犬ふぐり 1   100句

陽は一つだに数へあまさず犬ふぐり   中村草田男   時機

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
真先に笑ひかけしは犬ふぐり 小山徳夫 遠嶺 199805  
諸手にて掬ひて見たき犬ふぐり 小林伸江 遠嶺 199806  
花小さし小さし犬ふぐりにしても 清崎敏郎 199807  
犬ふぐり自転車二台寝かせけり 高橋涼月 遠嶺 199808  
下船してさ揺らぐ足や犬ふぐり 能村研三 199903  
犬ふぐり来世も人になるまじく 河合城太 銀化 199904  
畦道の列の乱れや犬ふぐり 細原順子 俳句通信 199904  
ナザレ園のみち花薺犬ふぐり 大橋敦子 雨月 199906 韓国行
足弱の吾に休めと犬ふぐり 村上ヨ子 ぐろっけ 199906  
犬ふぐり地球の臍はどのあたり 河内桜人 京鹿子 199907  
至聖林の参道つづる犬ふぐり 松崎鉄之介 199907  
もう誰も住まぬ生家や犬ふぐり 定藤素子 雨月 199907  
犬ふぐりまっさらという言葉好き 赤坂恒子 船団 199909  
瑠璃色を教へし吾子に犬ふぐり 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
構想をまとめ返す歩犬ふぐり 稲畑汀子 ホトトギス 200002  
日の当る処に座り犬ふぐり 大東二三枝 200004  
犬ふぐりちらほらと咲き春隣 野口年江 酸漿 200004  
野にありて賎しからざり犬ふぐり 山本喜朗 雨月 200005  
半兵衛の墓へ畦道犬ふぐり 岡田万壽美 俳句通信 200005  
犬ふぐりライン川への急斜面 福場朋子 200006  
少年の靴音を聞く犬ふぐり 町野昭人 遠嶺 200006  
犬ふぐり風の渦巻く取水堰 田中矢水 遠嶺 200006  
潮騒のごとく竹林犬ふぐり 田中麻千子 六花 200006  
犬ふぐり掘り起こされし根株かな 市川伊團次 六花 200006  
漉紙の音たて乾く犬ふぐり 中村風信子 馬醉木 200007  
売れ残る坪百万の犬ふぐり 塩路隆子 精鋭選集 200008  
遠い遠い遠い悲しみ犬ふぐり 中原幸子 遠くの山 200010  
犬ふぐりペットボトルをかっとばせ 山本純子 船団 200011  
犬ふぐり古墳に出入り穴一つ 朝妻力 俳句通信 200103  
網干しの雫いつとき犬ふぐり 磯田富久子 200104  
犬ふぐり牛を繋ぎし綱ゆるむ 皆川盤水 春耕 200104  
犬ふぐり灸済ませしと渡し守 皆川盤水 春耕 200104  
覗きこむ背に風くる犬ふぐり 後藤志づ あを 200104  
紺碧の空のすそわけ犬ふぐり 隅田享子 200105  
それなりに懸命に咲き犬ふぐり 大橋敦子 雨月 200105  
空よりも濃くてあふみの犬ふぐり 今井妙子 雨月 200105  
子等の声宙に響けり犬ふぐり 梅田秀子 酸漿 200106  
優しさのかたちいろいろ犬ふぐり 上原若子 200107  
夜となりて星に還へりぬ犬ふぐり 鈴木順子 京鹿子 200107  
ひらめきの雫の欲しき犬ふぐり 芳賀雅子 航跡 200108  
しりもちの児が抓みいる犬ふぐり 岡野峯代 ぐろっけ 200108  
星屑の野に広がりて犬ふぐり 川端和子 星月夜 200112  
眼を閉ぢて数ふやしけり犬ふぐり 鷹羽狩行 200203  
犬ふぐり踏みゆく畦も宮址なる 久保田雪枝 雨月 200204  
畑溝にきらめく水や犬ふぐり 高野清風 雲の峰 200204  
柵に寄る黒目仔牛や犬ふぐり 小倉行子 風土 200204  
犬ふぐり青もて心励まさる 斉藤静枝 あを 200204  
犬ふぐりさへ見逃さぬ小さき風 岩瀬操舟 円虹 200205  
気づくときもう犬ふぐり野を占むる 綿谷美那 雨月 200205  
