮 鷹羽狩行 200212  
大いなる待合室や枯蓮 山野みどり 銀化 200212  
名園のガイド枯蓮には触れず 宮津昭彦 200301  
枯蓮の水滝となりつづきけり 宮津昭彦 200301  
ピアノ・ソナタや枯蓮に日の当たる 彌榮浩樹 銀化 200301  
仮の世に流連けてをり枯蓮 阪谷村比呂未 銀化 200301  
枯蓮の眠り寧らか風止みて 子安教子 200301  
器用とは言へぬ生きざま枯蓮 千坂美津恵 200302  
枯蓮のざわめきゐたる青き夜 近藤きくえ 200302  
枯蓮の向ふの夫を呼びにけり 田原陽子 200302  
枯蓮の神経質に折れゐたり 塩川雄三 築港 200302  
枯蓮の上飛ぶ羽音ただならず 宮津昭彦 200302  
枯蓮の木偶にはあらずあるがまま 竹下昭子 ぐろっけ 200302  
枯れ蓮「戒」授かりて跪く 藤井久仁子 ぐろっけ 200302  
その中に青の残れる枯蓮 水野恒彦 200303  
枯蓮の力も尽きて折れにけり 唐澤まさし 酸漿 200303  
枯蓮を離れぬ妻を見てゐたり 堀内一郎 あを 200303  
枯蓮の迷路や潟の高曇 水原春郎 馬醉木 200304  
寒雷の枯蓮の香を覚ましけり 伊丹さち子 馬醉木 200304  
枯蓮に夕日転がり落ちにけり 波岡恵美子 200304  
枯蓮やちらばる水に日のひかり 南うみを 風土 200305  
水重し棒の枯蓮支へをり 伊藤希眸 京鹿子 200305  
枯蓮風に向き変ふ翳のごと 木山杏理 京鹿子 200305  
枯蓮の生みたる音の中にをり 鳴海清美 六花 200305  
一茎の折れに枯蓮みな倣ふ 鮎川富美子 200401  
枯蓮田翼ほこらかに鷺の舞 斎藤道子 馬醉木 200401  
茎折れてなほ枯蓮でありにけり 朝妻力 雲の峰 200401  
風通る幅ありありと枯蓮 上柿照代 馬醉木 200402  
枯蓮田水暗くして動かざり 成井侃 対岸 200402  
俳諧に連想の妙枯れ蓮 浜明史 風土 200402  
枯蓮の透きし向うに父の墓 能村研三 200402  
折れ曲る枯蓮無残城の堀 本荘初枝 築港 200402  
枯蓮に日の集まりしをみなかな 堀内一郎 あを 200402  
枯蓮に鷺立ちつくす日暮かな 延川五十昭 六花 200402  
身を折るは諦めならず枯蓮 木内憲子 200402  
枯蓮や輪を描き鯉の沈みけり 沼口蓬風 河鹿 200403  
枯蓮の水に伏したる甕一つ 水井千鶴子 風土 200403 枯蓮→ 2

 

2020年12月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。