犬ふぐり 3   100句

犬ふぐりはりつきて咲く地べたかな   細見綾子   虹立つ

いぬふぐり  犬ふぐり

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
犬ふぐり踏まずに捕へ鬼ごつこ 安田一郎 京鹿子 201205  
魁の青を灯して犬ふぐり 坂場章子 201205  
膝を折りマクロレンズに犬ふぐり 須賀敏子 あを 201205  
杖よけていつくしみ見る犬ふぐり 市川玲子 春燈 201206  
とおちやんのすきな色やで犬ふぐり 柳川晋 201206  
犬ふぐり別るる時も握手して 田村すゝむ 風土 201205  
水の神田の神目覚め犬ふぐり 古賀しぐれ ホトトギス 201206  
トラクターの轍を埋む犬ふぐり 松尾芳子 万象 201206  
犬ふぐり青年医師の赴任ビラ 丸井巴水 京鹿子 201206  
風を聴く忍びあるきの犬ふぐり 鴨下昭 201206  
塔頭へ磴不揃ひや犬ふぐり 松本三千夫 末黒野 201206  
四駆車の傾りを領し犬ふぐり 森清堯 末黒野 201206  
犬ふぐり梅に光をはねてをり 佐藤喜仙 かさね 201207  
犬ふぐり侏儒となるまで屈みけり 相良牧人 201207  
犬ふぐり百度参りを目の当り 鈴木藤子 ろんど 201207  
犇めいて空色水色犬ふぐり 鎌田慶子 ろんど 201207  
踏まれてもあすへ地の星犬ふぐり 鎌田悟朗 ろんど 201207  
犬ふぐり地上に星座描きけり 大橋伊佐子 末黒野 201207  
空つぽの壺に耳あり犬ふぐり 竹内悦子 201208  
みどり児の一歩に転び犬ふぐり 池田倶子 雨月 201208  
この宮の蒼天貰ひ犬ふぐり 池田倶子 雨月 201208  
かたまりて瑠璃色浄し犬ふぐり 新保ふじ子 万象 201208  
思ひ出のところどころに犬ふぐり 柴田佐知子 201210  
犬ふぐり水道会社の鉄条網 大日向幸江 あを 201303  
腕白の戻り来る声犬ふぐり 山本孝夫 201305  
地を這へる小さきにも日は犬ふぐり 坂場章子 201305  
犬ふぐり小ちやな靴に踏まれけり 大木清美子 201305  
下校の子みんな笑顔や犬ふぐり 大木清美子 201305  
ほとばしり来る陽ざしあり犬ふぐり 黒澤登美枝 201305  
草野球のボールの行方犬ふぐり 大橋晄 雨月 201305  
河川敷の淡き彩り犬ふぐり 大橋晄 雨月 201305  
丈成さず咲けり雪解の犬ふぐり 田中佐知子 風土 201306  
さやさやと頷き合へる犬ふぐり 小林正史 201306  
集ひゐて励ましの色犬ふぐり 平野みち代 201306  
犬ふぐり径は故山へいざなへり 和田照海 京鹿子 201306  
下校子の道草の畦犬ふぐり 森清堯 末黒野 201306  
犬ふぐりいまだ解けざる山の黙 岡井マスミ 末黒野 201306  
寸止めのタイヤの先の犬ふぐり 安藤久美子 やぶれ傘 201306  
人間も群れたがるもの犬ふぐり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201402  
驕ることなく主役めく犬ふぐり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201402  
散歩道犬が決めをり犬ふぐり 川崎良平 雨月 201404  
犬ふぐり小さく咲いて賑へり 松本秀子 201404  
千切れ雲見る足元に犬ふぐり 廣瀬雅男 やぶれ傘 201405  
犬ふぐり隙間あればと淀河原 大橋晄 雨月 201405  
犬ふぐり土手は日当るところなり 高尾豊子 火星 201405  
犬ふぐり踏んづけられてから笑ふ 佐々木紗知 京鹿子 201405  
源義の下駄の音聞こゆ犬ふぐり 田中貞雄 ろんど 201405