比叡の水引く離宮田の犬ふぐり 久保田雪枝 雨月 200205  
畦道の大きく曲り犬ふぐり 近藤きくえ 200205  
野遊びやほたる茶碗と犬ふぐり 瀬川公馨 200205  
犬ふぐりの隔りに荼毘始まりぬ 戸栗末廣 火星 200205  
鵠鵠の来て見回せり犬ふぐり 山田孝枝 酸漿 200205  
なまけゐし庭畑埋めて犬ふぐり 小泉当子 酸漿 200205  
犬ふぐり馬入れ道を散歩する 八木葉子 酸漿 200205  
個に徹しきれざるものに犬ふぐり 土井田晩聖 銀化 200205  
夜半の雨残る渡舟場犬ふぐり 伊佐春子 春耕 200205  
犬ふぐり踏まず墓へと遠回り 岩永節子 春耕 200205  
先生の仇名の由来犬ふぐり 栗田重二 ぐろっけ 200205  
青天へ喜びつきぬ犬ふぐり 遠藤匡子 遠嶺 200206  
太陽の磨き上げたる犬ふぐり 加藤あけみ 円虹 200206  
片々の情風あふつ犬ふぐり 大橋敦子 雨月 200206  
火渡りの僧が練り来る犬ふぐり 山田春生 春耕 200206  
犬ふぐり貧しき空を育てけり 谷村比呂未 銀化 200206  
野の果の風の見え来る犬ふぐり 宮尾直美 200206  
鷹去るや泪の如き犬ふぐり 渡邉友七 あを 200206  
犬ふぐり妻の座いふもこのあたり 坂本敏子 京鹿子 200207  
うかうかと踏んでしまひし犬ふぐり 坊城中子 ホトトギス 200207  
果樹園の樹下がらんどう犬ふぐり 峰岸よし子 200207  
犬ふぐり踏まれて強し裏鬼門 佐々木悦子 帆船 200301  
犬ふぐりしばし葬りのあと歩く 加藤暢一 200302  
空畑に鶫ついばむ犬ふぐり 長澤健子 酸漿 200304  
子の眠る墓地に煌めく犬ふぐり 大関とし子 築港 200304  
はびこりて踏まねばゆけぬ犬ふぐり 中村芳子 円虹 200305  
探し物なくてちらつく犬ふぐり 勝亦年男 200305  
子の眠る墓地の日溜犬ふぐり 大関とし子 築港 200305  
犬ふぐりにダンプカー来て土降ろす 高垣和恵 雨月 200305  
犬ふぐり群をはなれてそつとあり 芝宮須磨子 あを 200305  
犬ふぐり坐せば刻問ふ人が来る 松本鷹根 京鹿子 200305  
「星の雫」と改名したき犬ふぐり 岡田章子 ぐろっけ 200305  
次の足どこへおろさう犬ふぐり 櫨木優子 200306  
退院の道は黒土犬ふぐり 宮入河童 200306  
犬ふぐり踏まず虚空を飛びゆけり 十川たかし 200306  
犬ふぐりお星さまよと手渡され 小林輝子 風土 200306  
犬ふぐり空追ひかけてゐるやうに 木村みかん 200306  
踏まれても衰ふるなき犬ふぐり 小林れい 酸漿 200306  
腹這ひて撮るに微笑む犬ふぐり 荒木民子 200306  
気がつけば腰撫でてをり犬ふぐり 大久保廣子 火星 200306  
墓地までの道のり遠し犬ふぐり 海老原信男 築港 200306  
枕木の井桁に組まれ犬ふぐり 宮田悦子 200307  
犬ふぐり牛の寝そべるあたりにも 武田正子 ぐろっけ 200307  
犬ふぐり風にふくらむ峡の空 藤原たかを 馬醉木 200309  
青インク使ひはたして犬ふぐり 奥田筆子 京鹿子 200401  
無言劇をはる野面や犬ふぐり 山元志津香 西の峰 200401  
横綱はモンゴル育ち犬ふぐり 西村梼子 ぐろっけ 200404  
タイタンにメタンの川や犬ふぐり 冨永道子 百鳥 200404  
サファイアの煌めき昼の犬ふぐり 岩月優美子 200405  
神木の囲ひの中に犬ふぐり 永岡セツ 酸漿 200405  
疲れ目の掴みどころの犬ふぐり 河西みつる 草の花 200405

犬ふぐり

→2

 

 

2020年4月5日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。