燕子花    58句

燕子花水抱くように膝を抱く  若泉真樹  あらまほし

杜若  かきつばた  燕子花

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
燕子花ひそと漬かりし樽ひとつ 小宮山勇 青胡桃 199905  
七十はすぐそこなるぞ燕子花 鷹羽狩行 199907  
子育ては親育てなり燕子花 鈴鹿百合子 京鹿子 199908  
しやっくりの最後のひとつ燕子花 柳生正名 海程 199910  
燕子花水輪の縁に今盛ん 池部久子 酸漿 200009  
北利根のゆるき流れに燕子花 小林螢二 春耕 200009  
喪ごころの細身に巻ける燕子花 清水伶 海程 200010  
燕子花家のつめたきかたへあり 岡井省二 200105  
叫びとは心の剣燕子花 小澤克己 遠嶺 200207  
楼閣を映す池あり燕子花 中嶌テル子 築港 200207  
燕子花波は光をぴちぴちと 大畑善昭 200208  
泉鳴る小さき池の燕子花 井上玉枝 酸漿 200208  
燕子花鈴木六林男の顔さびし 大串章 百鳥 200209  
銀の粒とどめて雨の燕子花 浅井美子 遠嶺 200209  
潮合ひの日暈なりけり燕子花 栗栖恵通子 200209  
プライドの背筋伸ばして燕子花 泉田秋硯 200308  
蒔絵師の命毛大事燕子花 上田みつ子 帆船 200312  
日の暮るる前の明るさ燕子花 鷹羽狩行 200406  
力抜きをり昼どきの燕子花 小橋末吉 対岸 200408  
環濠跡僅かに止留め燕子花 梅村五月 栴檀 200409  
手囲ひに灯明ともす燕子花 佐々木咲 草の花 200409  
山裾の池に日移り燕子花 二瓶洋子 六花 200409  
光琳の秋の展示の燕子花 牧原佳代子 酸漿 200601  
極道に問はれ燕子花と答ふ 吉村たけを 海市蝶 200606  
藩邸の静けさに咲く燕子花 岡本尚子 200609  
口ぱくと空喫くうのむ鯉や燕子花 上原重一 200707  
海の字に母の在せり燕子花 大谷茂 遠嶺 200709  
病窓の下は水盤燕子花 大空純子 ぐろっけ 200709  
燕子花家うちの声夕づける 山尾玉藻 火星 200806  
本降りとなりし母の忌燕子花咲く 石田厚子 馬醉木 200807  
奥の間は閨とも違ふ燕子花 鷹羽狩行 200807  
見るほどに艶増すごとし燕子花 町田政子 酸漿 200807  
古沼に咲き継ぎてこの燕子花 町田政子 酸漿 200807  
幽寂の沼に咲きたり燕子花 町田政子 酸漿 200807  
燕子花母にもありし力瘤 吉岡一三 200808  
燕子花咲いてゐるのはかきつばた 高木晶子 京鹿子 200909  
ひと雨に映ゆる池畔や燕子花 中村春宵子 春燈 200909  
王朝の彩をとどめし燕子花 鳥取博子 200909  
丈揃へゆかしき色に燕子花 水谷洋子 十進法 200911  
冬の園今咲きつげる燕子花 渡邉紅華 酸漿 201003  
燕子花光琳よりも濃く咲けり 宇都宮敦子 201008  
燕子花幾株を生け光琳忌 花岡豊香 酸奬 201009  
石橋のややまろみたる燕子花 藤生昇三 六花 201108  
純潔の男老いたり燕子花 柴田佐知子 201109  
燕子花沼底の瑠璃抽出す 松木ひろ ろんど 201009  
天空の濁りを支へ燕子花 熊切光子 末黒野 201110  
かがむ背のさびしかりけり燕子花 長田曄子 火星 201310  
船着場跡を一碑に燕子花 田岡千章 201310  
追而書は候文や燕子花 烏居美智子 ろんど 201309  
船着場跡を一碑に燕子花 田岡千章 201310  
かがむ背のさびしかりけり燕子花 長田曄子 火星 201310  
土手越えて水風の来る燕子花 山田六甲 六花 201506 寺田池
水中の杭に日あたり燕子花 笹村政子 六花 201508  
昼はまた昼の寂しさ燕子花 水野恒彦 201508  
燕子花旧家に風の筋ありぬ 岩月優美子 201509  
水郷の風見ゆ庭の燕子花 鈴木まゆ 馬醉木 201608  
燕子花ながれの緩む橋の下 坂本徹 201608  
前後左右しやがんでも見て燕子花 松本峰春 春燈 201708  

 

2018年5月24日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。