いぬふぐり   190句

東京へ歩いてゐるやいぬふぐり   岸田稚魚   負け犬

犬ふぐり  いぬふぐり

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
いぬふぐり彼奴は広場恐怖症 能勢京子 船団 199811  
いぬふぐり橋の先まで歩を伸ばす 小林共代 風土 199905  
木道にいちはやく醒めいぬふぐり 松林尚志 199905  
にぎり飯まぶし一面にいぬふぐり 笹本達夫 199905  
見るたびに上り電車やいぬふぐり 柿沼盟子 風土 199906  
いぬふぐり口うら合はせばれました 渡辺純 京鹿子 199906  
ヘルメットの伏せてありたりいぬふぐり 浪花洋子 火星 199908  
いぬふぐり踏んで禰宜来る地鎮祭 加藤真起子 火星 199909  
いぬふぐりここより野路の視野展け 稲畑汀子 ホトトギス 200002  
行き過ぎていつもの道のいぬふぐり 稲畑汀子 ホトトギス 200002  
いぬふぐり紅白の幕ゆれやまず 諏訪一郎 遠嶺 200005  
清らかに星の数ほどいぬふぐり 有山光子 遠嶺 200006  
小流れのきらりきらりといぬふぐり 木村伊都子 遠嶺 200007  
おおぞらのでんぐりがえりいぬふぐり 小林恵美子 船団 200010  
石仏の肩あたたかしいぬふぐり 渡邉友七 あを 200104  
校倉の辺に二三人いぬふぐり 岡井省二 200106  
かたまつて空近づけぬいぬふぐり 岡和絵 火星 200106  
いぬふぐり信号待ちの児等の列 保坂加津夫 いろり 200107  
いぬふぐり太陽そこに降りてゐし 稲畑汀子 ホトトギス 200203  
捨て石の効き目まだなしいぬふぐり 澤田緑生 馬醉木 200203  
遠くよりくるやすらぎやいぬふぐり 豊田都峰 京鹿子 200204  
白鯨のやうな雲浮くいぬふぐり 岡和絵 火星 200205  
色あづけ雨に散りをりいぬふぐり 菊地恵子 酸漿 200205  
星空のひかり宿していぬふぐり 今村恵子 200205  
七重の塔礎塚なすいぬふぐり 小林碧郎 馬醉木 200206  
墓地へ行く道いぬふぐりいぬふぐり 柴田正子 築港 200206  
いぬふぐり鉢に咲かせて街に棲む 関根洋子 風土 200206  
いぬふぐり保存民家に中二階 遊橋惠美子 風土 200206  
いぬふぐり馬蹄に削り取られけり 萩谷幸子 雨月 200206  
小さくて空の色していぬふぐり 波田美智子 をりをりに 200208  
雲去来して人去来いぬふぐり 稲畑汀子 ホトトギス 200302  
いぬふぐり小さな嘘の二つ三つ 山田六甲 六花 200303  
喪草履にひしめきゐたるいぬふぐり 山尾玉藻 火星 200304  
吉報を急ぐ抜け道いぬふぐり 山田天 雨月 200305  
水分みくまりの橋を頭上にいぬふぐり 有働亨 馬醉木 200306  
いぬふぐり囁やきながら接写せり 加藤峰子 200306  
足弱の妻に蹤く夫いぬふぐり 村上一葉子 200306  
透明の傘打つ雨やいぬふぐり 菊地恵子 酸漿 200307  
いぬふぐり仕込みの井戸に竹の蓋 久保知音 対岸 200402  
禍の多き世の隅いぬふぐり 坂本京子 200405  
墓山の空の眠たしいぬふぐり 鈴木とおる 風土 200405  
天涯にあさきゆめみしいぬふぐり 外川玲子 風土 200405  
祈らむと膝折れば瑠璃いぬふぐり 荒井千佐代 200406  
誰もゐぬ車にベルやいぬふぐり 浜口高子 火星 200408  
草川の音軽やかやいぬふぐり 大山妙子 酸漿 200504  
幼子の走り危ふしいぬふぐり 森理和 あを 200504  