角川源義師に「犬ふぐり朝

の餉に下駄鳴らしゆく」

(横須賀走水吟)があれば

園児等の帰路はづむ声犬ふぐり 乗光雅子 雨月 201406  
膝折つてつくづく眺む犬ふぐり 田村加代 末黒野 201406  
乳母車の稚の片言犬ふぐり 外山生子 末黒野 201406  
掌を着いて立上がりたる犬ふぐり 荒井和昭 201406  
いらいらを霽らす窪地の犬ふぐり 村上倫子 201407  
雑草です踏んでください犬ふぐり 鎌田悟朗 ろんど 201408  
曖昧な三尺先の犬ふぐり 堀内一郎 堀内一郎集 201412  
踏んでゐしこと気づかずに犬ふぐり 稲畑汀子 ホトトギス 201502  
空色のシャツ駈け来たる犬ふぐり 中島玉五郎 201503  
臈たけておじやまな庭の犬ふぐり 布川直幸 201503  
犬ふぐり口笛好きの人と逢ふ 鈴鹿仁 京鹿子 201503
貝殻の地層あらはや犬ふぐり 内海良太 万象 201504  
そこいらは空の飛び地か犬ふぐり 原田達夫 201505  
惨状の地震のあとにも犬ふぐり 村上美智子 雨月 201505  
空重く垂れて色増す犬ふぐり 岸上道也 京鹿子 201505  
歴史には残らぬ会話犬ふぐり 柳川晋 201506  
四つ目垣分家につづく犬ふぐり 東野鈴子 雨月 201506  
日溜りは早や目ざめをり犬ふぐり 河島坦 京鹿子 201506  
人は人己は己れ犬ふぐり 河島坦 京鹿子 201506  
犬ふぐり羽あるものの影重ね 小林輝子 風土 201506  
犬ふぐり池塘鏡に風もなし 飯田ひでを 201506  
遠浅の海の色して犬ふぐり 遠山のり子 201506  
青空の色はね返す犬ふぐり 岩下芳子 201507  
花の色を空に放つや犬ふぐり 近藤紀子 201507  
犬ふぐり胸に抱きたる新刊書 森清信子 末黒野 201507  
病み抜けの狭き歩巾や犬ふぐり 福永幸子 末黒野 201507  
汚染土に小言つぶやく犬ふぐり 鴨下昭 201507  
道端に立つ庚申塔や犬ふぐり 羽賀恭子 201507  
さはに咲き日差し寂しき犬ふぐり 山本ひろ 雨月 201507  
名を知つてつくづくと見る犬ふぐり 武石京子 やぶれ傘 201508  
犬ふぐり土手に寅さんゐるやうな コ田千鶴子 馬醉木 201604  
まだ風の硬きに畦の犬ふぐり 大矢恒彦 201605  
犬ふぐり曇天なればまたたかず 飛高隆夫 万象 201605  
最初からこぼれてゐるよ犬ふぐり 荒木甫 201605  
犬ふぐり五感を清ましゐて哀し 中山結雪 201605  
一花づつ青きパラボラ犬ふぐり 坂場章子 201605  
川風は柔らの調べ犬ふぐり 江澤弘子 201605  
ままごとにひいばばまじる犬ふぐり 門間としゑ 末黒野 201605  
犬ふぐりなどを写して小半時 大島英昭 やぶれ傘 201605  
幼児の転べばそこに犬ふぐり 大橋晄 雨月 201605  
神の手を零れし畦の犬ふぐり 犬塚李里子 201606  
淋しくて日を曇らする犬ふぐり 住田千代子 六花 201606  
原つぱの瑠璃の浮島犬ふぐり 東小薗美千代 末黒野 201606  
犬ふぐり一花ごとに空の碧 大橋淳一 雨月 201606  
人の来ぬ園の裏道犬ふぐり 隅田恵子 雨月 201607  
犬ふぐり澄む日ふるさと近うする 松田泰子 末黒野 201607  
幼児の転べばそこに犬ふぐり 大橋晄 ホトトギス 201608  
微笑みは嬰の言の葉犬ふぐり 及川照子 末黒野 201608  
美術院研究所跡犬ふぐり 内海保子 万象 201610  
ウオーキングシューズ新し犬ふぐり 廣瀬雅男 やぶれ傘 201703  
やはらかき光あつめて犬ふぐり 須賀敏子 あを 201704  
保父さんを求むポスター犬ふぐり 鈴鹿呂仁 京鹿子 201704  
犬ふぐり囁き合うてゐるごとし 大橋晄 雨月 201705  
日溜りの青空市の犬ふぐり 久保田雪枝 雨月 201705  
命とも言へる太陽犬ふぐり 足立典子 雨月 201705  
野を駆けし若き日もあり犬ふぐり 宮本俊子 雨月 201705  
犬ふぐり越すに越されぬ墓地の柵 平野多聞 201705  
つちのこの発見場所とや犬ふぐり 江見巌 六花 201705  
列に蹤き何だ坂こんな坂犬ふぐり 千田百里 201705  
山路澄み瑠璃濃かりけり犬ふぐり 城戸ひろみ 雨月 201706  
犬ふぐり描けばいつしか星座組む 村田あを衣 京鹿子 201706  
ふる里のあるゆゑさびし犬ふぐり 亀卦川菊枝 末黒野 201706  
蒼海のはるかな記憶犬ふぐり 溝呂木信子 201706  
犬ふぐり星のごとくに地にあふれ 五味絋子 末黒野 201707  
ランドセル大きく弾み犬ふぐり 佐藤まさ子 春燈 201707  
犬ふぐり囁き合うてゐるごとし 大橋晄 ホトトギス 201708  
陽の丘の古墳広がる犬ふぐり 西村滋子 京鹿子 201801  
菩提寺を帰りしな踏む犬ふぐり 田中臥石 末黒野 201805  
犬ふぐり踏んで田に入る測量士 黒澤次郎 やぶれ傘 201806  
淀の土手続く限りの犬ふぐり 大橋晄 雨月 201806 犬ふぐり→4

 

 

2020年4月16日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。