ゆきすぎて胸の微光はいぬふぐり 林翔 200505  
いぬふぐり流れる水の乱反射 古宇田敬子 対岸 200505  
父見上げぐるぐる回るいぬふぐり 森理和 あを 200505  
泣き虫の姉つ子のこといぬふぐり 岩淵彰 遠嶺 200506  
いぬふぐり遊行柳へ畦伝ひ 篠田たもつ 対岸 200506  
空の色ちりばめ咲けりいぬふぐり 上藤八重子 酸漿 200506  
いぬふぐりの一つ一つにるりしじみ 宮城島たか子 200506  
ギリシャより星降り立ちていぬふぐり あさなが捷 200508  
いぬふぐり地球の黙を解きにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200603  
いぬふぐり譚の種は濡れいろに 鈴鹿仁 京鹿子 200603  
たをやかな影は意をもついぬふぐり 鈴鹿仁 京鹿子 200603  
山晴れて風のみちびくいぬふぐり 豊田都峰 京鹿子 200603  
いぬふぐりまたまた歩幅乱しけり 豊田都峰 京鹿子 200603  
悠悠と一朶の雲やいぬふぐり 芝尚子 あを 200604  
青空を点して咲けりいぬふぐり 荻野照 遠嶺 200605  
いぬふぐり土に還りし窯の址 岡田貞峰 馬醉木 200606  
雨粒の耀ひてをりいぬふぐり 菊地恵子 酸漿 200606  
雨降つて所在失せたるいぬふぐり 稲畑汀子 ホトトギス 200702  
この道の季節の証いぬふぐり 稲畑汀子 ホトトギス 200702  
囁めきて影を落せばいぬふぐり 鈴鹿仁 京鹿子 200703  
遠嶺もまたみづいろにいぬふぐり 豊田都峰 京鹿子 200704  
ヨチヨチの子を目で追へばいぬふぐり 須賀敏子 あを 200704  
陽光の笑壺なりおおいぬふぐり 天野きく江 200705  
曇り日の地にあをぞらやいぬふぐり 林翔 200705  
おしやべりを星へ譲れりいぬふぐり 根岸善行 風土 200705  
南無大師遍照金剛いぬふぐり 定梶じょう あを 200705  
勘助の墓の際までいぬふぐり 東福寺碧水 万象 200706  
あさあさのさむさゆるびぬいぬふぐり 瀧春一 200706  
ふかぶかと春の露おくいぬふぐり 瀧春一 200706  
いぬふぐり跨ぎて一頁もどる 井上菜摘子 京鹿子 200801  
踏んでゐし大地の力いぬふぐり 稲畑汀子 ホトトギス 200802  
星の綺羅睡つてをりしいぬふぐり 稲畑汀子 ホトトギス 200802  
野の端の来てゐる証いぬふぐり 稲畑汀子 ホトトギス 200802  
開発の進んでをりぬいぬふぐり 稲畑汀子 ホトトギス 200802  
浦波の無数の光いぬふぐり 丹羽啓子 馬醉木 200805  
妖精のいろか地にはもいぬふぐり 松波とよ子 春燈 200805  
一息をつく坂道のいぬふぐり 廣瀬雅男 やぶれ傘 200805  
いぬふぐり土手に零れし金平糖 岩崎可代子 ぐろっけ 200805  
いぬふぐり日も耀へる児の笑顔 岸野美知子 酸漿 200805  
いぬふぐり良く咲く小道行きにけり 大内恵 酸漿 200807  
青空に友を見つけていぬふぐり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200902  
いぬふぐり羽音は通り過ぎてゆく 稲畑廣太郎 ホトトギス 200902  
いぬふぐり土には還りたくなくて 稲畑廣太郎 ホトトギス 200902  
いぬふぐり摘みたる色を失ひし 稲畑汀子 ホトトギス 200903  
青空と色を分かちていぬふぐり 小倉陶女 春燈 200903  
土管より出す手に触るるいぬふぐり ことり 六花 200903  
頬高き木喰仏やいぬふぐり 手島靖一 馬酔木 200905  
駅の名の変はりてをりしいぬふぐり 近藤倫子 ぐろっけ 200905  
跳び越ゆる青き銀河やいぬふぐり 冨松寛子 200906  
ひたに降る不可視光線いぬふぐり 丹間美智子 炎環 200906  
武蔵野は晴れれば風やいぬふぐり 丑久保勲 やぶれ傘 200906  
いぬふぐりとは一塊を探るもの 湯川雅 ホトトギス 200907  
いぬふぐり太陽雲を退けて 稲畑汀子 ホトトギス 201003  
光り飛ぶものへ打ち振るいぬふぐり 佐藤喜孝 あを 201004  
いぬふぐりはるか昔の陣屋跡 早崎泰江 あを 201004  
坂の道いぬふぐり咲き金平糖 芝宮須磨子 あを 201005  
白鯨のやうな雲うくいぬふぐり 岡和絵 火星 201006  
往診の自転車避けぬいぬふぐり 児玉寛幸 馬醉木 201012  
向き合ひて土に張りつくいぬふぐり 鴨下昭 201104  
鼠盗る猫伏す畦のいぬふぐり 池元道雄 馬醉木 201106  
まづ広く野に置く布石いぬふぐり 湯川雅 ホトトギス 201107  
いぬふぐり地の奥深く裂ける音 山口ひろよ 201107  
荒川を越えて風来るいぬふぐり 廣瀬雅男 やぶれ傘 201107  
日を隠す雲の行方やいぬふぐり 稻畑汀子 ホトトギス 201202  
晴れてのち曇りのち晴いぬふぐり 稻畑汀子 ホトトギス 201202  
半世紀生きて得し土地いぬふぐり 岡崎伸 遠眼鏡 201203  
山の湯の歩巾確かにいぬふぐり 池田光子 201204  
大空の碧を掴むやいぬふぐり 安田一郎 京鹿子 201205  
校門の日なた日かげをいぬふぐり 松原三枝子 万象 201205  
いぬふぐり星のかけらの如ひかる 上野節子 201205  
いぬふぐり母の好みし濃紫 芝宮須磨子 あを 201205  
先生がゆび指しいぬのふぐり咲く 定梶じょう あを 201205  
人閧ヘ歩けなくなるいぬふぐり 佐藤喜孝 あを 201205  
いぬふぐり風の記憶を手操りけり 中田とも子 201206  
オオイヌノフグリと言へり三歳児 西村敏子 201207  
いぬふぐり立ち止まり見て目を癒す 菊地崇之 かさね 201207  
空と湖違ふあをさにいぬふぐり 吉清和代 万象 201207  
密やかにされど華やきいぬふぐり 柴田靖子 201207  
日の射してここはいぬふぐりの径 稲畑汀子 ホトトギス 201302  
いぬふぐり我が学舎は丘の上 稲畑汀子 ホトトギス 201302  
大石に敷かれたる如しいぬふぐり 赤松有馬守破天龍正義 六花 201305  
ふたとせの合掌の数いぬふぐり 中島讃良 ろんど 201306  
土鋤けばゆるり寝そべるいぬふぐり 長崎桂子 あを 201306  
懐かしき幼稚園なりいぬふぐり 長崎桂子 あを 201306  
いぬふぐり空の瑠璃また海のるり 荒井千佐代 201306  
太陽の寵愛の大いぬふぐり 大畑善昭 201306  
十八年空き地の主やいぬふぐり 酒井湧水 ホトトギス 201307  
兵馬の碑踏まれて強しいぬふぐり 鴨下昭 201405  
イーゼルを立てしところにいぬふぐり 林いづみ 風土 201405  
いぬふぐりたをやかに空見据ゑける 竹内悦子 201405  
いぬふぐり三脚ぐいと差し込まる 志方章子 六花 201405  
いぬふぐり大地またたき初めにけり 高橋照子 雨月 201405  
いぬふぐり天ほがらかにあるばかり 大畑善昭 201405  
噴煙は天をおほへりいぬふぐり あさなが捷 201406  
いぬふぐりなりにふるへて風過ぐる 島谷征良 風土 201406  
イヌフグリ遠き未来が近くなり 笹村恵美子 201406  
わが影の伸びゆく先のいぬふぐり 松田泰子 末黒野 201408  
いぬふぐり空に旋律地に詩編 古川夏子 201408  
青空の増えてゆくときいぬふぐり 稲畑汀子 ホトトギス 201502  
いぬふぐり空より貰ふ詩心 稲畑廣太郎 ホトトギス 201502  
実直な人と退屈いぬふぐり 能村研三 201503  
嶺もとほくたひらな風のいぬふぐり 豊田都峰 京鹿子 201504  
いぬふぐり踏まれても青尽くしけり 宮沢治子 春燈 201505  
いぬふぐり踏みて小川に洗ふ鎌 山本無蓋 201505  
日のあたる土手匂ひけりいぬふぐり 廣瀬推男 やぶれ傘 201505  
キャンパスは牧場へつづくいぬふぐり 藤井啓子 ホトトギス 201506  
みなくちのまはりにいぬのふぐりかな 渡邉孝彦 やぶれ傘 201506  
山門の前に踏切いぬふぐり 國保八江 やぶれ傘 201506  
菌打ちの木つ端飛びちるいぬふぐり 千波悠 201506  
青でなく藍でなくいぬふぐり色 立村霜衣 ホトトギス 201507  
たんぽぽが主役脇役いぬふぐり 松田泰子 末黒野 201507  
小型機の低く飛ぶ日やいぬふぐり 落合由季女 雨月 201510  
釣り人の正午に帰るいぬふぐり きくちえみこ 港の鴉 201510  
いぬふぐり宇宙の果てを知りたくて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201602  
ほんたうはふまれたいのよいぬふぐり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201602  
いぬふぐり地球の色といふ誇り 稲畑廣太郎 ホトトギス 201602  
いぬふぐり地球に色を貰ひけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201602  
点が線線が面へといぬふぐり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201602  
いぬふぐり眺めてをれば目もあや 竹下陶子 ホトトギス 201602  
太陽に応へたるよりいぬふぐり 稲畑汀子 ホトトギス 201602  
いぬふぐりよりはじまりし野の径 稲畑汀子 ホトトギス 201602  
いぬふぐり大いぬふぐり一万歩 稲畑汀子 ホトトギス 201602  
老いの手に負へぬ勢ひいぬふぐり 植村蘇星 京鹿子 201705  
名は心然れどお茶目のいぬふぐり 植村蘇星 京鹿子 201705  
日輪にるりきらびやかいぬふぐり 大村仍子 雨月 201705  
犬連れに道譲らるるいぬふぐり 永島雅子 春燈 201705  
いぬふぐり空の青さを重ねをり 堺昌子 末黒野 201705  
造語盛り由来は梵語いぬふぐり 元橋孝之 京鹿子 201706  
いぬふぐり庭に根つけば草ならず 岩田洋子 201706  
いぬふぐりさびしきときは坐るなり 井上菜摘子 京鹿子 201804  
朝日子にねぼけ眼のいぬふぐり 南うみを 風土 201805  
もう誰も会ひに来ぬ日のいぬふぐり 小宮山遠 201805  
踏切で海と岐るるいぬふぐり 大沢美智子 201806  
山国の人は優しきいぬふぐり 吉田悦子 201812  
青空の青そのままにいぬふぐり 出口誠 六花 201905  
風はまだ地べた離れずいぬふぐり 南うみを 風土 201906  
誠実の証しとしてのいぬふぐり 波戸辺のばら 201906  
いぬふぐり目立たぬ丈に目立つ色 稲畑廣太郎 ホトトギス 202003  

 

 

2020年4月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。